「自衛隊が市民団体を監視しています!かんしゃくおこる!」共産党
自衛隊が市民団体監視 情報保全隊の「内部文書」
中国新聞2007年6月6日


共産党の志位和夫委員長は六日午後、国会内で記者会見を開き、陸上自衛隊の情報保全隊が作成した「内部文書」を入手したと発表した。

自衛隊のイラク派遣などに反対する全国の市民団体や、ジャーナリスト、宗教団体などの動向を調査した内容。デモや反対集会などの様子をまとめたものが中心で、共産党が文書に基づき調査した結果、事実と異なる例は一例もなく、文書は信ぴょう性が高いと判断した、という。

志位氏は「内部文書は国民のあらゆる運動を監視し、詳細に記録していたことを示している」と指摘、自衛隊法に根拠がない違法な活動であり直ちに中止することを求めた。

文書は(1)陸自東北方面情報保全隊が収集した情報を週単位で一覧表として取りまとめた二〇〇四年一月から二月までの一部の「一般情勢」など(2)情報保全隊本部が作成した〇三年十一月から〇四年二月までの一部の「イラク派遣に対する国内勢力の反対動向」―の二種類。計十一部、百六十六ページで、個人名を黒く塗りつぶした上、報道陣に公表した。

イラク関係だけでも、市街地などでの活動で監視対象となっているのは全国四十一都道府県の二百九十三団体・個人で、高校生も含まれ、参加者の写真なども添付されていたとしている。

ジャーナリストの取材状況や市町村議会の決議の経緯なども分析されていたという。



共産党はその「内部文書」とやらをどうやって手に入れたんだろう?
家族に共産党員がいると自衛隊には入れないんじゃなかったっけ?(よく知らんが)
うーん、私は治安維持のための監視社会はある程度仕方ないと思っているし、
市民団体や左巻きジャーナリストなんて過激派と繋がりがあっても何ら不思議ではないし…。
杉並親の会と中核派の共闘関係が露見したことは氷山の一角に過ぎないと思う。
過激派は、市民団体とともに在日市民団体とも連携を深めているという話。
要するに市民団体とは名目ばかり、反日、反政府組織だと思えば情報収集もするんでない?
公安の管轄のような気もするが、何せ最近日本の周りは物騒なことだらけだ。
自衛隊が反政府組織(反日組織)の情報収集をしていても不思議じゃないわな。
反政府組織は反社会的分子、要するに私たち一般市民の平穏を脅かす危険団体なわけだし。
法に抵触するような行動を起こさなければ何もないだろうから別にいいんじゃない?
どうも国に管理されるということ自体が気に入らない人たちっているよね。
社会保険も年金も、ほとんどの生活基盤は国家の管理下において賄われているんだが。
市場経済ですら国家が適正な管理をしなきゃ上手く回ってくれないんだからさ。
別に検閲や思想犯の取り締まりなんかないんだから気にしなきゃいいのに。
内部文書によって不適正な政府の介入があったのならともかく安全管理の面で許容範囲だな。
辺野古のレギュレータ外しのように殺人未遂をも辞さないからなぁ、平和市民団体てのは。
己の思想信条のためなら違法行為も殺人も厭わない平和市民団体なんて嫌杉。
連中が暴走して武装決起しないように見張っていて欲しいものです。


【皮肉ってわかってるか?】Tシャツ濃ピンク:ナチュラル





[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-06-06 22:00 | 今日のニュース・雑考
<< 昨夜は為公会のパーティーだった... 「可哀相」と同情している間に国... >>