国民投票法案可決「むちゃくちゃ」と朝日
「むちゃくちゃ」 抗議の声相次ぐ 国民投票法案採決
asahi.com 2007年04月13日08時03分


施行60年。憲法記念日を前に、改憲手続きを定める国民投票法案が12日、衆院憲法調査特別委員会で可決された。傍聴席や国会周辺では、慎重審議を求める声があがった。

「こんなやり方があるか」「むちゃくちゃだ」。採決の瞬間、傍聴席から怒りの声が相次いだ。

00年に衆参両院に作られた憲法調査会当時から傍聴を続けてきた平和遺族会全国連絡会代表の西川重則さん(79)は「最初から、狙いは戦力を持たないと決めた憲法9条2項を変えることだった。強行採決は、その本音がついに出たということ」と語った。

同日夕、日比谷野外音楽堂で開かれた抗議集会では、共産党の志位委員長は「拙速を避けて徹底審議を求める国民の多数の声を与党は踏みにじった」と批判。社民党の福島党首も「民主主義を踏みにじり、憲法を変えるための国民投票法の成立を許してはいけない」と訴えた。

弁護士らでつくる「国民のための国民投票法を考える会」は同日、全国30カ所の街頭で実施した意識調査の結果を公表。約1800人の回答のうち「審議が尽くされていない」との答えは63%で、「審議が尽くされた」は4%だった。

改憲に必要な賛成数については、60%が「総有権者の過半数」とし、与党案の「有効投票総数の過半数」より厳しい成立要件を求めた。

    ◇

故湯川秀樹博士らが結成した「世界平和アピール七人委員会」は12日、「投票率に関係なく有効投票数の過半数という決め方は適切でない」とする声明を発表した。

民放労連も「政府や政党の思惑によって法案を拙速に成立させてしまうことは必ず将来に大きな禍根を残す」との抗議声明を出した。



私は9条2項は削っていいと思っている所謂「改憲派」なので可決自体は喜ばしい。
しかし国民投票法案が具体的にどういう法案なのか未調査なのでそれ自体には言及しない。
憲法改正に当たって国民の投票が必要だというなら民主的でいいんじゃないかと思うんだが。
それはともかく気に入らない法案の可決は「強行採決」と言う人がいるが(記者が言うなよ)
可決するに当たって多数決で決めたんじゃないのか?議長が勝手に決めたわけではあるまい。
民主主義の原則は多数決だ、公正な投票の結果を強行採決と言うのは間違っていると思う。
あと「傍聴席から怒りの声が相次いだ」と書いてあるけれど、拍手は全然なかったの?
怒りがあれば喜びもある、各々思い思いのポリティカルな志向があり、みんな内心は違うはず。
怒りの声しかなかったかのような記事を書くことで朝日の政治的志向を示しているのだろうが
報道機関として公正な報道よりも己の政治志向に基き記事を書くのは如何なものか?
この記事では反対派を押し切って賛成派が非民主的な方法で可決したかのように読めるが
どんな法案であっても投票による多数決で可否を決めているわけだからそんなのありえない。
怒りの声が飛んだことは事実かもしれないが、バイアスかかりまくりの記事にゲンナリ。

基本的にマスメディアは営利企業であり、情報を視聴者に提供することが仕事である。
その情報に信頼が置けると思った視聴者はその放送局の番組を見るし、新聞を購読する。
バイアスかかりまくりの一般庶民から乖離した感覚で記事を書くメディアは見放されて当然だ。
それをネットのせいにしたり有権者を愚民扱いすることで矜持を保とうとするのもみっともない。
国民投票法案より朝日の記事のほうがむちゃくちゃなんだがなんで長文になるんだろうね。
散歩道みたいに記事を貼り付けてひと言コメントというスタイルは性に合わないのだろうか。


***** ***** *****




ナマサプリのバストアップサプリ「プエラリア」
女性にとって理想的なボディラインとハリのあるお肌を実現するプエラリア
1粒あたり、プエラリアミリフィカ粉末を99%含有した製品化に成功しました。
高品質、高含有量のプエラリアは、できたて・つめたてのナマサプリへ。





肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。

[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-14 22:39 | 今日のニュース・雑考
<< だから民主党はダメなのだ…? 漫画・書籍の大量処分敢行 >>