前兵庫県知事貝原氏、災害派遣要請を出したのはいつ?
私はまったく問題ない、内容的に妥当な発言だと思いスルーしていましたが、
石原都知事の阪神淡路大震災に関する発言に前兵庫県知事貝原氏が反撃しました。
石原都知事の発言の元ソースは見つかりませんでしたが朝日ドットコムから。

石原氏「神戸の震災は首長の判断遅く2千人余計に死亡」
asahi.com 2007年04月09日


石原氏は8日夜の会見で防災対策に触れ、「神戸の地震の時なんかは、(自衛隊の派遣を要請する)首長の判断が遅かったから、2千人余計に亡くなったわけですよね」と発言した。阪神大震災の被災地で反発が出ている

震災時の兵庫県知事、貝原俊民氏(73)は「石原さんの誤解。たしかに危機管理面で反省はあるが、要請が遅れたから死者が増えたのではない。犠牲者の8割以上が、発生直後に圧死していた」と反論。「大災害が起きた場合、公的機関による救済には限界がある。都民の防災意識を高めることに力を発揮してほしい」と注文した。

震災後に同県の初代防災監を務めた斎藤富雄副知事(62)は「全く根拠のない発言で、誠に遺憾。将来の備えのためにも、過去の災害を適切に分析してほしい」

神戸市に次ぐ被害を受けた同県西宮市の震災時の市長、馬場順三氏(81)は「95年当時に東京で大地震が起こっていたら、対応できただろうか。震災を実際に体験していないから言える発言ではないか」と語った。



私は阿部知子議員の発言から炎上した池田秘書ブログに寄せられたコメントを集めた結果
自衛隊は早期に偵察ヘリを飛ばして情報収集に務め、いつでも出動できる準備を整えながら
遅々として来ない災害派遣要請が来るのを神戸周辺で待ちわびていたと認識していたので、
早急に要請が出されれば、2千人とは行かないまでも犠牲者の数を減らすことは出来たと思う。
石原都知事の発言は、「もっと早くに災害派遣要請が出されていれば犠牲者は減らせたはず」
という主旨の発言だと思ったので、「8割以上が即死だったしー」という反論はひどいと思った。
圧死だったら放っておけとでも? 倒壊した家屋の下敷きになった人は無視しておけと言うのか。
2千人が助かったかどうかわからない、しかしひとりでも多くの人命を救うことが大事なのでは?
当時の兵庫県知事、及び当時の首相村山富市氏が早期に災害派遣要請を出していれば、
6千人を越えた犠牲者の中から、一命を取り留めた人も、少なからずいたのではないだろうか?

言わなくてもいいことをわざわざ言ってしまうあたりが石原閣下が閣下たる所以だと思うが、
石原都知事の目指す東京像は明確で一貫してブレがない━━「安全な町・東京」である。
五輪招致は老朽化したインフラ整備のため、下北沢再開発も緊急災害時に備えての整備。
いつか起きると言われている第二の関東大震災に備えて安全な街づくりに励んでいるのだ。
もし東京で大震災が起きたらグズグズせずに自衛隊に災害派遣要請を出すと言っているのだ。
都民としては心強い発言であり、どこかの三流新聞が煽るように不安に陥ろうはずもない。

だから私としてはスルーしていたのだが、貝原元兵庫県知事から第二の反論である。
同じくソースは朝日ドットコムである。


前兵庫知事、「石原発言見当違い」 阪神大震災巡り反論
asahi.com 2007年04月27日11時53分


東京都の石原慎太郎知事が3選を果たした今月8日、「神戸の地震の時なんかは首長の判断が遅かったから、2000人余計に亡くなった」と発言したことについて、95年の阪神大震災時に兵庫県知事だった貝原俊民氏(73)が26日、「とんでもない見当違い」とする反論を冊子にまとめ、公表した。

「阪神・淡路大震災の教訓」と題した冊子で貝原氏は、地震直後について「県庁は通信システムや災害対策の部屋が壊れ、情報空白、交信途絶の状態だった」と説明。「自衛隊の本格出動には一定の時間が必要で、ようやく出動できる状態になったのは(県が派遣要請した)午前10時ごろ」とし、「当時の状況の中で最善の対応をしたと自負していた」と記した。

さらに、震災の教訓の一つは「都市にすべてを集中させた文明のもろさ」だったと総括。一極集中が進んだ東京について、「教訓をしっかり生かした施策が展開されることを期待してやまない」とつづっている。



おや?自衛隊は早急に偵察ヘリを飛ばし要請が来たら即時出動できる態勢だったのでは?
地震発生から5時間も経たないと自衛隊は出動の準備が整えられないのかな?
あと県が災害派遣要請を出したのは午前10時頃…それは代理で防災係長が出したのでは?
県知事や首相が災害派遣要請を出さないものだから、県名義で代理で災害派遣要請を出して、
のちにその越権行為によって左遷されたと聞くが…貝原氏が災害派遣要請を出したのはいつ?

ソースが付記されていない2ちゃんの書き込みだが兵庫県民に真実を聞きたい。


=======================================

17日

05:46 地震発生
05:50 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ発進準備。
05:50 第三十六普通科連隊(伊丹)営舎内にいた隊員約三百人による救援部隊編成開始
06:50 陸自第3特化連隊(姫路)非常呼集
07:14 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ1番機発進。高架倒壊等の画像撮影。
      出動要請がないため訓練名目。
07:30 陸自第3特化連隊(姫路)、県庁へ連絡部隊発進

08:00 官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。
08:11 徳島教育航空郡所属偵察機、淡路島を偵察。「被害甚大」と報告。
09:00 呉地方総監部、補給艦「ゆら」が神戸に向けて出港。

09:05 国土庁が県に派遣要請促す
09:40 海自輸送艦、非常食45000食積み呉出港

10:10 兵庫県知事の名で派遣要請(実際には防災係長が要請。知事は事後承諾)

13:10 渋滞に阻まれていた自衛隊第三特科連隊215人が到着。救助活動を開始。
18:00 補給艦「ゆら」が姫路港に入港。緊急物資を積載し、神戸に向かう。

19:50 兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請
21:00 兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請

=======================================


これが事実であれば、貝原氏が災害派遣要請を出したのは当日20時近くである。
自衛隊は地震発生直後から偵察ヘリを飛ばし、被災地の被害状況を調査して救助隊を編成、
7時半には出動できる態勢が整っていたが、要請がないため出動できなかったと読める。
確かに10時過ぎには代理で災害派遣要請が出ているが、それでも2時間以上のロスである。
防災係長は本来独断で災害派遣要請を出せる権限はなく、越権行為により左遷されたという。
災害派遣要請を出せる権限がある人物は、当時は県知事と首相だけであったはず。
震災の教訓は「さっさと自衛隊に災害派遣要請を出していればよかった」ではないのか?
確かに一極集中の都市部での大災害は被害甚大になるが、何のために自衛隊がいるのだ。
自衛隊は文民統制に基き文民の命令なしに独自行動を取ることは許されない。
災害レスキューのプロである彼らが迅速に出動準備を整えていたのに許さなかったのは文民。
自衛隊の行動を制限していながら「自衛隊の出動には時間がかかる」とは責任転嫁甚だしい。
上記記録に間違いがないかどうか、もしくはソースをお持ちの方は是非教えてください。


結論:社民党の阿部知子議員もそうだがコイツも全然反省してないな。

参考資料:消された声(1~6、はみ出し書き)
(画像の容量が大きいため転送されず一部表示されない場合があります、その際は再試行を)





肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。







[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-28 14:07 | 今日のニュース・雑考
<< 【電波】こうち9条の会 麻生外相、「アメだけではなくム... >>