【スキャンダル】民主党・姫井議員の「男」
先日の参院選で大躍進したものの、当選議員のスキャンダルが相次ぐ民主党です。

横峯さくらさんの父親、横峯良郎氏の賭けゴルフ、愛人暴行など、どーしょーもないのに、
逆切れして「握ったのは5千円だから1万円と書いた週刊誌を訴える!」ってアホですかね。
賭けゴルフしていたことを公然と認めちゃうなんて、本人だけが自爆に気付いていないのか。
しかも「国会議員になってからはやっていない」なんて、国会議員になって1カ月だろ。
「公人になった途端いろいろ言われるなんて」とか「みんなやっている」とか面白い自爆おやじだ。
公人になったから粗探しもされるし「みんなこのくらいやっている」じゃ済まないんだろうが。
「叩けばホコリが出る奴」というのはこういうオヤジのような奴のことを言うんだな、と思った。
カネ疑惑やオンナ疑惑が囁かれる政治家はたくさんいるが、ちょっと叩いたくらいでこのホコリ。
脇がチョコレートより甘いと言うか、民主党も人選の際に私生活くらい調べておけよ、と。
さくらはテレビカメラの前でも親父を敬っている様子はまるでなかったと聞くが、可哀想な子だ。
親父が外に愛人作って、プロゴルファーの娘で名前を売りながら賭けゴルフなんかして…。

横峯良郎氏はただのアホとして、姫井議員は同じスキャンダルでもちょっと違う感想。


姫井氏に不倫疑惑!交際していた教師が告白「かなりのM」
SANSPO.COM 2007年08月30日 更新


民主党の参院議員、横峯良郎氏(47)の不倫&賭けゴルフ疑惑を報じ、同氏から5500万円の損害賠償訴訟を起こされた週刊新潮が、30日発売号で疑惑の“第2弾”を報じる。また同党の新人議員、姫井由美子氏(48)=写真=の“不倫スキャンダル”が同日発売の週刊文春で報じられることも分かった。


参院選の岡山選挙区で自民党の片山虎之助前参院幹事長(72)を破って初当選し、「姫の虎退治」として話題を呼んだ民主党の姫井氏に、不倫疑惑が浮上した。30日発売の「週刊文春」9月6日号が報じている。

「虎退治 姫井ゆみ子との愛欲6年」と題する記事で、交際していた岡山市在住の元高校教諭(42)が実名で告白。平成12年9月、ある会合で知り合った2人は、ダイビングなど共通の話題で意気投合。初めて2人きりで飲んだ13年12月、岡山市内のラブホテルで一夜を過ごしたという。

参院選で学校、家庭、地域が一体となった教育の重要性などをアピールしていた姫井氏には夫がおり、一男一女の母。教諭はバツイチの独身だった。2人は頻繁に同市内のラブホテルなどで密会し、教諭によると、「彼女はかなりのMで『ぶって、ぶって』とよくせがまれ」、「妻になってあげる」ともいわれたという。

2人は、姫井氏らが昨年5月にオープンした喫茶店の経営を巡る問題で同10月に破局。今年4月、教諭らは未払い分給料など約1500万円の支払いを求める調停を裁判所に申し立てた。

姫井氏は29日、都内で民主党の女性議員研修などに出席。同氏の事務所は「事実確認ができないので、何も言えない」と言葉少なだった。



姫井議員のご主人やお子さんの立場になれば、妻・母親が不倫なんてショックだろう。
私も不倫で責められること自体は全然擁護しないが、この不倫相手の元高校教諭ってのが…。
文春側が金を積んだのだろうが、不倫とは言え男女の関係にあった女の醜聞を売るってのが。
一般的には「特殊」とされる性癖まで暴露しちゃって、意趣返しの機会を待っていたかのようだ。
どーしょーもない男だと思うし、そういう男と不倫していた姫井氏もどんなもんかと思うが、
プライベートで特別な仲にあった女性の情事や性癖を週刊誌に売るような男ってどーなのよ。
繰り返すがご主人やお子さんがいながら不倫していたこと自体は責められても仕方ないと思う。
私もそれ自体は庇わないし、主婦をアピールして議員になって不倫では批判されても仕方ない。
ただ、姫井氏のこのスキャンダルは相手の元教諭のほうがどーなのよって気分が大きい。

不倫は褒められた話ではないことは確かだが、この男が黙っていれば…。
姫井氏に男を見る目がなかったのだろうが、ご家族は知らずに済んだかもしれないのに。
なんか「ミンス、ブーメランww」と笑えるスキャンダルじゃないなぁ、姫井氏のスキャンダルは。
横峯おやじが自爆を続けて笑わせてくれることに期待しよう(さくらは気の毒だが)。

不倫のルールは「秘密厳守」じゃないのかなぁ…

人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-09-01 21:58 | 今日のニュース・雑考
<< 石田(石田日記の石田に非ず、声... マッチー、それは何かが違う >>