プロのご指導賜る
こちらのエントリーのイラストがこそこそ差し替えられているのにお気づきでしょうか?

CG加工のスペシャリスト2名からフォトショの使い方を教わっています。
1名は絵も描かれますので具体的な画力向上指導も…正月特訓はこの方からの提案。
CG絵って嫌いなんです、なんかキラキラテカテカしていてCG駆使したぜー!って感じの。
そのせいでCG加工の素晴らしさや可能性を説かれても、それまでの自分が否定されるようで
素直にありがたい指導(プロからタダの指導だ)に頷けず随分両名をてこずらせました。
エロゲ塗り、ギャルゲ塗りも私には気持ち悪いとしか思えなかったし…。
しかし別にCGっぽい塗り方をしなくてもいいんだ、結局は本人の画力なんだ、と言われまして
妙にテカった塗り方じゃなきゃダメということもないし、私が画力向上に頑張ればいいんだ、
と思えまして、やっと素直にありがたい指導に感謝し頷くことが出来ました。
お二方とも吸収力の早さ(加工技術の上達の早さ)は誉めてくださっています。
自分でいろいろ頑張っている部分ももちろんありますが、やはりプロの指導は強力です。
そんなわけで、一番最初の彩色と、現在最新版の彩色を実際に見比べて頂こうと思いまして…。
最初の彩色の時はブラシの設定が狂ってしまって(今は直せる)悲惨なシロモノでした。

a0027061_1483049.jpg





































背景が合わないと言われたので分子構造を貼り付けて、別レイヤーで背景のみ彩色。
あと「髪の毛1本1本を意識して」「服のシルエットが目立ちすぎ」とのアドバイスも取り入れ。

a0027061_149062.jpg




































私も頑張っているけれど、タダで指導してくださるアドバイザーに感謝しないとね!(T_T)

しかし1週間でこれだけ上達した私も結構エライと思うので誰か誉めて。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-12-29 02:01 | 読書・漫画・TV
<< 情動と理性 ペルソナ >>