中国人研修生が日本人を殺害⇒弁護団「受け入れ側が悪い」
[養豚場死傷]中国籍被告に懲役20年求刑 千葉地裁支部
livedoorニュース 2007年06月18日20時22分


千葉県木更津市の養豚場で昨年8月、男女3人がナイフで刺され死傷した事件で、殺人罪などに問われた中国国籍の同市矢那、農業研修生、崔紅義被告(26)に対し、検察側は18日、千葉地裁木更津支部(小宮山茂樹裁判長)の公判で懲役20年を求刑した。論告で検察側は「大金を稼ぐもくろみが外れ、帰国を迫られて殺害に至った動機は自己中心的」と指摘した。

外国人研修・技能実習制度の見直し論議の発端になった事件。論告によると、崔被告は昨年8月18日午後5時50分ごろ、農業研修先の同市矢那の養豚場で、被告を同制度の研修生として受け入れた県農業協会理事、越川駿さん(当時62歳)の腹部などをナイフ(刃渡り約9センチ)で刺して殺害した。さらに通訳の会沢思学さん(45)ら2人に約2週間のけがを負わせた。給与の額を巡るトラブルから、越川さんらは崔被告に帰国を促し、4人で話し合っていた。

弁護側は「身体を狙って突き刺した事実はない」と殺意を否認。「受け入れ側のケア体制の不備に問題があった」と指摘した。

事件を機に、研修生が多額の研修費用を払わされたり、制度上認められない残業が横行するといった同制度の問題が表面化している。【寺田剛】



制度上認められない残業の横行や研修費用徴集は外国人に限った話ではない。
それを善しとは言わないが、それで人ひとり殺害して2人に怪我を負わせたらダメだろう。
労組に訴えるとか交渉をするとか穏便な方法はいくらでもあるのにぶっ殺していいわけない。
受け入れ側に問題がないとは言わないが、だからと言って殺人は正当化されません。


【皮肉ってわかってるか?】ジャージージップパーカー橙:白




[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-06-18 23:27 | 今日のニュース・雑考
<< 精神障害者最多-07年版障害者白書 麻生さんが麻生さんに「中国の光... >>