ネトオクで大物GET/今日は参院選でしたね
この土日はネットオークションで大捕物をしていたので更新どころではありませんでした。
戦利品についてはまた後ほど。まだ手元に届いていないし。
でも大物2点、それぞれの出品者の方々から連絡を頂いて、返信を差し上げたところ、「本当に欲しい方に落札して頂けて嬉しいです」とお二方ともとても感じのよいお返事をくださったので、不着や代金着服などのトラブルはないと信じます。
ただ一言叫ばせて。
GETTA GRIP、ゲットぉ―――!!(これが嬉しくて叫びたくて更新したようなもの)

ネットオークションは経験を重ねるたびに学ぶことが多いです。
欲しけりゃのんびり様子見ていないでとりあえず入札しちまえ!とか。
もちろん入札=購入なので無計画に入札は出来ませんが、誰かが入札した後だと終了間際にその人と競ることになって、その分落札した時の購入金額もつり上がってしまいますからね。
誰も入札していないうちに入札してしまえば競争の可能性は低くなる。
これ今回初めて学びました。
まだ初心者だから知らない事が多いのです。
まぁ高級ブランド品やレア物だったら話は違うのでしょうけれど…。

しかし店頭で欲しかったけれど買えなかったものなどが都合よく見つかったりはしませんね。
私が持っているバッグが購入価格からするとすごい安値で出品されていて、中古とはいえその値段、あなた良心的な人だね…と感心したりも。


今日は参院選。皆様投票には行きましたか?
私は「今の若者は政治や社会にちっとも関心が無いから選挙にも興味が無い」と苦言を吐くような大人があまり好きではありませんが、選挙には行くべきだと思います。
なぜなら国民の一人一人が持っている主権を手放してはいけないと思うからです。
少なくとも選挙権を行使すれば、「景気が底を打ったと言っても経営だって求人だって依然厳しいままじゃないか。政治家は何をやっているんだ。誰でもいいから景気回復してくれないか」と酒の席でクダを巻くことに罪悪感を覚えることはあまりなくなります。
選挙権を放棄した人にはそんな事を言う権利はないんですよ。
投票さえすれば市民としてデカイ口を叩けるのだと勘違いしている方々は、それ以上に私にとって「嫌な人達」ですが、日本国民として主権を行使する義務は果たしましょう。
権利と義務が、自由と責任がセットである事を忘れてはいけません。
権利と自由ばかり声高に主張する人達の中には、義務と責任を忘れている人もいます。

それとね、私は国家が傾くのは国民の責任だと思います。究極的には。
権力者のせいにしたがる人が多いですが、その国の命運を握るのは国民であり、国民(その国や土地に住む人々)自身の手によって斜陽を止められなかった国家が滅ぶのは自然の摂理であると思います。
近隣諸国や大国・国連などの国際機関・民間ボランティアの人々などが国の復興を支援するにしても、その国の問題は、当事者であるその国の民の手で何とかするべきなのです。
国家=国民ですから。国家=権力という赤っぽい馬鹿な図式は捨てたほうがいいです。
私は決して他国に対して支援をするなと言っているわけではありません。
ただ、国家を支えるだけの力をなくした国が滅ぶのはある程度仕方のないこと、そこはわきまえておいたほうがいいのではないでしょうか。
他国の支援に依存しなければ立ち行かない国家の命運を、そんな不自然な形のままで、支援している他所の国が責任を持って存続させなければいけないとは思いません。

「今の若者は政治や社会に関心が無い」とある一定の世代の方々が言うとね、「ゲバ棒振り回して機動隊と乱闘したり、学校を占拠して立てこもったりする事が政治に関心があるって事なんですか?」とイジワルな質問をしたくなります。
「結局日和ったんじゃないですか」とか。
日和らなかった人達は集団リンチをしたりハイジャックして拉致国家に逃げ込んだりとろくな事をしなかったので、別に(結果として)日和った事が悪いと私は思いませんが、これは団塊の世代の人達に対しての禁句であるらしいです。

しかしレンホウが当選するようでは「結局参院なんてあってもなくてもどうでもいいものなんじゃん」と思えてしまう。
イエスはどうしたのだろうね?

掲示板へのレスは明日以降入れます。
書き込みありがとうございます。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-07-11 23:45 | 今日のニュース・雑考
<< 夏のバーゲン・その参 夏バテ防止対策 >>