東国原知事「記者の聞きたいことが県民の聞きたいこと?」
東知事「定例会見必要ですか」 nikkansports.com

宮崎県のそのまんま東知事(本名・東国原英夫)は16日の定例記者会見で、会見の開催そのものに疑問を投げ掛け「定例会見って必要ですかね」「特筆すべき発表事項がないときは、なくてもいいのでは」などと持論を展開。報道陣と激しいやりとりになる場面があった。

冒頭、自ら会見について切り出した東国原知事は「記者会見というのは物事が起きたときにその都度やればいいことで、定例的にやる必要はないんじゃないか」などと述べた。

「記者側からの質問もある」と報道陣から異論が出ると「じゃあ定例会見の内容を全部(新聞に)載せてくれるんですか」「あなたたちが聞きたいことが必ずしも県民の聞きたいこととは思わない」と気色ばむ一幕も。

「必要なときだけやるか。県民の皆さんに聞いてみましょうよ」とも話したが、最後は「必要じゃないとは言ってない。やりますよ。無駄な議論はしないで進めましょう」と、この日の会見は予定通り行った。

一方、就任直後から続くテレビ出演については「出すぎ」という批判のメールが一部から届いていることを明らかにした上で「公務をおろそかにしているつもりはない。テレビ、メディアに出続けて(宮崎の)PRはしなきゃいけない」と説明した。

[2007年4月16日19時54分]



東国原知事の是非はともかく「記者の聞きたいこと=県民の聞きたいこ」とじゃない希ガス。
知事の定例会見なので県民に限定しているが、マスメディア全般に言えることじゃないかと。
記者は自分が営利企業の社員であることを忘れて自分の報道したいことを報道するようだが、
マスメディアが売る商品は情報であり、その情報には記者の思想信条という付加価値は不要。
むしろ記者の思想信条を記事にしたいがために要らぬ質問をしていると見受けられる節もある。
朝日新聞の記者が必ず総理大臣には「靖国参拝はするんですか?」と質問するあたりとか。
すると言えば叩くし、しないと言えばこれ幸いと靖国参拝はイカンという記事を書くためだろう。
どの道記者の中で結論は決まっていてその結論に導くための質問なんて記者のエゴじゃね?
例えばニートやフリーター対策とか地域格差是正の具体案とかそういう情報こそ必要では?
靖国参拝するかしないかなんて、地域に密着した、生活に必要な情報じゃないじゃん。
慰安婦問題は今や外交問題と化しているので必要だがそれでも記者の結論は決まっている。
記者が聞きたい答えを聞くための会見だったらやっぱり要らないよな、記者の自己満足だもん。
個人のブログやウェブサイトならともかくお前ら情報を売る立場の人間だろ?商売人だろう。
商売人が「これは素晴らしい商品です!」と消費者が望まない商品を押し売りしていいのか?
定例会見は必要じゃないかと思うが記者の聞きたいことしか聞かない会見は意味ないよな。

東国原知事の評価は保留にしておくが、記者にそういうことを言うなら麻生閣下並にな。
気色ばむようじゃまだまだ政治家としてはひよっこ、華麗に煽り返すかスルーできるように。








肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。

[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-16 23:42 | 今日のニュース・雑考
<< バージニア工科大学の銃乱射事件に思う 「選挙は4年に1度の定期健診」... >>