麻生太郎外務大臣、永年在職表彰(動画あり)
我らがローゼン閣下こと麻生太郎氏が永年在職表彰を受けました。

麻生太郎公式サイトのきょうたろう2007年3月20日分にスピーチがうpされていました。


きょうの衆議院本会議で、議員在職25年の表彰を拝受致しました。
これも、地元選挙区をはじめ、長きに渡り、支えて下さった多くの皆様のお陰と、衷心より感謝申し上げます。
以下、きょうの本会議で申し上げた御礼を掲載させて頂きます。


ただいま院議をもちまして、在職25年の表彰を忝なく致しました。議会人として大変光栄な事と存じ、心より御礼を申し上げます。
過ぐる四半世紀、変わらずこの麻生太郎を支援して下さった地元選挙民の皆様、何かとご教示を下さった党内外の諸先輩並びに同僚諸氏に対し、心より御礼を申し上げます。身辺を支えてくれた秘書と家族の者にも、この際礼を忘れるべきではありますまい。
本来ならば、この壇上に私と同様の選挙経歴をもって、永年在職の表彰を受けるべき亀井善之先生の姿があるところでした。志半ばにて昨年急逝された亀井善之先生の御霊共々、本日同僚議員の皆様に改めて、御礼申し上げます。
さて、脳裏に浮かびますのは、二期目を終えた昭和58年の選挙において、落選した思い出であります。この年、私は結婚をいたしました。それが11月の3日。翌12月18日の選挙で落選いたしましたから、新婚一月半で亭主は無職と、あいなりました。
なぜか支持者は深刻ぶるでなし、むしろ落ちるも一興と、これを楽しむ風情すらあったものですが、私はかなり落ちこみました。
そんな時です、東京で田中角栄先生とバッタリ、御目にかかりました。
「オイ」と先生は単刀直入でした。「お前、何で落ちたんだ。何票足りなかったんだ。」と、例のダミ声で矢継ぎ早に聞かれました。「それで一体何票取った」と聞かれますから、「75,412票です」と答えました。「再下位当選は何票だ」と畳み掛けます。「共産党の候補者が78,090票で滑り込みました」と答えますと、「いいか。お前はその差、8万人分の2,678人分だけ変わればいいんだ。おまえに欠けているのは、たったのそれだけだ。分かったか。当選したら皆良かった、落選したら全てが悪かった、そんなバカな事があるか。分かったか・・・・」
電流に撃たれた心地でした。あまり合理的な話ではありませんが、私を納得させる説得力がありました。私は、政治家として、本物たるべしの自覚を持つに至りましたのは、この時であります。3%ぐらい変われば良いんだと考え、以来、本来の自分を忘れずに、雪辱を期し二年半後、昭和61年の総選挙では、当時の選挙区新記録の134,179票をいただき、首位で返り咲くことを得たのであります。
以来、今日まで連続当選を重ねてきました。初当選当時、石炭鉱害の弊害を、話の冒頭、枕詞に上げねばならない程、私の地元、筑豊は疲弊いたしておりました。
しかし、今日お陰様で、我が国で初のIT学科を有する国立九州工業大学の地元誘致を契機に、そこで育成された地元の優秀な人材と高い労働意欲をもつ人材を求めて、今日では九州トヨタをはじめ、ニッサン、ダイハツなどの自動車産業の企業進出がはかられ、結果として、福岡県は自動車生産量で、愛知県に次ぎ全国第2位になるまで、その経済力を回復させるところまでまいりました。
私は、今後とも、地方経済の成長なくして日本の元気は回復しないし、その底力が日本にはあると、確信して活動して参ります。
日本の将来に明るさを見、未来に自信をもって、政治家として、変わらぬ精進をしてまいることをここにお誓い申し上げ、謝辞とさせていただきます。有難うございました。



実に名文、漫画しか読まないと言われていますが品性と教養あっての麻生太郎なのです。
永年在職表彰、誠におめでとうございます、今後のさらなるご活躍を願って止みません。

このスピーチがようつべに早速うpされていましたが、やはり太郎は話術の天才!笑いの渦!

20070320 衆議院本会議 麻生太郎永年在職議員表彰謝辞
http://www.youtube.com/watch?v=Bpl30dXPQuI

ぴんと伸びた背筋に燕尾服がよく似合う太郎が壇上に上がりスピーチを始めると…
が、締めるところはしっかり締める、やはり太郎は天性の品格と知性を持ち合わせています。
日本の底力、総裁選の頃からずっと言い続けています、日本にはすでに底力があるのだと。
古き良き伝統を慈しみ大切にし、革新すべきことは革新してきた、そして今日の日本がある。
「美しい国を目指しましょう」ではなく、もう日本には素晴らしいもの・文化がたくさんあるのだと…。
日本人自身は気付かないが、日本は世界から愛される素晴らしい文化を持った国なのだ、と。
それでもまだまだ良くして、変えて行けるところはある、と実現できる未来を語る太郎。

日本の顔となる総理大臣、安倍総理の後はこの人しかいないと思います。

a0027061_31532.jpg


保守工房 atelierasuka あなたのおっしゃるアジア アジア 櫻井よしこ Tシャツ マグカップ 特定アジア 保守 保守思想 右翼 右派 左翼 左派 リベラル 政治 言論 論破 韓国 中国 麻生 自民党 民主党 公明党 共産党 政党 正論 諸君 嫌韓 嫌韓流 論争 桜井よしこ おっしゃる 時計 デザイン ニュース 


[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-03-22 02:40 | ローゼン閣下
<< 西伊豆堂ヶ島温泉旅行の写真UP 全学連の老兵「国民投票法案廃案... >>