二度と改憲を口にできないようにしてやる!
憲法守れ 新たな出発 熱気の緊急集会3200人 東京
2007年5月17日(木)「しんぶん赤旗」


市田書記局長あいさつ

--------------------------------------------------------------------------------

「憲法改悪反対」「参院選で改憲勢力に審判を下そう」の唱和が国会周辺に響き渡ります。改憲手続き法の強行に抗議し、憲法闘争の強化をめざす中央決起集会が十六日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。国会に請願デモ後、国会前に座り込みました。緊急に呼びかけられた昼間の行動にもかかわらず三千二百人が集まりました。

--------------------------------------------------------------------------------

「やるしかない」と語るのは、山梨県の新日本婦人の会の石原靖子会長(60)。「『いまの政治はおかしい』と憲法署名をしてくれる人が急激に増えています。この三年間がたたかいの正念場と気持ちを固めています」と力を込めました。

群馬県から参加した女性(63)は、「法律が強行されてがっかりしていましたが、国会論戦での到達点や、住民過半数の憲法署名の達成が広がっているときき、群馬でも過半数めざし頑張ろうと確信がわきました」と話します。

主催者あいさつした新日本婦人の会の高田公子会長が、「世論に力強い変化が生まれています。改憲勢力の挑戦を受けてたち、二度と改憲を口にできないよう決着をつけよう。参院選で改憲勢力に怒りの審判を」と呼びかけると、大きな拍手がこたえました。

あいさつした日本共産党の市田忠義書記局長は、十八項目の付帯決議をつけるなど改憲手続き法自体が破たんしていると指摘。改憲派の暴走は国民の怒りと警戒を呼び覚まし、改憲派の中心に“靖国派”が躍り出たことで矛盾を深めていると強調しました。「憲法改悪反対の一点でゆるぎない多数派をつくる新たな出発点として総決起しよう」と訴えました。

自由法曹団の田中隆幹事長は、公務員の国民投票運動は国家公務員法などの政治活動禁止にふれず、教員の授業中の意見表明はいいなどの答弁を国会論戦で引き出していることを紹介。これからの運動で定着させようと呼びかけました。

集会は、憲法改悪反対共同センターと国民大運動実行委員会が主催しました。



あのさ…平仮名にしたところで「たたかい」は「戦い」、もしくは「闘い」なわけよ。
平仮名にすればソフトに見えると思っているのかもしれないけれど、好戦的な言葉です。
あと気に入らない採決を「強行」と言うのもやめようよ、民主主義に則った採決なんだから。
あなた方にとって快くない採決結果になったということは、あなた方は少数派なの。
世論の主流じゃないのに世論に自分たちの考えが広がっていると言うのは自己欺瞞だよ。
採決であなた方が「敗北した」と感じたということは、あなた方が少数派だということだ。
少数派の言論の自由だってもちろん保障されているが、自己欺瞞は頂けないなぁ。
民主主義だからいろんな考え方があって、どれにするか多数決で決めるのが民主主義なの。
決して少数派が弾圧されることはないが、民主主義において多数決の原則は絶対なのです。
私は改憲を望んでいるけれど、改憲を望む人が多いか少ないかわからない。
ただ、国民投票法案が可決されたことで、改憲議論に対する民意が計れるわけです。
国民が改憲を望んでいるのか否か-それを問う法律自体が今までなかったのですから、
民意を問い民意に従い決議をする法案が可決されたことは喜ばしいことではないですか。
お前は多数派だからそんなことが言えるんだ、と反論されるかもしれません。
確かに教育基本法、国民投票法と私は賛成の立場であり、都知事選では石原閣下を支持し、
現在与党支持であることから、大雑把に言って世論の多数派の中に含まれる立場でしょう。
しかし私も昨年の自民党総裁選では多数決の原則の前に敗北感を味わいました。
「この人が総裁として相応しい人物だ」と思った人が一番多かったのが安倍総理なのです。
しかし恨み言を言っても仕方ないし、安倍氏を選んだ人が愚かだとも思いません。
知名度に劣り、ネタ大臣という色眼鏡もかかり、派閥の人脈も薄かったことが敗因でしょう。
次こそは麻生総理大臣の誕生だ!と次の総裁選で勝利することにシフトチェンジしました。
多数決の原則は絶対であり、次こそは麻生支持派が多数派になることを願っています。
多数決の前に敗れたからと言って強行だの愚民だのと言うのはみっともないと思います。
まぁどんな活動をしようと法に抵触しない限り自由なので頑張ってください。
しかしだね…おちゃらかしではなく純粋に怖いよ、改憲を口に出来なくしてやるって。
決着をつけるってどういう決着のつけ方なのか怖い想像をしてしまう、過激派みたいな感じの。
改憲派は護憲派を批判することはあっても「護憲を口に出来なくしてやる!」とは言わんし。
どーもなんだかねー、左翼系の人は思い通りに行かないとゲバ棒を振り回しそうで怖い。
今どきゲバ棒はなくても国会前の座り込みとか意思表明というより騒乱・暴動だもんなぁ…。
「たたかい」という言葉をやたら好むあたりも左翼系の人々が暴力的に見える理由です。
平和のために戦うぞ!ってお前らは戦隊ヒーローかと突っ込みたくなる。
うちの母は共産党が嫌いなのに赤旗を取っているが、どういう感想を持つのだろう。


次期総理はアソータンに☆【勤労のスゝメ】Tシャツ:アッシュ









[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-05-18 22:34 | 今日のニュース・雑考
<< 麻生太郎外務大臣にTシャツを渡... 慎太郎節、米国でも炸裂 >>