マスメディアがトバシ記事を書くのは当たり前、いつものこと
小沢氏、党代表辞任を表明 「中傷報道に強い憤り」(1/2ページ)
産経ニュース 2007.11.4 17:01


民主党の小沢一郎代表は4日、東京・永田町の党本部で記者会見し、代表を辞任する意向を表明、辞表を鳩山由紀夫幹事長に提出したことを明らかにした。辞任の理由について小沢氏は、2日に福田康夫首相が提案した連立政権に向けた自民党との協議について、民主党役員会で反対されたことを挙げ、「政治的混乱が生じた。私が選任した党役員から不信任を受けたに等しく、けじめをつける」と述べた。(動画はこちらへ

民主党執行部は5日に緊急役員会を開き、対応を協議する。鳩山氏は4日夜、記者団に「慰留に努める」と述べたが、同党の動揺拡大は避けられない情勢だ。

小沢氏は会見で、代表個人として、福田首相からの連立政権協議の提案を受け入れる意向だったことを明らかにし、その理由について、安全保障政策で「福田首相が極めて重大な政策転換を決断した」と述べた。

具体的には、首相が(1)自衛隊の海外派遣は国連決議を受けて発足した組織への参加に限る(2)大連立が実現するなら新テロ対策特別措置法案の成立にこだわらない-ことを確約した、と説明した。


小沢氏、党代表辞任を表明 「中傷報道に強い憤り」 (2/2ページ)
産経ニュース 2007.11.4 17:01


小沢氏は、「(福田首相の判断が)無原則な安保政策を根本から転換し国際平和協力の原則を確立するだけに、政策協議を開始するに値すると判断した」と強調。「民主党は力量不足で、衆院選の勝利は大変厳しい。政権の一翼を担い政権運営の実績を示すことが、民主党政権実現の近道だと判断した」とも述べた。

小沢氏はまた、「わたしの方から連立をもちかけたとか、全くの事実無根だ」とマスメディアの報道を強く批判。今後については、「離党するとはいっていない。一議員となっても次の総選挙に全力投球する決意は変わらない」と述べた。



いやー、辞意表明はビッグニュースでしたがどうコメントしてよいかわからず…。
個人的にはとっととやめろ!と前々から思っていたのですが、大連立構想とかわけわからん。
結局エージェント福田が狐と狸の化かし合いで見事勝利を手におさめたってこと?

それよりも「中傷」ねぇ…(苦笑)。
いやー、こういうところ与党自民党の議員さんはエラいよな、こんなこと言わないもん。
マスゴミからどんな理不尽な攻撃に遭おうがトバシ記事で滅茶苦茶書かれようが何も言わん。
安倍ちゃんなんか病気で辞任したのに追い討ちをかけるかのような陰湿なイジメに遭うとるのに。
総理在任中、安倍ちゃんは無責任なマスゴミと戦う姿勢も見せていたんだよな、偉い。
とりあえず朝日と日経は民主党の盟友なんだな。
普段マスメディアにさんざんヨイショされているんだからトバシくらいでガタガタ言うなっつーの。
サヨ電波系マスメディアには大恩があるんだからこれしきでマスゴミ批判なんかするなよ。
「肝っ玉ちいせーのね」と思った。


人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-11-05 22:51 | 今日のニュース・雑考
<< 現代社会の無関心ではなく社会心... 甘えるのも大概にしろ、沖縄県 >>