日本国民は自国の歴史をちゃんと知っている
よく「日本は歴史を直視しろ」とか「歴史認識が云々」と文句を言われていますが、
特亜や反日報道機関が望む「歴史認識」は、多くの日本人はきちんと持っています。
だって義務教育・高等教育の授業でちゃんと習うもんね!(ゆとり世代はどうか知らんけれど)
私も南京大虐殺、三光作戦、バターン死の更新、創氏改名、強制連行、従軍慰安婦…
などなど「旧日本軍の蛮行の数々」は、ちゃんと学校の歴史の授業で習いましたよ~。
私の歴史の成績は非常に芳しいものでしたので、それらを事実だと思っていたわけですね。
さらに言えば母がアカい人だったので、反戦映画の上映会・写真展などにもよく連れて行かれ、
幼い頃から戦禍に対する感受性は他の子供よりずっと強いほうだったんじゃないかと思います。
家に従軍カメラマンの分厚い写真集なんかもあって、それをよく繰り返し眺めていましたし。
「若い人は戦争の恐ろしさを知らないから…」とか「歴史を知らない」という決まり文句は
「右傾化した若者」と言われる私のような二十代の若者にですら通用しないんですよ。
私にとって歴史、特に自国の近代史を勉強することは非常にエキサイティングな学習であり、
学校の授業の枠を超えて、日本の、特に第二次世界大戦の頃の本や資料を読み漁りました。
その結果、旧日本軍が行ったとされる数々の残虐な行為もよく熟知しておりました。
のちのち、それが本当に事実であるのか否か、疑問を持ち検証する機会を得られるかどうか、
それは大きな関であり、その関を越えた若者が、今「右傾化した若者」と呼ばれているのでしょう。
右傾化したのではなく、事実かどうか知る機会を得た結果、濡れ衣ばかりだと知っただけです。
したがって、特亜や反日報道機関の望む「歴史認識」にそぐわない考えに至ります。
決して自国の歴史を知らないわけではなく、きちんと刷り込まれた上で、上書きされたのです。
「歴史認識が誤っている」という言い分は、「我々が望む歴史認識を持て」という意味です。
しかし義務教育があり、識字率も抜群に高い日本人は自国の歴史をきちんと知っており、
個人の歴史の咀嚼の仕方にまで口出しされるということは、「内心の自由の保障」に反します。
また学校で習った歴史には捏造された歴史が多く、また教師も思想的に偏向しておりました。
捏造された歴史ではなく、事実を知った日本人が新たな歴史認識を持って何が悪いのでしょう。
日本人は歴史を知らないわけではなく、本当の歴史を知り始めただけなのです。

戦争において、また戦闘において、悲しく不幸な出来事はたくさん起きます。
しかしその不幸な出来事がすべて旧日本軍が起こした罪であるかのような認識は誤りです。
関わった国、人々が、多かれ少なかれ皆不幸な目に遭う、それが戦争の惨禍なのです。
それは「誰某が悪かった」とのちのち裁く問題ではなく、「戦争」が引き起こした不幸であり、
私たちが今できることは、二度とあのような不幸な出来事が起きないよう努力することです。
「誰某が悪かった、謝れ」と言い続けているような反未来的思考ではいけないのです。
大体日本政府は敗戦国として、戦後賠償の他、他に例を見ないほど謝罪を繰り返してきました。
謝罪も、相手に受け入れる気持ちがなければ意味のない誠意だということを学びました。
韓国は未来永劫日本の謝罪を受け入れず、いつまでも謝罪と賠償を求め続けるでしょう。
そして、日本を内部から切り崩すために反日活動を続け、九条を護持しろと言い続けるでしょう。
そんな反未来的思考の国家に、賠償と、幾度もの謝罪を行ってきたことは無駄な努力でした。
日本はそろそろ自虐史観やそういったしがらみを切り捨て、未来的思考を持つべきです。
戦後、日本で行われてきた自虐史観教育も、もう役目を果たし終えたと思います。
これからは捏造や歪曲による「日本=悪」の歴史から脱し、正しい歴史を学ぶべきでしょう。
日本にとって「正しい歴史」が他国にとって「正しい歴史」とは限らない━━それは当たり前です。
米国では、原爆投下は戦争を終結させるための善行であったという教育がなされています。
日本人にとっては受け入れ難い教育ですが、歴史認識は国の数だけ、人の数だけあります。
他国の歴史教育に口出しして修正を求めることがどれだけ馬鹿馬鹿しいことか━━。
日本でも歴史教科書は幾つもあり、どれを採択するかは各自治体に任されています。
決して画一的な、国家からの押し付け教育ではないし、教科書だけがすべてではありません。
私のように、教科書や教師の教えをきちんと受け止めた上で上書きされた例もありますから。
自分自身で歴史を学び、考える━━それこそが大事なことなのではないでしょうか?

ま、米国人や韓国人は自国軍が慰安所を設置してしていたことをちゃんと学べよ。
韓国軍がベトナム戦争で現地の女性を強姦しまくり混血児がいっぱい生まれていることもな。
日本人の歴史観や歴史認識に文句をつける前に、自国の歴史をちゃんと勉強しろよ。






肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。







[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-05-06 22:16 | 今日のニュース・雑考
<< 9条Tシャツ登場! 米国人こそ自国の歴史を知っているのか >>