【東京新聞】チョ容疑者はネット漬け⇒日本の若者に重なって見える
【コラム】筆洗 東京新聞2007年4月21日

カメラに向かって銃を構え、すごい形相で声明文を読み上げる容疑者。テレビから流れた映像には戦慄(せんりつ)した。米バージニア工科大学の銃乱射事件で、三十二人を射殺した韓国人学生チョ・スンヒ容疑者が、米NBCテレビに郵送してきたビデオ映像だ▼これがニュース番組で放映され、全世界に中継された。どこかで見たという既視感で思い浮かぶのは、自爆テロ犯の事前収録ビデオや、覆面で顔を隠したテロリストが、怯(おび)えた表情の人質を殺害する場面だが、私的な復讐(ふくしゅう)にまでこんな手法が使われる情報社会とは何だろう▼映像を見た同工科大学生や遺族からは「耐えられない」との批判の声が上がり、「放映は間違いだ。容疑者は公務員でもテロリストでもない。精神疾患の個人にすぎない」との専門家の指摘もあった▼NBCは「あんな恐ろしい殺人をなぜ犯したのかという疑問に、映像はある程度の答えになる」というが、他のネットワークは今後放送を自粛する▼八歳で米国に移住、中高校生時代にいじめに遭っていたというチョ容疑者が殻に閉じこもり、パソコンやゲーム浸りだったと聞けば、米国暮らしの体験がある日本人にも思い当たることはあろう。人種差別も絡んだ米国社会のいじめは半端ではない▼ネット社会の害悪に警鐘を鳴らす作家の柳田邦男さんは近刊の『人の痛みを感じる国家』(新潮社)でも、ゲームやネット依存症が“映像ドラッグ”となって子どもの心の発達を止める怖さを訴える。チョ容疑者の暴発に、日本の若者の残虐な犯罪が重なってみえる。


<チョ・スンヒ容疑者のすごい形相⇒自爆テロリスト⇒ネットを使う日本の若者>

すごい論理の飛躍だが、要するにネット社会は病んでいると言いたいだけなんですよね。

パソコンやゲーム浸りの日本の若者は大勢いると思うが(だってネット社会だしね)
あんな狂った妄想から凄惨な銃乱射事件を引き起こす可能性のある人がいるとは思えない。
妄想は妄想として、胸の内、もしくは脳内に留めて現実とは違う楽しみを見出すのが日本人。
時には妄想を現実だと思いこんでしまい、犯罪を起こす人もいるが、そんなの稀な例。
非常に稀有な例を持ち出して一般論として語るのって詭弁のガイドラインになかったっけ?
チョ・スンヒ容疑者が「韓国人として」稀有な例なのかどうか、私には判別がつきかねるが、
今回の事件は非常に稀有な例であり、パソコン・ゲーム漬けの大学生など五万といるだろう。
米国の一般的な大学生はパソコンやゲーム、インターネットをあまり嗜まないのかね?
もともとブログは米国発祥で、日本よりも実際の政治活動などに結びつきやすいという話だし、
非常にアクセスの少ない当日記にも、米国はじめ、欧州の大学からも時折りアクセスがある。
ネット浸りの社会が危険だと言うならば、日本の若者に限定しなくてもいいではないか。
時折りネット上の日本の若者の残虐な犯罪が話題になるのは、それこそ稀有な例だからだよ。
2ちゃんねるで犯罪が起きると2ちゃんねるを見ている人は全員犯罪者予備軍ですか?

柳田御大の権威を笠にネット社会を批判しているが、それより記者らしくまともな文章を書けよ。

まぁ一番の笑いどころは“映像ドラッグ”… 電人HALにジャックされた危険な社会(ww










肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-21 21:13 | 今日のニュース・雑考
<< 個人が起こした事件で民族全体の... 【韓国】障害者や末期がん患者な... >>