漫画・書籍の大量処分敢行
春先から本棚から溢れた漫画や文庫本などの書籍を一掃したいと言っていましたが
今日ついに車を出してもらって段ボール4箱分の漫画や書籍をブックオフに売りに行きました。
出張買取では値がつかない本は引き取って頂けないのですが、店頭だと引き取ってくれるから。
大小併せて4箱分の買取にしては雀の涙ほどですが…お小遣い程度の臨時収入はありました。
査定を待っている間に店内のCDコーナーを見て「グラン・ローヴァ物語」のCDに惹かれたり。
何はともあれ部屋の中というか本棚がずいぶんスッキリして気持ちが軽くなりました。
テニスの王子様とかBLEACHとか最初は面白いと思って単行本を買い続けていたんですよ…。
しかし連載が長期化して、美形キャラや敵キャラがインフレ化して行くうちに情熱が冷め…。
単行本を買うのも途中でストップして、読み返しもしなくなり、ただの場所を取るコミックスに。
そういう漫画本や、面白そうだと思って買った文庫本や書籍で面白くなかった本、全部サヨナラ。
一時の気の迷いで買った最遊記もさようなら~…一体いくら本につぎ込んでいるんだか。
部屋の窓が南向きで家主がヘビースモーカーなため、本が紙焼けやヤニ焼けしやすい環境。
大事な本は、ハンズで売っている透明ビニールカバーをつけて汚れや焼けから防御しています。
西村画伯の単行本なんかみんなビニールカバーつきだぜ!あと車輪さんとか韓国系の本。
本は計画的に買いましょう!…特に少年漫画は長期化すると途中で情熱が褪せるので要注意。
A5版だけあって、普通のコミックスサイズのビニールブックカバーを持っていないのですが、
ハチクロやDEATH NOTEを保護するために、今度ハンズに行ってコミックスサイズを買おう。
つや消し加工の本は好きなのですが(キラキラテカテカ苦手)、汚れを吸いやすいのが難点です…。
洋服にしてもそうですが、処分することのないように、計画的に買わないといけないですね。








肉体的・精神的に鍛える! 韓国海兵隊体験入隊
韓国では社員教育の一環として高く評価されている驚きの研修が存在しているのです。
その名は「韓国海兵隊式訓練」。
耐力やチームワーク、今まで以上の自信を身につけることができます。

[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-04-14 18:57 | 読書・漫画・TV
<< 国民投票法案可決「むちゃくちゃ... SKECHERS!バイカースト... >>