参院選で問われる問題とは?
せっかくビリー・ザ・ブート・キャンプのDVDを頂いたというのに首が痛くて…。
寝違えたのか、不自然な姿勢でいたせいなのか、アンメルツでもなかなか治らない。
アンメルツ塗り始めてもう4日…お風呂(半身浴)に浸かっている間は痛みが和らぐのですが。
右側の首筋から右肩にかけて痛みが降りてくるんですが、霊でもいるのかな?

参院選、ちょうど区役所の近くを通りすがった時に期日前投票してきちゃいました。
わざわざ徒歩15分の小学校まで日曜日に足を運ぶ必要もないですし、面倒な手続きもなし。
すごく便利なシステムができたなーと感心して、少し国と選管を見直しちゃいましたね。
年金にしてもすごく面倒くさいんですよ、ややこしいというか、「スッパリ言えや!」みたいな。
選挙も年金ほどではないにせよ、そういうお役所仕事的な面倒くささがあったのですが、
わざわざ指定された日時と場所で投票しなければいけない必要がなくなって、とても便利です。
投票したい人さえ決まっていれば、期日前投票はお薦めですよ、混雑の煩わしさもないし。
誰に投票したかは内緒だが血ダルマくんがマスコットの政党ではないことは確かだ。

参院選の争点が年金問題や憲法改正や教育基本法って何か違う気がする…。
参院と衆院は違うから…なんていうか、参院は実権はないけれどこうあって欲しい顔というか。
だからどういう日本にしたいのか?という有権者の意思表示が参院選の結果じゃないの?
日本とはどういう国ですか?と聞かれた時にちゃんと答えられる日本人がどれくらいいるかな。
もちろん正解はないのだけれど、「四季と自然に恵まれた美しい国です」だけじゃ淋しい。
私だったら「勤勉で実直な人々がたくさん働いている、自然や文化に恵まれた国です」かな。
安倍ちゃん自身は最近の理不尽なバッシングに対する打たれ強さと粘り腰で見直したんですが
安倍ちゃんの言う「美しい国」では曖昧模糊としている上に、絵にかいた餅というか、
餅に「美しい国」という文字だけが書いてあるような、要するに日本の姿が見えないんだよね。
そこへ行くと「底力」はよかったと思うんですよ、日本人の底力の凄さは歴史が証明しているし。
ずっと有色人種を白色人種が隷属させ搾取するという歴史が連綿と続いていた中で、
初めて欧米列強国のロシアに有色人種の日本人が戦争で勝利しちゃって白人共は驚いた。
そしてその日本が、欧米諸国が支配していたアジアに東亜の解放・共栄を謳って進出してきた。
そりゃアジアを支配していた欧米列強諸国は警戒するし日本の邪魔をしようとするわな。
そこでABCD包囲網を敷いたりハルノートを突きつけたりして日本をどんどん追い詰める。
欧米諸国はそれでも日本人の根性と底力を見くびっていて、日本人もへんに頑張っちゃった。
その結果が敗走に次ぐ敗走で、本土決戦となって、焼け野原にされたんだけれどさ。
何某が悪かったとかわからないけれど、底知れぬ日本人の力があの結果を招いたとも言える。
南洋諸島の密林で日本兵と戦ったアメちゃんの兵隊さんたちは日本人が怖かったそうだね。
カミカゼ特攻隊も戦果は上げられなかったというけれど、その精神力が怖かったらしい。
そりゃハラキリの国だからね、精神力によって肉体を殺すことが出来る精神文化の国だった。
それを素晴らしいともくだらないとも言わないけれど、青い目の連中にはわからなかったのさ。
そういう青い目の連中に雨のような焼夷弾と2発の原爆で瓦礫の焼け野原にされた日本が
朝鮮特需なんかもありましたが奇跡的な復興と大躍進を遂げました、勤勉一筋・努力一筋で。
執拗に潰したはずの蟻の巣穴から、また働き蟻がうじゃうじゃ…という感じ?
本来勤勉・努力・勤労を美徳とする日本人は底辺から這い上がった、まさに這い上がった。
その、他者を退けることではない、無血による奇跡の復興も欧米人にとっては脅威だっただろう。
復興の陰で犠牲になったものは、他者ではなく他でもない日本人自身のアイデンティティだが。
その失われた日本のアイデンティティを有権者各自がどう考えるか、どう思い描くか━━
少々大袈裟だが、それが参院選で問われるべき問題であり、年金とか失言じゃないと思う。
年金問題は社保庁の職務怠慢でしかないし、大臣の失言は個人の資質の問題だからなぁ…。
人事能力としてどうなんだってのはあると思うけれど、それで「阿倍NO!」は極端思考じゃね?
なんかマスコミはいかにも与党自民党と安倍ちゃんがすべて悪いかのように言うけれどさぁ…。
<悪くない=責任や解決義務がない>とは言わないが、なんかマスコミ報道は違うっぽ。

私は、「自分が日本人であることが恥ずかしい」と無条件に思ってしまう人が
出来るだけ少なくなればいいと思っている、別に日本人であることを威張れと言うのではなく。
条件付きで、この件に関しては日本は恥ずかしい、日本人として恥ずかしい、ならまだしも、
自分の国籍によって無条件に恥ずかしい(他国に顔向けできない)民族ってのは違うでしょう。
戦後GHQの方針や日教組の活躍のお陰で日本人は日本の誇りを忘れてしまった。
勤勉と努力を尊び、異文化の許容に寛容で、「恥」という実に日本人らしい概念を持っている。
欠点を指摘されたら、不行届きを咎められたら恥じ入り、反省し、直そうとする心、気構え。
人前で恥ずかしいことをしてはいけない、みっともない、というのは他者への配慮の心でもある。
まぁ、最近はなんというか廃れきったのかと思える場面にも多々出くわしますが…。

日本人の美徳を取り戻し、日本の底力を今度は国際貢献に役立てよう!
参院選に関してそんなことをとりとめもなく思った今日のわたくしでありました。


保守工房【日の丸】タンクトップ




[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-07-27 20:59 | 今日のニュース・雑考
<< 年金問題・自民案と民主案の読み... アフィリエイト終了のお知らせ/... >>