嫌なことは人に押し付けて自分はやりたくないってか?
「イラクに行きたくない」 強制異動に米外交官反乱
U.S.Flontline 更新2007年11月03日 09:17米国東部時間


危険なイラクには行きたくない―。イラク勤務志願者が不足しているため、米国務省が今後は強制的な異動もあり得ると人事方針を転換したことに、職員が猛反発を始めた。イラク安定化に全力を挙げるブッシュ政権と、実際に現場で働く外交官の意識との間に横たわる溝が浮き彫りになった形だ。

▽死刑宣告

「事実上の死刑宣告だ」。10月31日、国務省内で開かれた職員集会では、人事を担当する幹部が激しい批判を浴び、つるし上げられた。「われわれが死んだら、誰が子どもを育てるのか」(共同)



お前らホンっトに自分勝手だなー、呆れた。
お前ら米国が民主化の難しいイラクに足を突っ込んだんだろうが。
(民主化よりも独裁体制のほうが向いている国家がある、一概に民主化万能とは言えない)
兵隊さんはそのイラクで命の危険に晒されながら働いているというのに…。
「死刑宣告」と言うなら死刑宣告と承知でイラクに兵隊さんを送りこんでいるんだよな?
兵隊さんだって亡くなったら残された家族はどうするんだ、女手だけで子育てするんだろうが。
上がこれでは現地の兵隊さんは浮かばれまい。


人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-11-04 22:26 | 今日のニュース・雑考
<< 甘えるのも大概にしろ、沖縄県 真偽のはっきりしないことを教科... >>