フェミや人権団体は女性や弱者の味方ではないという件
「バイブ使って、一体だれが気持ち良いの?」と裁判長 ペッパーランチ初公判 …大阪地裁

ここまで仔細に被害者が受けた凌辱の有様を記事にする必要があるのか否か…。
公判がセカンドレイプなら、この記者はサードレイパー、私は一体何番目のレイパーか。


弁護人 「三宅被告は小学4年ごろから不登校になり、中学も行かず引きこもっていた。お父さんの名前も漢字で書けない。2人のお兄さんは夜逃げして行方不明。被告は働いて1人暮らしをしていたが、本も読んだことがない。そうですね」

三宅被告 「はい」

裁判長 「弁護士さん、何を尋ねられたいんですか?」



情状酌量を求める定番の質問だが、弁護士もやりたくなかったんじゃないかな、こんなの。
米欄で「弁護士無能」と書かれているが、無能かもしれんがそれ以上にやる気のなさを感じた。
こんな弁護の余地がない被告人の弁護を嬉々としてやりたがるのは安田弁護士くらいだろ。
人間としての良識と理性があれば、こんな被告の弁護をしていて気分がいいわけがないとオモ。
引き篭もりでも漢字が書けなくても兄が出奔していても犯した罪が軽くなるわけじゃない。
引き篭もりで漢字が書けなくて兄が行方不明でも、現在月給47万も貰っているなら十分すぎる。
47万の月給を父の介護費に充てているとかならともかく犯罪道具の購入に費やしているしな。
計画的かつ悪質、常習の可能性が十分に考えられる、そんなのに「事情」は関係ないでしょ。

まぁ、弁護士の仕事はソレなわけだしこの裁判官はまともだし、
それが不幸のどん底に突き落とされた女性の唯一の幸いである。


しかし…強姦は女性の人権を著しく侵害している犯罪なわけだがフェミはなんも言わんの?
また被害者は、身体もさることながら心に深い傷を負い、自殺まで考える類の深刻な犯罪だ。
行きずりの男たちに無理やり凌辱され深く傷ついた女性に対して救済の手を差し伸べないのか。
この女性の自己決定権は暴力的手段によって著しく侵害され、心神耗弱状態であろう。
出廷できるだけ気丈なのだろうが、衝立の陰でどれだけ激しい苦痛を味わい、耐えているのか。

もし私がこの女性と同じ目に遭ったら間違いなく吊ることを考えるね。
公判まで行かずに速効吊るね。

いつも思うんだがフェミや人権団体はただの利権団体で、女性や弱者の味方じゃないよな。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-08-04 00:08 | 今日のニュース・雑考
<< 夏季休業/ネクスト法務大臣平岡... Taro's Boot... >>