【中国】米 ペット死は中国企業の故意でした/マスコミ不信の素
米 ペット死は中国企業の故意 NHKニュース2007年5月9日13時6分

この問題は、カナダに本社のあるペットフード会社「メニューフーズ」の製品で、中国産の小麦の原料の入ったペットフードを食べた猫や犬が相次いで死に、小麦原料の中から、有機化合物のメラミンが検出されたものですこの問題で、中国の国家品質監督総局は8日、江蘇省と山東省にある2つの企業が、タンパク質の量を多く見せかけるために、違法に「メラミン」を加えていたと発表しました一方、FDA・アメリカ食品医薬品局は8日、記者会見し、死んだ猫や犬が食べたペットフードを再検査した結果、中国企業が、小麦粉に「メラミン」を加え、小麦グルテンと偽って表示していたことがわかったと初めて明らかにしましたFDAは「小麦粉にメラミンを混入させると、タンパク質の含有量が十分であるかのように装える」と指摘し、中国企業が虚偽表示の発覚を防ぐために、メラミンを意図的に混入していたという認識を示しました。「メニューフーズ」では、問題の原料を使用した北米とヨーロッパ向けの製品の回収を進めています。日本ペットフード工業会によりますと、国内では回収の対象となった製品が流通しているという情報はないということですが、心配な人は輸入業者などに問い合わせてほしいと話しています。


カネのためなら人でもペットでも死んでも構わないんだな…。
さすが人命が安い国、しかし外国に輸出するなと言いたい。

こっちの事件もなぜ国内メディアは報道したがらないのかな~?


パナマ患者死亡 薬に物質混入 NHKニュース2007年5月9日8時6分

パナマでは、去年9月、40人以上が内臓の機能低下など体の不調を訴えたあと、原因不明のまま死亡し、パナマ政府の依頼を受けたアメリカ政府による調査の結果、患者が服用したせき止めの薬に、毒物を含んだグリセリンが含まれていることがわかりました中国外務省は、8日、記者会見し、この問題で去年10月に、アメリカ政府から、中国の企業が問題のグリセリンの製造にかかわっていたと指摘されたことを明らかにしましたそして、その後の調査の結果、江蘇省にある中国企業が、薬品に使う純粋なグリセリンに別の物質を混ぜた原料を輸出し、この原料がパナマで、せき止めの薬の製造に使われていたことがわかったということです会見で中国外務省は、混入した物質について、「グリセリンの代用品として混ぜられたもので薬に入ってはいけないものだった」と述べて、輸出された原料が死亡の原因だという見方を示しましたが、この物質が毒物だったのかなど詳しいことは明らかにしませんでした10年ほど前には、中国からカリブ海のハイチに輸出されたグリセリンを含んだ解熱剤を服用した子ども80人以上が死亡しており、国際社会からは、中国政府に対し、薬品などの原料の輸出を厳しく管理するよう求める声があらためて強まりそうです


環境汚染も食物汚染も中国国内で留めておけばいいものを…。

朝日や毎日を筆頭に国内メディアはなぜこのような国際的な大問題を報道しないのでしょうか。
安倍ちゃんの秘書が暴力団員と関わりがあるなんて根も葉もない記事は書くくせに…。

マスメディアがバッシングされている理由は、身内、及び中国や韓国の不祥事は報道せずに
日本政府叩きのためなら道理の通らない無理なこじつけ批判作文まで記事にしたりするからだ。
要するにメディアが偏向しすぎている、政治思想に則り記事を書いているから批判されている。
我が身の行いを省みず、「自由にものが言えない」と不安を煽る手法は戦中とどう違うのだね?
別に事実であるならば自由にものを言っていいが、自由には相応の責任を負う覚悟が要る。
書きっぱなし、やりっぱなしで責任を取らない姿勢こそが非難されていると心得て欲しいものだ。

またこのような大問題を報道したがらない姿勢も不信感を募らせるだろう。
なんで中国様の不祥事は報道しちゃいけないのか400字以内で答えて欲しい。






釜山と韓国で2番目に高い「智異山」を登る
韓国の港町─釜山には、韓国で2番目に高い山があります。
智異山には峰の高さが千五百m以上もある高峰も10余ヶ所もあります。







[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-05-09 20:42 | 今日のニュース・雑考
<< ( ゜⊿゜)<そろそろさらなる... 安倍ちゃん言論テロリストを提訴! >>