民主党平岡議員、テレビ討論で「加害者にも事情が…」
マスコミのニュースソースがないので☆ばぐた☆の1を少々改編してそのまま転載。

1 名前: ☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ [off_go@yahoo.co.jp] 投稿日: 2007/07/03(火) 20:08:57 ID:???0

6月29日の日テレ「太田光の私が総理大臣になったら」の中で、「少年法廃止の是非」というテーマについてのトークバトルが行われた。タレント、政治家、弁護士らが激しい議論を交わすなか、実際に息子を少年に暴行死させられた母親が登場。その悲痛な訴えに対する「少年法廃止反対」の議員の言葉が、ネットなどで波紋を呼んだ。
これを受け、当の議員がHPで謝罪するという展開に…。

<概要>
・交通事故で障害を持っていた16歳少年を、15・17歳の少年が暴行し死なせた。

母親(遺族):
「意識不明続が続いていた。亡くなる前の日、『助けられなくてごめん』と何度も声をかけていたら涙を流してくれた」
「加害者たちは弁護士から『1~2年で出られる』と聞いていたと知った」
「少年院送致というのは保護処分で、罰でもなんでない。税金で3食食べられるし、テレビもあり、プールのある少年院もある。息子は骨壺になったのに、なぜ加害者は太陽を浴びているんだろうと思った」
「少年院で講演するとき、(そこにいる彼らには)頑張って生きてほしいとは思うが、自分の(息子を死なせた)加害者には死んでほしいぐらいの気持がある。矛盾はしているが…」

民主党・平岡秀夫氏:
「加害者の人に死の恐怖を味わわせるという気持ちで遺族が本当に幸せになるというか、納得されるとは思わない。むしろ、悪いことをした子どもたちはそれなりの事情があって、そういうことになったと思う。」

母親(遺族):「事情って何ですか?」

民主党・平岡秀夫氏:
「事情と言うのは、彼らがどういう環境の中で育ってきたかとか、どういう風な親とか大人とかとの関係であったとか、まあいろんなことが…それは置いておいて…その加害者であった子どもたちにどうなってもらいたいのか? その子供たちが反省し、これからの人生を歩んでくれるなど、そういうことはもういいから、とにかく死の恐怖を味わわせてやりたいということですか。」


※動画:
http://jp.youtube.com/watch?v=qmjLPH9CKGA
http://jp.youtube.com/watch?v=ScJkZJYwbE0
※HPでの謝罪:
http://www.urban.ne.jp/home/hideoh29/0707/070702.html


「事情ってなんですか?」「ええとうにゃむにゃそれは置いておいて…うにゃむにゃ」

光市母子殺人事件の弁護側のアホな弁護や鑑定が白い目で見られているこの時期に…。
いや、確かにどんな加害者にも事情はあるが、事情があるから罪がチャラってのはおかしい。
どんな残虐非道な犯罪者にも弁護がつくように、加害者にも「事情」を主張する権利はある。
しかしテレビ番組の討論コーナーで、被害者の遺族に向かって言うには不適切すぎる発言だ。
そして「事情ってなんですか?」という端的な問いに対してまったく答えになっていない答弁。
久間タンは失言で引責辞任を表明したが、このネクスト法務大臣は引責辞任しないのかね?
と言うかマスメディアがこれをニュースにしないというあたり、日本のマスコミの病根は深い。

◇追記◇

事件の概要とリンチの様子を記したページがありました
こりゃ酷い…どこにどんな「事情」があるって言うんだ…心して読んでください。


【皮肉ってわかってるか?】Tシャツ濃ピンク:アッシュ




[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-07-03 21:48 | 今日のニュース・雑考
<< アホかと思われますでしょうが やらなくてもいいことをやる民主 >>