「選挙は4年に1度の定期健診」「常に斜め上を想定しろ」麻生外相
麻生太郎外相 三鷹で“太郎節”炸裂 Sankeiweb

三鷹市長選には、麻生太郎外相が現職候補の応援に駆けつけ、おなじみの“太郎節”を炸裂(さくれつ)させた。

麻生外相は午前10時過ぎ、JR三鷹駅南口で行われた出陣式に姿を見せ、「三鷹はついこの間までだれも対立候補が出ず、市長選はないという話だったが、たまにはやっておいた方がいい。こういうもの(選挙)は」とあいさつ。

さらに、「政治に関心がないのは悪いことのように言われるが、そんなことはない。政治に関心がないということは、(政治が)うまくいっている証拠で、健康な人が健康に興味ないのと同じだ」と持論を展開。「ただ、健康を考えた場合、たまには定期検診も受けないといけない。この選挙も4年に1度の定期検診だ」と、巧みな弁舌で笑いを誘っていた

(2007/04/16 03:39)



【炸裂】って…産経さん…(笑) 殲滅とか瞬殺とかと似たような語感だな。
しかし三鷹市の方々が羨ましい!生太郎のお姿を拝見して演説を拝聴できるなんて!
有楽町マリオン前で雨の中タロサの素晴らしい演説を拝聴したことが昨日のことのようです。
是非うちのほうにも来てくれ~タロサ!カモ~ン(屮゚Д゚)屮 区長選はないけれどな。
それにしても外交で多忙な最中、バイタリティ溢れる行動力ですが健康には留意してください。
次期総理大臣ですからね!多忙でお身体を壊されては元も子もありません。

もう1本タロサならではのタロサ節(?)。


北朝鮮問題、解決は可能=「いずれわれわれの世界に包含」‐麻生外相
4月15日21時0分配信 時事通信


麻生太郎外相は15日夜、都内のホテルで開かれた日中韓3カ国の有識者による「賢人会議」の夕食会であいさつし、北朝鮮による核・拉致問題について「いずれはわれわれの世界のシステムに北朝鮮を包含していかねばならない時がきっと来る」と述べ、将来は解決可能との認識を示した。
また、外相は「想定外の可能性を考慮に入れてこそ、危機が起きたときに安定した外交ができる。先行きの結果を考えると同時に、結果に至る道筋を何通りも考えておかなければいけない」と指摘した。 

最終更新:4月15日21時0分



要約すれば「常に斜め上を想定しろ」なんだが連中の斜め上を想定するのは難しい。
しかし「常に連中は斜め上のことを言うし、しでかす」と心得ておくのとおかないのでは大違い。
やはり頼もしいタロサ、「次期総理に」とは思うが外相のポストも捨てがたいんだよな…。









憧れホテルの「エグゼクティブスィート」で過ごす休日-ウェスティン朝鮮
80年の歴史を誇る ソウル「ウェスティン朝鮮ホテル」 450以上の客室のうち
僅か16部屋しかない 「エグゼクティブスィート」 80の客室、専用セダンの送迎
専用ラウンジ利用など特典も満載!泊まるニダ<丶`∀´>

[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-16 21:47 | ローゼン閣下
<< 東国原知事「記者の聞きたいこと... 麻生太郎の話題で1位???なん... >>