精神科の敷居はいまだ高いのか…スクールカウンセラー閑古鳥
最近メンヘラ叩きで精神科へ通う人が増えたことを喜ばしく思わない人もいるようですが…
構ってチャンのメンヘラはともかく精神科の敷居が低くなることはいいことだと思うよ。
私の友達もうつ病になって仕事辞めてしばらく通院していたけれど、今は元気になっている。
本人が自分のあるがまま(病気である自分)を否定せず、呑気にやっていたのがいいのかな。
構ってチャンのメンヘラはいわゆるボーダー(境界例)というらしいがこれも立派な病気らしい。
周りの人は大変だろうがリアルな友達なら耐えていけるところまで耐えてあげて欲しい。
ネットの知人なら、手が焼いて困るようなら早々に手を切っちゃいましょう(自傷じゃないぞ)。


刺殺された児童の小学校から相談はゼロ
nikkansports.com [2007年10月23日22時2分]


兵庫県加古川市で刺殺された小学2年鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(7)が通っていた市立別府小と隣の別府西小で、事件後に心の不調を訴えている児童が多数いるにもかかわらず、市教育委員会などが両校に派遣した学校心理士とスクールカウンセラーに対し、児童からの相談が1件もないことが23日分かった。

保護者からの相談もわずか2件だけで、ある母親(38)は「行きたい気持ちはあるが、ほかの親に知られないか心配。家に来てくれれば助かる」と説明。プライバシーに配慮した相談しやすい環境を早急に整備する必要がある。

市教委によると、23日までに両校の児童計54人が「1人でいるのを怖がる」「ささいなことで泣く」など心身の不調を訴えた。しかし児童からの相談はゼロだった。

市教委総務課は「保護者に対しては、小学校からカウンセラーら専門職の派遣を書面で伝えている。だが先生が『相談してね』と児童に言葉を掛けること自体が圧力になることもある。今は様子を見守ることが大切」と説明している。



何か児童が巻き込まれたり学校を舞台として凄惨な事件が起きると「心のケアを」と言う。
それは間違いじゃないと思うんだけれど、スクールカウンセラーなんて行く人いるのかなぁ?
…と思っていたら閑古鳥でした、やっぱ学校設置じゃ個人情報ダダモレとか怖いしねぇ。
「うちに来てくれれば」というくらい切羽詰って子供の様子がおかしいなら病院に行けよって話。
私は幼少時~学生時代にかけて何か心に深い傷を負ってしまったことはないのだけれど、
学校で殺人事件が起きたり学友が凄惨な殺され方をしたり…で心に傷を負う子もいるだろう。
そういう子はスクールカウンセラーなんて急場ごしらえの相談所に行くより病院に行ったら?

いまだに精神病は甘え病だとか欠陥人間だとかそういう偏見が世間にはあるのだろうか。
私が「酷い」と思った偏見は、以前同僚が「精神病の人って牢屋みたいな部屋に鎖に繋がれて
『うおー』とか『あおー』って叫んでいるようなイメージがあるんだけど…」と言っていた時。
なんだその江戸川乱歩や横溝正史の世界は…前時代的にもほどがある認識だぞ、ソレは。
いまだに精神病の患者は反社会的で頭がおかしい危険な人物だと思われているのかなぁ…。
心が苦しい時、もっと気楽に精神科に足を運べるように、世間の認識が改まればいいね。

あ、でも私、殺人事件が起きるとすぐに心の病気を持ち出す被告の弁護団は大っ嫌いです。

誰でも気軽に精神科の敷居をまたげるように。

人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-10-28 20:38 | 今日のニュース・雑考
<< AAラインの次はANAラインを期待 尖閣諸島は日本の領土だっつーに... >>