AAラインの次はANAラインを期待
フロッ研で見つけた記事ですが、台湾前総統李登輝氏の来日について日中神経衰弱。
結果は見事「日本の勝ちー」で、安倍・麻生コンビは心強かったと思うわけです。
外交なんて庶民には関係ないと思うかもしれないけれどね、外交って大事なんですよ。
日本という牙城の内側のまつりごとに、牙城の外の外交が大きく影響を及ぼすわけです。
だからインドを新たな基点としてアジアをぐるっと巡り欧州に至る新たな外交の形が必要で、
それをわかりやすく国民に告知するために書かれた本が「自由と繁栄の弧」なのです。


李登輝氏訪日めぐり日中神経戦(1/2)
産経ニュース 2007.10.27 21:34


今年6月にドイツで開催された主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)での安倍晋三首相(当時)と中国の胡錦濤国家主席との首脳会談をめぐり、中国側がその直前の台湾の李登輝前総統の訪日を理由に会談を拒否していたことが27日、複数の関係者の証言で分かった。しかし、日本側が譲らず、中国側が全面的に折れるかたちで決着、会談は行われた。こうした安倍政権の“遺産”をどう継承できるかが、今後の対中外交の焦点になりそうだ。

関係者によると、サミット開催に合わせた日中首脳会談は、日中間の戦略的互恵関係の促進や北朝鮮問題などを話し合うため、早い段階で日本側が呼びかけ、中国も応じる構えだった。

ところが、中国側は、5月末になって会談中止を通告してきた。理由は、5月30日の李氏来日だ。中国政府は、28日の日中外相会談で楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が麻生太郎外相(当時)に李氏訪日への懸念を表明していた。それにもかかわらず、日本側が李氏の入国に何の制限も加えなかったことを問題視したのだ。

これに対し、日本政府は、「サミット正式参加国は日本だ。招待国の中国と無理して会談することはない」(当時の官邸筋)と会談の提案そのものを引っ込めた。

これにあわてたのが中国だった。すぐに「李氏は日本で講演を予定している。これを(マスコミなどに)完全クローズにするなら安倍氏と会談してもいい」とハードルを下げてきた。

それでも日本側が「会談開催に李氏訪日の件を絡めるならば、会う必要はない」という安倍氏の考えを伝えたところ、中国側は6月3日になって「条件はつけない。ぜひ会談を行いたい」と全面的に譲歩。8日の首脳会談が実現した。



あああ、なんてケンカ上手な2人…!。・゚・(つД`)・゚・。

外交は、優雅にお茶を飲みながら、いかに自国の主張を押し通すかという喧嘩なのですね。
優雅にお茶を飲みながら、慌てふためく中国にどんどんハードルを下げさせた2人立派!
相手の顔色を伺いご機嫌を損ねないようにおもねる媚び諂い外交ではこうは行きませんね。

今は雌伏の時の太郎ちゃまですが、中川(酒)との信頼も深まっているようです。
安倍ちゃんは今ちょっと疲れちゃっているんだよね…頑張っても頑張っても批判の矢を浴び…
改正教育基本法を通したり防衛庁を省に昇格させたり確実に頑張ってきたのに年金問題。
参院選では郵政解散総選挙のように「社保庁解体します!」で行けばいかったのかもしんない。
そういう脇の甘さが、安倍ちゃんはやはり総理には時期尚早だったと言わざるを得ない。

いつか、麻生・中川(酒)・安倍でANAラインとして復活して頂きたいですね!


さてお次は俗に頭狂新聞ともトンキン新聞とも言われる東京新聞の記事から。
アサヒった時は本家アサヒより素晴らしい電波記事を書く東京新聞ですがこの記事はまとも。


【スコープ】 総裁選善戦で引っ張りだこ 麻生氏『次』へ講演行脚
東京新聞 2007年10月28日 紙面から


自民党の麻生太郎前幹事長(67)に講演の依頼が多数寄せられている。九月の党総裁選で予想以上に善戦し、知名度が一気に高まったためだ。福田康夫首相の次の総裁を狙う麻生氏は講演で全国各地に足を運び、支持基盤の拡大に努めている。 (新開浩)

麻生氏は二十八日に山口市で党県連主催の講演会を行う。その後、年内だけで四十回以上の講演を予定している。依頼先は党地方支部が多いが、早稲田大や明治大などでも講演する。周辺は「依頼が殺到している」と、うれしい悲鳴を上げる。

閣僚でも党幹部でもない「無役」の麻生氏が、引っ張りだこの理由は二つある。

総裁選の街頭演説で麻生氏はくだけた話術で聴衆をわかせ、その様子はマスコミで大きく取り上げられた。ただ、総裁選の選管は国会開会中を理由に平日の遊説を禁止したため、街頭演説は東京、大阪など四都府県で行われただけだった。

このため総裁選後、「本物の麻生氏を見て直接話を聞いてみたい」との依頼が舞い込んだ。

二つ目の理由は次期衆院選への危機感だ。自民党の地方支部は参院選の惨敗で次期衆院選に不安を抱いている。「麻生人気」で多くの人を集め、自民党の支持者を固めるとともに新たな支持を掘り起こす狙いがあるのだ。

麻生氏はこうした依頼に積極的に応じている。講演が次期総裁選にプラスに作用すると判断しているためだ。

麻生氏の周辺は、「各地での講演が次の総裁選で都道府県連票を掘り起こす原動力になる」と、遊説効果に期待を寄せる。

麻生氏は無派閥議員の講演依頼にも積極的に応じている。麻生派はわずか十六人。どの派閥にも属さない議員の支持を得なければ、総裁選の勝利はおぼつかない。あわよくば、無派閥議員と関係を深めて麻生派に勧誘する思惑もある。

麻生氏は「これから四年間は挑戦権がある」と述べている。福田首相が麻生氏より四歳年上の七十一歳であることを踏まえ、次期総裁の座への意欲をアピールする発言だ。

次の機会が来るまで、麻生氏は全国行脚で地道に力を蓄える日々が続くことになる。



年内だけで40以上の講演の予定ってすごくありません?今10月末ですよ?
タロサが講演に引っ張りだこなのは、タロサの話が面白くて政策もちゃんと話すからだよー!
…というのは聴いた人だけが知っている話として、どんどん講演でファンを増やしちゃえ~☆
私も近場で講演があって、参加費が捻出できれば何度でも足を運びたいです!
お傍に寄れなくてもいいの…タロサの講演を拝聴するだけでどんどんタロサが好きになりそう!
麻生氏のお話は拝聴に値するだけの価値がありますので皆さんも機会があれば是非(^^)
政治家の話なんて何言っているのかわかんなくて眠いだけ…という人はタロサの話を聞け!
でもタロサのダンディさに腰が砕ける奥さま方続出!…なんじゃないかと思うの❤

関係ないけれど昭一さんの字はすごいな。
毛筆麻生塾の塾生候補第二号(一号はタイゾー)。
a0027061_2219751.jpg
a0027061_22192824.jpg
いい笑顔…はうぅ~ん…(´Д`*)


【アサヒ━━る】長袖Tシャツ:青

タロサの魅力で女性層ゲェーットォ!

人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-10-28 21:55 | ローゼン閣下
<< 質問です 精神科の敷居はいまだ高いのか…... >>