9条を守るために戦おう!/中国の軍備増強は台湾「解放」のため
「9条は世界の願い」 憲法施行60周年 京都で春のつどい
2007年4月30日(月)「しんぶん赤旗」


京都憲法会議と自由法曹団京都支部、憲法を守る婦人の会は二十九日、憲法施行六十周年記念の「春のつどい」を、京都市下京区で開きました。

「平和を求めるピープル・パワー」と題して講演した朝日新聞の伊藤千尋記者は、大西洋上スペイン領カナリア諸島にある「九条の碑」をたずねたエピソードから「憲法九条は日本人だけのものではない。世界の人が、うちの国に、うちの町にほしいと願っている」と指摘。9・11テロ事件を受けての報復に反対した米女性議員や、米女性シーハンさんの姿が世論を動かしたことを取り上げ、市民が声をあげる大切さを語り「変わるチャンスがある。世のなかを変えていってこそ楽しい」と呼びかけました。

憲法会議代表幹事の上田勝美・龍谷大学名誉教授が、国民主権を明記した憲法制定過程に触れ「もみくちゃにされてきた平和憲法は還暦を迎える。九条変えたらあかんという世論を大きくするたたかいが必要だ」とあいさつ。改憲手続き法案の問題点について奥村一彦弁護士が、全国一斉学力テストの問題点について京教組の深澤司・教文部長が、報告しました。

つどいには百五十人が参加。左京区の女性(53)は「情勢が厳しく、委縮していましたが、一人の市民の行動が政治を動かしている姿に力をもらいました。がんばって訴えていきたいと思います」と話していました。



>憲法九条は日本人だけのものではない。
>世界の人が、うちの国に、うちの町にほしいと願っている

具体的にどこの国が? 中韓は「変えるな」と言うけれど「うちも欲しい」とは言わないよ?
「九条は世界中から評価されている」も、いつもどこの国か具体的な名前が挙がらないよね。
中国と韓国だけは評価しているようだけれど、自分の国に取り入れようとは決してしないよね。
要するに日本が軍隊を保持していたら不味いから「変えるな」「評価する」と言っているだけ。


>九条変えたらあかんという世論を大きくするたたかいが必要だ

平仮名にしたところで「戦い」、もしくは「闘い」だろ?柔らかい字面にして誤魔化すなよ。
なんで九条教の人や自称・ハンセンヘイワ主義者は「戦い」「闘い」という言葉を好むのかな。
ものすごく好戦的に見えるし、九条がなければすぐにでも人殺しをおっぱじめそうで怖い。

9・11事件を受けて、米国では平和のために非武装運動が盛んになったのかね?
報復戦争に対して米国内でも批判はあったかもしれないが、非武装運動なんか起きたの?
その批判の声を上げた女性議員やシーハンさんの批判の声が世論の主流になったの?
関係ありそうで全然関係ないことをくっつけてそれらしく自説の補強に使うなよ、それ欺瞞だよ?
そういう欺瞞に満ちた運動だから九条教は大衆から乖離して先鋭化して行くんだろう。
ともかく九条を守りたいならまず日本以外の国に九条を取り入れさせろ、話はそれからだ。
日本だけが非武装を堅持したところで世界は平和にならないし日本の平和の担保にもならん。
中国なんか「台湾解放のために軍事費が上がっているんだ」と言っているんだぜ?
人民解放軍の「解放」は虐殺やレイプ、民族浄化、「解放」とは名ばかりの侵略行為だろうが。
野蛮人同士気が合うのかもしれないが、日本が中華人民共和国日本省になるのは御免です。
まず現在進行形で民族弾圧を行っている中国と、戦争中の韓国に行って運動して来い。


中国の軍事費増、台湾解放のため 李常務委員
北海道新聞(04/28 12:11)


【北京27日佐々木学】中国共産党の李長春・政治局常務委員は二十七日、北京で、訪中した自民党の山崎拓前副総裁、加藤紘一元幹事長らと会談し、中国の軍事費急増の理由について「台湾解放のための装備近代化だ。平和解決が目標だが、武力行使を放棄したわけではない」と述べた

これまで中国は軍事費急増について、経済成長に伴う兵士の待遇改善などを根拠としていたが、中国要人が、台湾の武力統一を理由に挙げるのは極めて異例。一方で李氏は「中国の国防政策は防御的であり、覇権を唱えることはない」と従来の主張も繰り返した。



中国が「解放」と言ってやることは虐殺、弾圧、レイプですからねー。
「日本を解放するアル!」とか言われたらたまったもんじゃないです。






肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。





[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-30 21:02 | 今日のニュース・雑考
<< 憲法改正と学力社会といじめに何... みどりの日がいつの間にか昭和の... >>