「個」より「公」優先は当たり前の大人のルールです
改正教育基本法が参院可決・成立 59年ぶり初の見直し
2006年12月15日21時55分


 安倍首相が今国会の最優先課題に掲げた改正教育基本法が15日、参院本会議で与党の賛成多数で可決され、成立した。戦前の教育の反省から「個の尊重」をうたう基本法は、制定から59年を経て「公の精神」重視に転じた。国会での論戦では、教育への国家介入強化の懸念も指摘された。「教育の憲法」とも呼ばれる基本法が改正されたことで、来年の通常国会以降、多くの関連法や制度の見直しが本格化する。

 前文と11カ条という短さの現行法に比べ、改正法には「大学」や「私立学校」「家庭教育」など、新たに七つの条文が加わった。条文の数以上に大きく変わったのは、「個」の尊重から「公」の重視へという根幹をなす理念の変更であり、論争の的になってきた「不当な支配」論に一定の整理がなされたことだ。

 改正法の前文でも、現行法にある「個人の尊厳を重んじ」という表現は引き継がれた。だがさらに、「公共の精神を尊び」という文言が加わったことに特徴がある。

 「個」の尊重は、教育勅語を中心とする戦前の「国家のための教育」の反省のうえに築かれた、日本国憲法に通じる理念だ。保守層は「行き過ぎた個人主義がまかり通り、公の尊重が置き去りにされている」と繰り返し改正を求めてきた。

 国会の審議で、とりわけ議論された末に、新設されたのは「愛国心」条項だ。「伝統と文化を尊重し、我が国と郷土を愛する態度を養う」という表現をめぐり、改正反対派からは「一方的に国が望むような価値観を押しつけるのはおかしい」という指摘が相次いだ。

 安倍首相は「日本の伝統と文化を学ぶ姿勢や態度は評価対象にする」と答弁しており、学校現場に与える影響は少なくないとみられる。

 もう一つの大きな変更は、国の教育現場への介入がどこまで正当化され得るのか、という点だ。

 だれのどういった行為が「不当な支配」にあたるかは、法廷闘争にもなってきた。教職員組合や教育の研究者の多くが「教育内容への国家介入を防ぐための条項だ」と位置づけるのに対し、国は「法に基づいた教育行政は不当な支配にあたらない」という立場をとってきた。

 最高裁は76年の大法廷判決で「どちらの論理も一方的」として、国家はある程度教育内容を決められる一方、不当な支配の主体にもなりうるとの解釈を示した。

 今回の改正で、教育行政は「法律により行われる」と明記されたことで、国の介入が「不当な支配」と解釈される余地が狭まることは確実だ。



>国の介入が「不当な支配」と解釈される余地が狭まることは確実だ。

朝日が言っても全然確実に思えません。

個を尊重しすぎた結果、公共精神が失われ、モラルの低下を招いたのではないですか?
「個」は「公」の中にあって初めて「個」として意味を持ちます。
公共精神、公衆道徳精神に欠ける人が個性ばかり主張していては周囲に迷惑です。
裸のままで生きることが私の個性だ!という人が往来をウロウロしていたら逮捕されますね。
公園にスプレーアートすることがオレの生き甲斐、自己主張だ!という人もこれまた大迷惑。
「公」を蔑ろにして「個」ばかり主張する奴は、「個性的」ではなくただの反社会的人間なのです。
昨今の日本人のモラルの低下を食い止めるために公共精神、いいんじゃないですか?

私は安倍総理の「美しい国」という言葉はな~んかいけ好かないのですが
この個性偏重の流れを変えなければ確実に日本は「美しくない国」になってしまうでしょう。
個性偏重教育の結果、公を蔑ろにする自分勝手人間が増えましたものね!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-12-16 21:56 | 今日のニュース・雑考
<< 戦争になって欲しいのか?? 改正教育基本法が成立しました!... >>