李登輝前総統、靖国神社に参拝
台湾の李前総統、靖国神社を参拝 「個人的行為」と説明
asahi.com 2007年06月07日10時55分


来日している台湾の李登輝前総統(84)は7日午前10時ごろ、東京・九段の靖国神社に参拝した。関係者の話によると、本殿に上がり黙祷(もくとう)したという。李氏の兄は第2次大戦中、日本が植民地統治していた台湾から日本軍兵士として出征、戦死して、靖国神社にまつられている。李氏は「62年前に別れた兄に頭を下げる個人的行為だ」と説明した。

靖国神社には、李氏の実兄、故李登欽氏が「岩里武則」の日本名でまつられている。登欽氏は海軍兵士としてフィリピンで戦死したとされる。参拝時間は約40分。参拝形式について、神社側は「個人の参拝なので説明は控えたい」という。

李氏はキリスト教徒。神社訪問直前、記者団に「政治的、歴史的(行為)と考えないでほしい」「父が兄の戦死を信じていなかったため、実家には位牌(いはい)もなく、(追悼も)何もしてこなかった」と語った。

李氏は副総統時代の85年に東京を訪問。今回の来日に際して「22年前は(兄がまつられていることを)知らなかった。今回行かないのは人情として忍びない」と述べていた。中国の反応については「問題ない」との認識を示していた。

「台湾は中国の一部」とする中国は、「日本植民地経験を持つ台湾は中国とは違う」という李氏の主張を「独立派の証し」と警戒。総統退任後の来日自体も「台湾独立をにらんだ動き」と一貫して批判してきた。

李氏は5月30日に「私人としての学術文化交流」を目的として来日。6日まで「日本文化を深く知るため」、東北地方の「奥の細道」ゆかりの地を回っていた。総統退任後は01年4月と04年12月に来日している。



「個人的」という見出しのセンスが朝日らしいですが、おめでとうございます。
参拝は公人であろうと私人であろうと個人の自由であり文句を言う筋合いではありません。
ご先祖様を敬い手厚く奉るという日本人の深い信心を形にした場所が神社です。
クリスチャンの麻生外務大臣の福岡の邸宅には立派なお仏壇と神棚があるそうです。
そしてお爺様に連れられて靖国に参拝してから、例大祭には欠かさず参拝をされるそうです。
「宗教とは本来人を縛るものではない」ということを麻生外務大臣は体現しています。
お兄様の御霊に黙祷を捧げた李前総統もやっとお兄様を追悼できて安堵されたことでしょう。
形式なぞたいした問題ではないのです、身内やご先祖を偲び敬う心が大事です。

独立を目指す台湾にとって、日本は外交的利用価値が高いことはわかります。
しかしそれでも高砂義勇軍の魂は今でも台湾の血となり受け継がれていると信じたいです。
生臭い話はともあれ、お身内の御霊に黙祷を捧げることができたことは喜ばしいことです。
中国の言うことは気にせず、来日中は思う存分日本を堪能して頂きたいと思います。


大和魂のクリスチャン【勤労のスゝメ】Tシャツ:ピンク





[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-06-07 23:43 | 今日のニュース・雑考
<< 防犯カメラ設置⇒監視社会という... 昨夜は為公会のパーティーだった... >>