GODFISHER太郎
さてさてハードスケジュールの外遊中の麻生外相ですが、お仕事は順調なようです。

対北制裁強化、米と協議=麻生外相 時事ドットコム 2007/04/29-01:09

【ワシントン28日時事】麻生太郎外相は28日午前(日本時間同日深夜)、日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に出席するため、ワシントン入りした。外相は市内のホテルで記者団に対し、北朝鮮の核問題について「(北朝鮮が非核化への合意履行の)引き延ばしをするなら、制裁のレベルは上がる」と述べ、制裁措置強化の可能性を指摘。30日のライス国務長官との会談で具体的な対応を協議する考えを示した


GJ,GJ,しかし…これ以上具体的に何を制裁強化するんだろう。
日本からの物資が途絶えると結構大きな打撃になると思うけれど、将軍様には関係ないし。
米国が金融制裁を解除したとゆうても実質おカネは使えへんというのも打撃ではあるだろうが
いまだ北朝鮮は対話のテーブルにつく気はないみたいだし…。
じわじわ兵糧攻めで生殺しにしようってんかいのう?その前に拉致被害者問題の解決だが。
まぁ米国との共同歩調姿勢をアピールすることが大事だとは思います、特に今は。
慰安婦問題でマイク・ホンダ議員を筆頭に(関係ないくせに)米国が日本叩きしているからね~。
性奴隷やレイプといった誤った認識は早う是正して欲しいものだが。
カネが欲しい女性が戦地売春婦になっただけで、当時は公娼制度があり売春は合法だったし。
カネが欲しい女性の家族が女性を売っぱらったとしても日本政府の責任じゃないし。
日本政府、及び日本軍は慰安所を管理していたが、慰安婦を集めたのは斡旋業者だしな。
なんで日本政府が今頃になって売春婦に謝らなければならないんだ。

そんでもうひとつビックリというかまた大きな釣り針をたらした麻生閣下。


はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布
2007年04月29日 16:08 【共同通信】


ウィーンで30日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の英語版を会場内で展示、配布することになった

大の漫画ファンで知られる麻生太郎外相の肝いりで実現、原爆の悲惨さを生々しく描写した漫画で核軍縮を訴える。

「はだしのゲン」は広島に投下された原爆で父、姉、弟を失い、自らも被爆した少年ゲンが母親、妹とともに懸命に生きていく姿を描いた物語で、米国はじめ各国で出版されている。外務省が英語版30冊を出版社から譲り受けた。

同省は「各国政府、非政府組織(NGO)関係者にぜひ手に取って読んでほしい」とPR。今後も国際会議などの場で漫画やアニメを使った情報発信を検討しており、「漫画外交」が活発に展開されそうだ。



「はだしのゲン」は小学校の図書室に置いてあったから読んだけれどグロかったな。
私は焼け爛れた人や身体にガラスの破片が無数に突き刺さった人の描写が怖かったが、
友人は「絵が怖かった…」と…確かに今見てみると、絵柄自体が怖いと言えなくもない。
ニュー速+では早速入れ食い状態なんだけれど、いいんじゃないすか?アメちゃんの非道。
草むらでアメ公の兵隊に強姦されてその後パンパンになったお姉ちゃんとかもいたよね、確か。
アメちゃんに自分たちの先祖がどれだけ極悪非道なことをしたのか見てもらってもいい。
天皇批判や事実誤認のまま書いた部分、思想色の部分で言語道断!という人もいるけれど、
事実誤認は仕方ないし、思想色抜きにアレはショック療法として結構有効なんじゃないかと。
「ギギギ…」「ラわーん」なんかがどう訳されるのかのほうが気になったりして。
何分小学校低学年で読んだ漫画ですし、長いので最初のほうしか覚えていないのですが、
こんなシーンもあったんですね…文庫版ではカットされたそうですが、左翼の言論弾圧か?
(画像をクリックするともっと大画像で見られるよ)
a0027061_22285915.jpg
朝鮮人の描写は山野車輪よりも秀逸だな、侮蔑的にならずに特徴を良く捉えている。

まぁしかし事実誤認の部分は注釈をつけて欲しいものである。
中国軍がよくやった拷問方法を日本の憲兵隊がやっていたりとか朝鮮人を差別したとか。

ローゼン閣下という愛称の元ネタとなったローゼンメイデンは連載終了だそうですが、
アソータンは今日も元気に漫画を読んでいます(GW中は漫画が出ないので可哀相だ)。


◇追記◇

事実誤認といえばタロサ本人もよく誤解されている人である。
核武装派だと勘違いしている人もいるみたいだが、タロサは核議論が必要と言ったのであって
核武装賛成なんてことは言っていないし、分祠論派だと勘違いされているがそれも違う。
痛快にバシバシ物を言うが、大事なことは早計な結論を出さないし、迂闊なことも口走らない。
どうしてもタカ派のイメージが払拭されないみたいですが、タロサは現実派、実利派です。







憧れホテルの「エグゼクティブスィート」で過ごす休日-ウェスティン朝鮮
80年の歴史を誇る ソウル「ウェスティン朝鮮ホテル」 450以上の客室のうち
僅か16部屋しかない 「エグゼクティブスィート」 80の客室、専用セダンの送迎
専用ラウンジ利用など特典も満載!泊まるニダ<丶`∀´>







[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-29 22:46 | ローゼン閣下
<< みどりの日がいつの間にか昭和の... メーデーは反日集会の祭典? >>