憲法改正と学力社会といじめに何の関連性があるのか…
弁護士らが憲法劇 ひまわり一座個人の尊厳、改憲阻止訴え 福岡市
=2007年4月30日付 西日本新聞朝刊=


弁護士や市民でつくる劇団「ひまわり一座」(代表・小宮和彦弁護士)は29日、福岡市中央区赤坂の中央市民センターで憲法劇「平和の生まれる場所で‐教育基本法改悪と憲法」を上演した。いじめで生徒が自殺した学校を舞台に、個人の尊厳を守ることの大切さと改憲阻止を訴えた

教育基本法が改正された結果、学力別にクラス分けするなど学校での競争が進み、生徒がいじめを苦に命を絶つというストーリー「平和や民主主義の意識を育てるはずの学校で、憲法で定めた個人の尊厳が守られなくなっている」と、憲法改正の動きを危ぶむ教員や教育実習生の姿を描いた

劇団は毎年、憲法記念日の前後に創作劇を披露している。今回が19回目。小宮弁護士は「憲法の素晴らしさを伝えようと活動を続けてきたが、今は極めて厳しい状況」と話した。

上演後、出演者と来場者は憲法改正手続きを定める国民投票法案の成立反対をアピールしながら市内をデモ行進。「平和憲法を捨てないで」と声を張り上げた。



真面目にレスすると、今の学力軽視、個性偏重、ガキども野放し教育がいじめの温床だ。
もし学力別クラス編成になったとしたら、いじめなんかにかまけているヒマはなくなる。
そもそも勉強もまともにしないし社会性も身にけられないガキどもがヒマ潰しにいじめをする。
いじめで自殺した被害者は気の毒だが、そういった「ゆとり教育」の犠牲者であるとも言える。
んで、憲法改正したら学力別クラス編成になるなんてお前らの誇大妄想じゃん。
進学校なんかはもともとそういったシステムを取り入れているし、そうする学校ばかりじゃないし。
今の学校教育は平和で民主主義の精神が育っているか?いじめで自殺する子がいるのに。
最低限の社会性を身につけさせることによって、むしろ個人の尊厳が大切にされると思う。
いじめによる自殺を政治利用するなんて下衆な奴らだな、弁護士ってのはみんなそうかい?
こういう連中は子供やお年寄り、社会的弱者と言われる人たちを利用するからえげつねぇよな。
手前の誇大妄想をさも現実になる話であるかのようにくだらん演劇にしてご苦労さんです。






肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。





[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-30 21:50 | 今日のニュース・雑考
<< 「韓国は拉致被害者事件でそんな... 9条を守るために戦おう!/中国... >>