“日本でも死者” 中国産の食品や薬品
偽食品、中国深刻 キクラゲ・粉ミルク……
asahi.com 2007年05月21日03時00分


中国産の食品や薬品を口にしても大丈夫なのか。安全性が改めて内外で問われている。中米パナマでかぜ薬を服用した患者が死亡、北米ではペットフードで犬や猫が死に、それぞれ毒性物質が検出された原料が、中国企業のつくったものだったからだ。中国では富裕層を中心に「食の安心」を求める声が高まっている。中国から農産物を多く輸入する日本にとってもひとごとではない。

●輸出の鈍化に危機感

北京市東部の市場では、麻袋に入った中国・東北地方産キクラゲが所狭しと並べられている。500グラムで10元(約150円)から30元(約450円)と開きがある。

「安いのは薬で加工しているんだよ」。市場にキクラゲを卸す男性が声を潜めた。別種のきのこに硫酸マグネシウムや鉄くずなどを混ぜた薬品をつけ、本物そっくりに見せているという

中国での報道によると、06年3月に山西省で約100キロ、01年にも北京で約2800キロ、四川省成都で約3000キロの偽キクラゲが見つかった。工業用インクで着色したものもあった。食べた人は下痢や嘔吐(おうと)を催した。

03年に安徽省であった偽粉ミルク事件は乳児が犠牲になった。中国メディアによると、229人の乳児が栄養障害になり、うち12人が死亡した。でんぷんに香料を混ぜた粗悪品だった

中国政府も手をこまぬいているわけではない。

パナマ向けの薬用甘味料グリセリンと、米国などに輸出されたペットフード原料から毒性物質が検出された際、当局はソーセージなど12種類の食品を緊急調査。今月8日には、安全だとする結果を公表した。

中国農業省は17日、農産物の安全性を高めるための専門委員会を設置した。新華社通信によると、同省の牛盾次官は初会合で、農産物の品質を監督する仕組みが不十分だと指摘。「この3年間、輸出が鈍化している」と中国産品の信頼低下に危機感を示した。

●富裕層は高級・安心志向

山東省莱陽の農場に20日朝、乳牛のうなり声が響いた。ニュージーランドからジャンボ機で太平洋を越えたホルスタイン約400頭。アサヒビール、住友化学、伊藤忠商事の3社が昨年5月に設立した合弁会社が「安心して飲める牛乳」づくりを目指し、厳選した血統書つきの乳牛たちだ。

日本の農業技術を駆使したモデル事業を中国で始めた同社は今年初め、減農薬の農産物出荷を開始。イチゴを同省・青島の高級スーパーで販売したところ、一般の10倍前後という高値でも完売が続いているという。顧客は、高くても安心して口にできる食品を買いたいという富裕層だ。

「1万8000円分をまとめて買って頂いたり、100箱ほしいと注文が入ったりしたこともある。どちらも中国人のお客様です」と同社の乾祐哉総経理(社長)。将来は自社ブランドの牛乳販売を目指す。

中国の都市部では1人あたりの牛乳消費量が95年から05年の間に約4倍に伸びた。一方、乳牛への抗生物質やホルモン剤の過剰投与が問題化。牛乳に限らず農産物への消費者の不安は根深い。ただ、低所得層は安い食品を口にせざるを得ない。

●日本の水際、抜け道残る

日本は食品輸入で中国に大きく依存している。全輸入量に占める中国産の割合は00年の13%から05年は16%に上がった。

日本政府は06年5月、食品の残留農薬の検査を強化する新基準「ポジティブリスト制度」を導入した。02年に中国産の冷凍ホウレンソウから基準値を超す農薬が出たためだ。約800の農薬類をチェックする。06年11月までの半年で、基準値を超える農薬などを検出、食品衛生法違反とされた輸入食品は383件05年の1年間の3倍に達した。中国産シイタケやキクラゲなどは、抜き取り検査を多くしている。

日本の輸入企業も取引前に品質を点検している。「市場に出た後に問題が起これば、信頼を失い大きな痛手になる。真剣にチェックしているはず」と食品関係者。

とはいえ、検疫所での点検は、ほとんどが書類検査のみ。市民団体・農民運動全国連合会の石黒昌孝さんは「日本で数十年前に使用禁止になった農薬が中国産野菜から出た例もある。抜き取り検査対象を増やすべきだ」と指摘する。

ペットフードでも不安が残る。国内出荷量の55%が輸入品で、中国産はそのうち5%。生肉製品は伝染病予防のための検査があるが、毒性物質を想定した検査はない。

医薬品はどうか。

正規輸入なら、日本側の販売企業が品質に責任を負う。だが、個人輸入が抜け道となっている。中国から健康食品として個人輸入された製品が実は日本未承認の医薬品で、健康被害を起こしたという事例は、昨年7月までの5年間で約800件4人が死亡した

厚生労働省監視指導・麻薬対策課の光岡俊成課長補佐は「事実上のざる状態と言わざるを得ない」とこぼす。



何が怖いって朝日新聞がこういう記事を掲載しているあたりが怖い。
しかし締めは日本のザル法に問題ありとしているから一応朝日新聞らしくて安心した。

よくわからんのだが、毒性のない食品や薬品になぜわざわざ毒を付着させるのだろう。
農薬をまったく使用するなとは言わない、そこまでデリケートな胃袋でもないし(私の場合)。
無農薬・有機野菜じゃなきゃ蕁麻疹やアレルギーが出るというような体質でもないが、
工業用インクとか香料とかありえへんやろ、まがりなりにも人の口に入るものなんだから。
よく漢方薬ダイエットの広告で「漢方だから身体に安心」と書いてあるけれど、信用できん…。
自宅では中国産の桂花陳酒を愛飲しているのだが、これもダイジョブかな~?と思いつつ…。
農業には暗いのでよくわからないのだが、そんなに害のあるものを添加する必要があるの?
みかんの表面のワックスくらいなら洗って落とせばいいけれど、こりゃ洒落にならんレベル。
腹を下したり嘔吐したり、中毒症状で済めばまだしも、薬品で死者を出すなんてのは…。
砂漠化が進み、環境汚染も深刻化しているとは言え、それでもなお広大な農業用地があるのに
食中毒や死者まで出て輸出もできないような毒性物質を添加するというのは理解に苦しむ。
そりゃー完全に無農薬・無添加は無理だと思うけれど、人が死ぬレベルではちょっと…。
純国産というブランドには特に惹かれないが、危なっかしくて純国際を選ばざるを得ない。
スーパーの食料品やコンビニの加工食品も原料産地を明記してくれないかなぁ、怖いから。
安かろう悪かろうにもちょっと程がある、12種類くらいじゃなくてもっと徹底して欲しいです。
別にブランド品じゃなくても安くて美味しければいいんだ、だからせめて安全性は保障してくれ。
私は北京に行った時に屋台やスーパーで買い食いしたけれど、別に普通だったんだよね。
ホテルの水道水で薬を飲んだ人はお腹を壊していたけれど、火を通せば大丈夫だろうし。
資源があるのにわざわざ毒性の強い添加物でその資源の品質を落とすことないじゃないか…。
日本の食糧自給率の低さは改善されるべしと常々思っているが(先進国の中でめちゃ低)、
安価で安全な輸入食品があればそれでもいいんだ、貧乏人だから。
安全性に信頼が置けるならば別に中国原産だって構わない、そういう人も多いと思う。
輸出の鈍化を危ぶむならば、中国政府はまず安全性の向上に努めるべきではないのだろうか。
バレなきゃ(死ななきゃ)OK,OKというアバウトさで食料品を輸出していたら鈍化もしますよ。
一体どっちがザルなんだと最後にひと言朝日新聞の記者には文句をつけておく。
まさか輸入食品に有害な毒物が混入されているなんて日本の常識じゃありえへんやろ。

まぁ腐っても公称800万部の全国紙でこういう記事を掲載したことは評価しよう。


【皮肉ってわかってるか?】Tシャツ橙:アッシュ


***********************
医師・看護師・薬剤師の転職はメディカルプラネット!
***********************







イーブックオフで鈴木祥子さんのハーヴェストを注文しました。
1500円以上から送料無料という送料サービスはアマゾンよりずっと嬉しい…。
迷った末に買わなかったのは【CD+DVD】「機動戦士ガンダムSEED」COMPLETE BEST
ハガレンの主題歌アルバムを探しているんだがなかなか見つからねー。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-05-22 22:29 | 今日のニュース・雑考
<< 小沢代表のCM不評につき「民主... 直筆のお手紙って書きますか? >>