国会って何をするところ?/社民党・保坂展人議員の暴言
血税がこんなことに費やされると思うとアチャーである。

「少子化対策省」の新設を否定 安倍首相 Sankeiweb

参院厚生労働委員会は15日午前、柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言を受け、安倍晋三首相らが出席し、少子化問題に関する集中審議を行った。首相は、少子化対策を専門に行う新省庁を設置する是非について、「少子化対策は内閣の総力をあげて省庁横断的に取り組むものだ。少子化対策は働き方の見直しなどの労働行政、福祉行政、教育行政など多岐にわたる」と述べ、否定的な考えを示した。

また、首相は柳沢厚労相の発言について「女性の心を傷つけるもので私からもおわびする」と改めて陳謝し、厚労相の進退については「厚生労働行政を進めることで国民の信頼を得られるよう全身全霊を傾けて職務を全うしてほしい」と、辞任させる考えのないことを強調した。

一方、民主党の千葉景子氏が今国会の施政方針演説で安倍首相が「子供は国の宝」としたことについて、「子供は経済や年金のために生まれるのでない。子供は国のために生まれるという発想があるのではないか」と批判したのに対し、安倍首相は「地域や社会やみんなで応援していくという意味で使ったので、間違っているとは思わない」と反論した。

(2007/02/15 12:01)



子供は国の宝…普通に「子宝」と言ったりしますよねぇ。
子宝を授かる、子宝に恵まれる、などなど普通の慣用句ですよねぇ…。
逆に子供が生まれなくて困っちゃっているから国をあげて少子化対策に取り組んでいるのでは。
シビアな話、経済や年金も絡むだろうが、基本的に子供は国の宝だろ、未来の担い手だもん。
未来の担い手がいなかったら国が滅んじゃうんですが、民主党はそれでいいの?
というかこの発想では「子宝」同様「人間国宝」もダメだよな。

アホくさ…としか言いようがない。
子宝という言葉は子供は宝のように大切なものだ、という意味でねーの?
子供を見捨てるような国より宝のように大切にしたい国のほうがいいじゃん。
こんなアホな批判にまで答えなきゃいけない安倍っちカワイソス。


では民主党は子供をなんと呼んでいるのかというと。


民主党「次の内閣」厚生労働部門 ~民主党の政策提言~
1.小児医療の現状と認識
子どもは国の宝」「チルドレン・ファースト」という視点から、
民主党は子どもの安全や子育て支援について最優先課題として取り組んでいる。

http://www.dpj-tokushima.jp/sengoku/syouni-setumei.html

民主党:がん対策、小児医療、患者の権利重視で、医療3案を衆院に提出
「小児医療提供体制の確保等のために緊急に構ずべき施策の推進に関する法律案」は
子どもは国の宝」「チルドレン・ファースト」という視点から、国民が望む小児医療体制の
提供が急務という考えの下、「小児医療提供体制の確保は、
国と地方公共団体が連携して取り組むとともに、国による財政上の支援その他の
必要な支援の下に行われなければならない」と明記。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=6113

第164回国会 本会議 第20号(平成18年4月6日(木曜日))
民主党の郡和子でございます。提出者として、園田議員の御質問にお答え申し上げます。
なぜ小児医療に絞った法案の提出かという御質問でございました。
子供は国の宝、チルドレンファーストという視点に立って、民主党は、
子供の安全や子育て支援について特に最優先課題として取り組んでいるところでございます。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000116420060406020.htm
民主党 郡和子 公式サイトhttp://www.koorikazuko.jp/



なんだ、千葉景子議員は自党批判したのか…。
自党の方針に異議があるならさっさと離党しろよって話だ。

繰り返し訊ねてしまうが国会とは何をするべき場所なのだろう。
有権者から選ばれた国会議員が国政を審議する場所ではないのか?
こんなことばっかりしているなんて信じたくないよママン!


ちなみに以下は社民党・保坂展人議員のブログの文章に怒ってmixiでUPした日記。


*********************************

  柳沢大臣の失言(?)で野党が徹底糾弾の姿勢を崩さない最中
  私は柳沢大臣の当初の発言には比喩の不味さがあったとは言え、
  彼の言っていることが別に変だとは思わないので柳沢大臣に同情する。
  …と言っても徹底糾弾側の野党が次々自爆して行くのがなんともはや…。
  さんざんマスコミが恣意的なトリミングでお膳立てしてあげたというのに
  手前の失言で自爆していちゃ世話ない話である。

  しかし福島瑞穂の「埋めたい」は馬鹿馬鹿しく笑える自爆だったが、
  保坂展人の「子なし夫婦は不健全なのか?」は気分が悪い自爆だった。
  「健全じゃなきゃ不健全なのか?」はガキ並の思考回路で済む話だが、
  子宝に恵まれなかった安倍総理夫妻を愚弄したことは不愉快極まりない。
  何らかの理由で子宝に恵まれなかった夫婦はその点気の毒ではあるが、  
  子宝に恵まれなくても夫婦仲良く暮らして行くという幸せもある。
  そんなことは柳沢大臣とて分別ある大人なのだから百も承知であろうし、
  これから結婚して子を産みたいと願っている若者一般の希望を叶えたい、と
  少子化問題を担当する厚生労働大臣として意思表明したに過ぎない。
  それを我田引水で「では子なし夫婦は不健全か?」と言い掛かりをつけ
  実際に子宝に恵まれなかった安倍総理夫妻を批判の道具にした。
  子を産む気がない私には子を授かれなかった夫婦の苦悩はわからないが
  昭惠夫人も若い頃は子宝に恵まれないことに悩んでいたかもしれない。
  夫人だけではなく総理も悩んでいたかもしれない、夫婦だもの。
  齢を重ねるにつれ、2人仲良くやって行こうと心落ち着けたのではないか?
  出生率が低下している、若者が子供を産みやすい環境作りが必要だ、と
  総理としてもこれから家庭を持つ若者には期待しているであろう。
  自分が子宝に恵まれなかった分、若者に子沢山の家庭を築いて欲しいなぁ
  なんて思いももしかしたらあるかもしれない、次世代への期待ってやつか。
  私はその意向に添えないが、次世代へ期待したい心は汲み取れる。
  だが阿部知子議員といい、社民党の連中は平気で人の心を踏み躙る。
  何が「子なし夫婦は不健全なのか?」だ、けったくその悪い話。

*********************************


以上も千葉景子議員から見れば噴飯物の文章であろう。
ちなみに保坂展人議員の元の文章は以下のようなもの。

保坂展人のどこどこ日記 2007年2月6日より

またまた出ました柳沢厚労大臣の「第二発言」。今朝の閣議後の記者会見で、「女性は産む機械」発言のお詫びを述べつつ「職務を全うしたい」と続投宣言をした。今後の少子化対策について「結婚し2人以上の子どもを持ちたいというきわめて健全な希望にフィットする政策を考えいかなければならない」とポロリ。「結婚・子ども2人希望が健全」という「健全」という言葉にひっかかる。「健全」があるからには「不健全」が存在することになる。「子どもをつくらない」「いらない」「つくることが出来ない」のは不健全なのか。

(発言内容)

家庭を営み、子どもを育てるということには、人生の喜びがあるんだという意識の面で、自己実現といった広い範囲で、若い人たちがとらえることが必要だと思う。他方、ご当人の若い人たちは、結婚をしたい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけです。そういう若者の健全な希望に、我々がフィットした政策を出していくということが大事だと思っている。(朝日新聞より引用)

「健全」「健全」と2回も出てくる。「若い人たちが結婚して2人以上の子どもを持ちたい 」という願望を持つことが「健全」だというなら、政界では若手だが世間では中年の(私も同世代と断っておく)安倍総理は「夫婦ふたりで子どもなし」は「不健全」ということにならないか。また、身体に障がいがあるがゆえに子どもを持つことが出来ないカップルはどうなのか。また、病を得て子を産むことの出来ない女性はどうなのか。



持ちたいという願望が極めて健全だからといってそうでない人は不健全とは言っていない。
ましてや持ちたかったが持てなかった夫婦を不健全だなんて誰も言っていない。
とにかく柳沢大臣の発言に難癖をつけるために、実際に子宝に恵まれなかった安倍総理夫妻を
名指しで批判の道具に利用するとは外道にも劣る輩だとコイツ(保坂展人)には言っておきたい。
擁護するふりをして愚弄するやり方は、直球の田中真紀子の「種無し南瓜」より悪質である。


話が逸れたが、とにかく真面目に仕事してくれ…野党議員の皆さん…。
国会は学級会じゃない!「安倍くんが酷いこと言いましたー」じゃねぇよ!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-02-16 21:23 | 今日のニュース・雑考
<< ノリノリ日中外交 六者協議…誰が孤立しているって? >>