努力と忍耐
戦争は外交の一手段、対話によって和解し得なかった場合の最後の手段。
できれば避けたほうがいいに決まっているし、どの国も戦争で国力を浪費したくない。
権力者は戦争をしたがっている、防衛産業が儲かるから戦争は絶えない、という説もあるが
戦争によって悪戯に国力(国民の命)が浪費されることを望む権力者がいるのだろうか?
また武器がどんどん浪費されるという状況は果たして生産側に高い利益をもたらすのだろうか?
戦争回避のために高性能の武器を備えておきたい国に売れている状況のほうがよくない?
武器があるから戦争が起きる、と主張する人には説得力を持たない理屈だが。

基本的な話、戦争回避のための努力は、まず対話を放棄しないことである。
武力行使というカードとともに、対話による和解というカードも必ず残しておくこと。
小泉前総理は北朝鮮に対して対話のテーブルはいつでも用意しておくべきだと言った。
対話の余地はあるのか?と聞いたバカなマスコミに対して語気荒く言い切った至言である。
それでも北朝鮮が対話に応じないならば、武力行使も考慮に入れた制裁措置しかないが。
丸腰でなければ相手は心を開いてくれない、という人もいるのではないかと思うが、
国際社会において丸腰で外交テーブルに臨むことの無意味さをわかっているのかな。
何も武力を盾に威圧する必要はない、用意さえ万全であればいいのだ。
我々日本人は蛮族ではない、無用な暴力は望まない平和主義国家であるのだし。
温厚な日本人を怒らせたら怖いで、と圧力をかけるに十分な国際環境を整えることが、
日本にとって一番いい戦争回避の手段だと私は思うのだが、どうなんでしょう。

戦争反対と言いながら異論反論を寄せられたら「怖いです~(><)」と逃げるような輩は
本当に戦争回避のために何を為すべきか、真面目に話し合う気があるのかと激しく疑問に思う。
「教育基本法改正で愛国心なんか植え付けたら戦前の日本に逆戻りじゃないですかぁ!」と
頓珍漢なことを言っていたので、「愛国心が戦争に繋がるなら世界中で戦争していますね」と
指摘しただけなのに、「ここゎ戦争反対する人の集まりじゃないんですか!?」と言い捨て脱兎。
とにかく戦争反対!と言うわりには対話の努力や忍耐が全然見えねー…。
お嬢さん、対話や議論にはそれなりの忍耐が必要なんですよ?外交の場合は「もっと」ね。
ちょっとどやされたからってすごすご逃げていたら外交どころか対話そのものが成立しません。
立派なお題目を唱えていても、その程度の弱い意志、と受け取られても致し方ないでしょうなぁ。
逃げるのもアレですが人の話に耳を貸さない人が戦争反対!と言ってもやっぱ説得力ない。
なんか自分が「戦争反対!」と叫ぶことだけが目的で実際の回避方法はどうでもええんやね。
そんなデフォルト日教組、ゆとり教育の見本を見てしまってちょっとブルーになった昨夜。
そんなデフォルト日教組をこれ以上生まないことがとりあえずの戦争反対運動になるのかな。

見事にテンプレ通りのデフォルト日教組・ゆとり教育の実例を見て思ったんだが、
日教組は60年前の惨禍(日本が加害者、被害例は原爆のみ)を教えることには一生懸命で、
60年経った今、その惨禍を経て、省みて、日本人も学習しているということを教えないのね。
だから愛国心の強制で再び戦争が起きる!なんて馬鹿がわらわら出るんだなー。
アカは進歩しない、運動方法も激しく時代遅れ、それは彼らの中で時間が止まっているから。
…なのかもしれないなーと、ふと思いました(今時青ヘル手拭マスクとかありえない)。


今日は麻生組…じゃなかった、麻生派誕生という素晴らしいニュースがありました。
この目出度い日にデフォルト日教組・ゆとり教育世代の厨の日記って悲しいな~。


「普通に描いたほうがかわいいよ」と言われるとなんか努力が報われていないと思う。
気張って一生懸命メイクしたのに「スッピンのほうがかわいいよ」と言われたような感じ?

モデル:椰子マザーしおりん。

a0027061_23164689.jpg

椰子教徒の皆さまクリックお願いしますm(_ _)m
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-12-11 23:21 | 今日のニュース・雑考
<< 教育基本法改正 普通の女の子 >>