今さらなんだが韓流ブームが失敗した理由(わけ)
知人が嫌韓史を書いているのでそれを読んでちょっと思ったことを。
前提として、私は嫌韓に分類されないらしい(知人曰く)、ということで。

日韓友好年・韓流ブームなどの「仕掛け」はことごとく不発に終わりました。
インターネットではすでに今で言う嫌韓というジャンルは確立されていましたが、
ブームに乗りやすい日本人がその仕掛けに乗ってみても「当てが外れた」とか
かえって嫌韓(感情)になってしまった理由はなんだろうと考えてみますと、
韓国に罪があるわけではなく、「仕掛け」側が戦略を誤ったのではないかと。

日本と韓国は、文化も価値観も国民性もかなり違いがあります。
日本人から見れば眉をひそめるようなことも、韓国ではよくあったりします。
それは文化や価値観や国民性の違いなのでどちらが悪いという問題ではないのですが、
そういった前提知識がない日本人が淡い夢を見て韓国に訪れたら「何これは…」と
期待して行った分、落胆も激しかろうということは想像に難くありません。

1)悪い言葉を投げかけられてから、良い言葉を投げかけられる。
2)良い言葉を投げかけられて、また良い言葉を投げかけられる。
3)良い言葉を投げかけられてから、悪い言葉を投げかけられる。

よく知られる心理学のお話ですが、相手に対する好感度は、上から高い順です。
イイコトだけ言うよりも先にちょっとイジワルしておいたほうがいいということでしょうか。
まぁこの事例自体が信用に値する事例なのかどうかわかりかねますが、説得力はあります。
(今はニセ科学を駆逐しようとかそういう運動が盛んなので不確定要素としておく)

で、広告代理店などが仕掛けた韓流ブームとそれに乗った人というのは
ぶっちゃけた話、3)の最悪感情パターンの典型なのではないかと思います。
韓国(人)は素晴らしい!韓国(人)は素敵だ!と言われて韓国に行ってみたのに
実際には見るべきものもあまりなく、文化の違いに吃驚仰天して「もう二度と行かない!」
何も韓国まで旅行に行かなかった人も、このパターンを踏襲したと思われます。
マスコミが盛んに韓国韓国と宣伝するからちょっと見てみたけれど…えぇ?
なんか韓流ドラマって古臭い、みんな同じようなものばかりで見分けがつかない。
もちろん喜んで韓流ドラマを見て韓国人俳優や女優にウットリしていた人もいるでしょう。
しかしそういう方々はマイノリティであったと、現在の状況が説明してくれています。
また日の丸を燃やしたり食ったり、自分に火をつけたりする反日デモを見て
愛国心以前にその振舞いにドン引きした方々もいらっしゃったことと思います。
韓国人にとっては当たり前の許容できる韓国人らしい行いが、日本では引かれたのです。
これは、韓国(人)の文化、価値観、国民性が、日本(人)とまるでかけ離れている、
ということを事前に前提知識として国民に広めなかった「仕掛け」側の落ち度。

そんなわけで盛んに韓流韓流と宣伝すればするほど日本国民は冷めて行ったわけです。
またインターネットで情報が簡単に仕入れられる時代、嫌韓サイトに辿り着くことは容易い。
従軍慰安婦の嘘や、在日朝鮮人・韓国人の年金未納(でも寄越せ)問題なども目に入ります。
期待したほどじゃなかった…と冷めたところでそれを見たら、「何が韓流だよバカバカしい」
という韓国に対する悪感情や、白々しい「友好」に対する蔑視感情が芽生えるのは容易い。

韓国人と仲良くしよう!日韓友好!という呼びかけの中には、
「日本人と韓国人は隣同士だし文化も似ている、絶対に仲良くなれる」
といった文面も見かけられますが、実際は全然似ていない。

最初から、韓国人の文化、価値観、国民性を告知すべきでした。
日本とは隣同士だがこんなにも文化、価値観、国民性が違う、ということを。
韓国人の文化、価値観、国民性は、普通の日本人には受け入れ難い部分もありますが、
それを踏まえた上で民族交流、異文化交流を楽しんでみませんか?と仕掛ければ、
「おっしゃ、どんなもんかいっちょ行ったるかい!」という豪傑が乗ったでしょうし、
「日本とはずいぶん違うけれど韓国もいいわね」という感想を持つ方が増えたかもしれません。
「思っていたより悪くないわね」、つまり、1)のパターン、これなら逆に韓国ファンが増えたかも。
要は、韓国を美化しすぎた、日本人が眉をひそめるような国民性は無きものとして。
それが韓流ブームの失敗だったのかもしれないと愚考致しました。

異文化交流は難しいです、価値観のまったく異なる相手との交流ですから。
そのへんをうっちゃって韓流ブームを仕掛けた広告屋やマスコミが悪い。
例えば犬鍋、調理過程におえっと来るものがありますが、あれも文化だしな。
どの程度、異文化を許容できるかどうかが異文化交流の肝かもしれない。
ちなみに私は日本から出る気はないし、東京から出る気も毛頭ありません。
枕が替わると眠れないようなタイプの人には異文化交流は無理ですね、うん。

そういう私の韓国に対する認識は、「いろいろと迷惑な国だ」ですね。
趣向を凝らした反日パフォーマンスは楽しいのでどんどんやってクレ!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-02-26 00:00 | 今日のニュース・雑考
<< 日の丸・君が代シーズン到来 海外日本食優良店調査・支援事業... >>