平成ええじゃないか納豆(すげー適当なタイトル)
<番組ねつ造>「あるある」に消費者から怒り
[ 01月20日 21時02分 ] 毎日新聞



 それはうそだった。フジテレビ系列で7日放映の「発掘!あるある大事典2」が紹介した「納豆ダイエット」。番組を制作した関西テレビが20日会見し、効果の根拠としたデータや専門家の発言に、多数のでっちあげが含まれていたことを明らかにした。番組放映後、スーパーでは売り切れが相次ぎ、メーカーは増産に追われて新聞におわび広告を出した。「毎日食べていたのに」。消費者からは怒りの声が上がった。

 関西テレビで発覚した番組のねつ造に、納豆の増産態勢をとってきたメーカーは「振り回された」と憤りを隠さない。

 ◇「信じていたのに」…消費者

 東京都江東区の大手スーパーで買い物していた団体職員の女性(41)は番組のねつ造を知り「今日も買いに来たんです。信じていたのに」と絶句した。以前は月に数回食べる程度だったが、番組で「1日2パックを毎日食べ続けて」と聞き、その通りにしていた。「でも体重が減らないからおかしいと思っていた」

 午後6時半ごろ納豆が完売した横浜市中区のスーパーで、最後の5パックをまとめ買いした同市磯子区の会社役員の男性(65)。放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、会社帰りに毎日買いに行かされた。「いい迷惑。テレビ局はいいかげんにしてほしい」。怒りは収まらない。

 同市中区の30代の主婦は放送後に突然、納豆が買えなくなり、3店ほど探し回った。「バランスよく食べることを心がけているので、『1品だけを食べ続けると効果がある』というのは変だと思っていたが、やっぱり……」と話した。

 番組を見て「納豆ダイエット」を続けていた東京都江東区の主婦(59)は「2週間で効果が出るという説明だったので、頑張って食べていた」という。手ごろな値段だったのでやりやすかった面もある。「この番組では、前のダイエットの食品を忘れるころに別の食品のダイエットが紹介される。以前に放映されたチョコレートも寒天も試してみたがやせず、他の方法までもうそに見えてくる」と不信を募らせる。

 ◇「納豆にマイナス」…メーカー 

 創業118年の老舗「笹沼五郎商店」(水戸市)の笹沼隆史社長(63)は「ここ1週間~10日間ぐらいは通常の倍の売り上げがあった」と言う。ねつ造を知り「納豆を口にしなかった人たちが納豆に関心を持ってくれたと喜んでいたのに。番組に振り回され、伝統の積み重ねで得てきた信頼が損なわれないか心配だ」と語った。

 「くめ・クオリティ・プロダクツ」(茨城県常陸太田市)でも放映後、通常の倍の注文を受けて増産していた。「ダイエット効果を検証し、新商品も考えていただけに残念。納豆は歴史のある栄養食品。今後『納豆にはあまり栄養がない』という見方をされることが怖い」という。

 大手納豆メーカー「タカノフーズ」(同県小美玉市)は品薄で「小売店や消費者に迷惑をかける」として全国紙におわび広告を載せた。担当者は「正直言って、テレビで放映されて良かったという声は社内では一つもない」と打ち明けた。

 納豆、調味料メーカー「ミツカン」(愛知県半田市)では納豆の売れ行きが通常の3倍となり、工場のフル操業でも生産が追いつかず、苦情が相次いでいた。広報担当者は「番組をきっかけにわっと騒がれたと思ったら、今度はこの騒動。納豆は体に良い要素もあるのに、これでは納豆にマイナス」と話した。【三木幸治、山本将克、安達一正】



今に限らず昔からりんごダイエットとかゆで卵ダイエットとかいろいろあったそうですね。
白いんげんマメ騒動も記憶に新しいですが、テレビの健康番組に踊らされすぎではないか。
エキサイトブログのTOPにも豆乳ダイエットクッキーの広告が表示されますが、
あれもそのクッキーだけ食べ続けていて飽きないのだろうか、それ以前に偏っているけれど。
納豆が…というかネバネバした食べ物が身体にいいことは一般的によく知られています。
オクラやとろろ芋は大好きだし、納豆もたまに食べると美味しい、毎日の食卓には乗りませんが。
体内バランスを上手く整える、という意味では、健康的なボディの維持も期待できますね。
しかしそれ単体で食って痩せるかっちゅーと、それはありえないだろと本能的に思うわけです。
昔からバランスの良い食事と無理のない適度な運動が肥満を防ぐと言いますよね。
食事が過剰に一品に偏った時点で、もうバランスのいい食事とは言えないと思うのですが…。
70の大台に手が届くかという時点で女として危機感を感じて減量を決意し、今は49kgを維持、
25インチのジーンズを余裕ではいていますが(一方で「痩せ杉」とも言われている)、
15kgの減量に成功した痩身専門店では「これだけ食べれば痩せる」なんて言われなかったぞ。
炭水化物に偏った食生活の改善と、ビールよりも焼酎やワインを、という指導は受けたが
毎日の食べ物記録を義務付けられてあれこれ言われるというウザいシステムじゃなかったし。
時間をかけて大量減量に成功して今も維持している私にすれば、心がけ次第なんだなーと。
「ほんの少しの心がけ」を根気よく続けるのがリバウンドしない減量の秘訣かな?
別に、たまには甘いものが食べたいなーと思ったら、お菓子やケーキを食べてもいいんです。
ガッツリ肉が食いてぇー!と思ったら、我慢しないで焼肉屋に行ってカルビ食ってもいいんです。
減量に大切なことは、減量でストレスを溜めないことと、ほどほどの甘やかしですから。
自分を甘やかすことは、一概に悪いことではないんです、甘やかし放題ではいけませんが。
「ラーメンの海を泳ぎたい~」と夢想するほどつらい食事制限をする必要はないんです。
過度の自己抑制は、リバウンドによる暴発を呼びやすいですから。
カロリーの高い食べ物を食べたら、そのあとバランスを整えるために素食にすりゃいいんです。
納豆単体って健康にはよくてもそこそこカロリーあるんじゃないの?よく知らないけれど。
なんで毎日納豆2パック食べたら必ず痩せると信じられるのか不思議でたまらない。
毎日朝飯には納豆だぜ!という人ならともかく、ダイエット目的で1日2パック食うって…。
そりゃー痩せないだろうと冷静に考えればわかりそうなもんなのになぁ、イマイチ同情しにくい。


>東京都江東区の大手スーパーで買い物していた団体職員の女性(41)は
>番組のねつ造を知り「今日も買いに来たんです。信じていたのに」と絶句した。
>以前は月に数回食べる程度だったが、番組で「1日2パックを毎日食べ続けて」と聞き、
>その通りにしていた。「でも体重が減らないからおかしいと思っていた」

減るわけないだろう、信じるな。


>午後6時半ごろ納豆が完売した横浜市中区のスーパーで、
>最後の5パックをまとめ買いした同市磯子区の会社役員の男性(65)。
>放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、
>会社帰りに毎日買いに行かされた。「いい迷惑。テレビ局はいいかげんにしてほしい」。
>怒りは収まらない。

この人は怒ってもいいと思うけれど、まず妻と娘にアホらしいと言ってやってよかったのでは。


>番組を見て「納豆ダイエット」を続けていた東京都江東区の主婦(59)は
>「2週間で効果が出るという説明だったので、頑張って食べていた」という。
>手ごろな値段だったのでやりやすかった面もある。
>「この番組では、前のダイエットの食品を忘れるころに別の食品のダイエットが紹介される。
>以前に放映されたチョコレートも寒天も試してみたがやせず、
>他の方法までもうそに見えてくる」と不信を募らせる。

だからそんな単品ダイエットじゃ痩せないから信じるな。


>「くめ・クオリティ・プロダクツ」(茨城県常陸太田市)でも放映後、
>通常の倍の注文を受けて増産していた。
>「ダイエット効果を検証し、新商品も考えていただけに残念。納豆は歴史のある栄養食品。
>今後『納豆にはあまり栄養がない』という見方をされることが怖い」という。

>納豆、調味料メーカー「ミツカン」(愛知県半田市)では納豆の売れ行きが通常の3倍となり、
>工場のフル操業でも生産が追いつかず、苦情が相次いでいた。
>広報担当者は「番組をきっかけにわっと騒がれたと思ったら、今度はこの騒動。
>納豆は体に良い要素もあるのに、これでは納豆にマイナス」と話した

大丈夫!納豆に非はないし、これからも納豆を食べたい時には食べまーす!
納豆オクラ大好きですし、日本の伝統食・納豆のよさは「あるある」なんかで崩されません!
今回の一番の被害者は製造メーカーと、以前から毎日納豆を食っていた人だな。


ちなみになんで体重がそんなに増えたのか…精神的なものじゃないかという指摘あり。
もともと甘味は苦手で少食なんですが、ストレスがたまるとビールをカブ飲みしていたからなぁ。
すきっ腹にビールを飲むと、頭も朦朧とするし太るし、いいことないです、ホント。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-01-21 19:11 | 今日のニュース・雑考
<< あの頃の私 ほんの少しの勇気と自信 >>