少年法改正案、大いに賛成
少年法改正案、初の衆院委審議 廃案・継続審議重ねる asahi.com
2007年03月23日10時48分


14歳未満の少年について、警察の調査権限を強め、少年院送致を可能にする少年法などの改正案が23日、衆院法務委員会で審議入りした。法案は05年の通常国会に初提出されたが廃案になり、再提出された後も継続審議を繰り返しており、実質的な審議は初めて。日本弁護士連合会などが「少年の更生に必要な福祉・教育の手当ての妨げになる」との考えから反対し、民主党は大幅修正を求める方針だ

法案は、現行法では14歳以上に限られている少年院送致の年齢の下限を撤廃し、家裁が必要と認めれば少年院に送致できるようにする。保護観察中の少年が順守事項を守らない場合に少年院に送ることも可能にする

刑事責任を問えない14歳未満で違法行為をした「触法少年」や、将来罪を犯すおそれのある「虞犯(ぐ・はん)少年」の事件について、警察が質問などの調査をできる権限を持つことを明確にする。触法少年の事件については、押収・捜索などの強制処分ができる権限を警察官に与える

現行法では、14歳未満の少年が法に触れる行為をしても、補導して任意に事情聴取することしかできず、被害者らから「事件解明に不十分だ」との批判があった。長崎市で03年に起きた中1男子による幼児殺害事件や、長崎県佐世保市で04年に起きた小6女児の同級生殺害事件など、14歳未満の少年による事件が相次いだことが、今回の改正の背景にある

日弁連は「今回の法案は、事件を起こした子供を『育て直す』機能を大きく低下させる」と反対する。民主党は、少年に警察が質問する時に弁護士らを立ち会わせることや、児童相談所の体制整備などを求める修正案を協議中だ。



少年法自体がもう時代背景から大きく乖離した旧法ですしねぇ。
もとはと言えば戦後、貧困ゆえに犯罪に走る少年たちの保護・更生のために作られた法律。
貧困ゆえの少年犯罪など現代日本では滅多に起こり得ない珍奇な犯罪の部類に入るだろうし、
そんな時代遅れの法律はちゃっちゃと変えていいのではないかと。

快楽犯罪、衝動犯罪を起こす少年なんか少年法で守らなくていいと思います。
少年法という防御壁に守られながら犯罪を起こす奴の更生なんか土台無理ですよ。
悪いことをしたら警察に捕まる、そう子供にきちんと教えるほうが先ではないですか?
いざ犯罪が起きて被害者が出てしまってから少年法で保護なんて無茶苦茶。

悪いことをしたら、人を殺したら、警察に捕まって刑務所に入ります。
親や教師はそのへんのことをきちっと子供に教え込めよと言いたい。


保守工房 atelierasuka あなたのおっしゃるアジア アジア 櫻井よしこ Tシャツ マグカップ 特定アジア 保守 保守思想 右翼 右派 左翼 左派 リベラル 政治 言論 論破 韓国 中国 麻生 自民党 民主党 公明党 共産党 政党 正論 諸君 嫌韓 嫌韓流 論争 桜井よしこ おっしゃる 時計 デザイン ニュース 


[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-03-23 20:16 | 今日のニュース・雑考
<< 【都知事選】混迷民主党、松沢氏... あなたのおっしゃるアジアって… >>