来週は「ウォーターボーイズ」!/地球大進化
絶対見るのです。標準録画。
金曜だったか土曜だったか忘れましたがテレビ雑誌でチェックをぬかるな!
今から「ヘーイヘイヘイヘーイヘーイ♪」と鼻歌を歌う私です。

昨日はNHKスペシャル「地球大進化」の3回目を見ました。月1シリーズです。
3億数千年前、水中から陸上に上がった生物の姿なんて、想像の範疇でしかありません。
科学者達も、化石やそれ以前の科学者達の研究の成果から推測を重ね、仮説を立てることは出来てもそれを実証することは出来ない。
それだけ遥かな時の彼方の出来事。
それでも確実に、現存しない不思議な形の化石から、今の多様な生態系へと生物は進化を遂げて行ったのですね。
悠久の時の流れの中では人間なんてちっぽけな存在。
でも生命の歴史は奇跡のような環境への適応・進化によって、生物黎明期から現在へと途絶えることなく続いている。
すべてが地球に生まれ、地球に育まれ、時には地球に滅ぼされ、しかし地球に支えられて生き続けている。
私達人類が死に絶えた後も、地球が死なない限り、生物は新たなる進化を模索しながら生き続けるのでしょう。
ちっぽけだからこそ、私はその命をあらん限り燃やし尽くして生きたいなぁ。
短い命、せこせこ生きるのは勿体ない!

ちょっと引っ掛かった箇所は…
語り手が、私達の祖先とされる魚を「弱い生き物」と連呼していたことでしょうか。
もっと大きな魚に捕食される立場(変な言い方…)だからと言っても、自分よりも小さな魚を捕食しているわけだし、微生物・プランクトンを食べるのも「他の命を奪って生きる弱肉強食の世界」。
生態系はそういった食物連鎖のバランスの上に成り立っていて、その中ですべての生き物が命で命を支えあっているのだと思うんです。
「弱者」という言葉を騙るな、利用するな、騙されるな、と常々思っている私はそんなところに引っ掛かったのでした。

NHK受信料、「見ていないから払いません」と言ってバックレるのは流石に良心が咎める。
かなり他所の世帯よりもNHK放送の世帯内視聴率は高いと思うから…。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-06-27 23:57 | 読書・漫画・TV
<< 私事(わたくしごと)/勝手に滅... タイミング悪すぎて涙。。。 >>