タロサの正論
麻生外相、集団的自衛権の行使に前向き

自民党総裁選に出馬表明した麻生外相は24日、読売新聞などのインタビューに応じ、政府の憲法解釈では行使できないとされる集団的自衛権について、「あるが、使えないというのはよく分からない。法律を守って国が滅びたら、順番が違う」と述べ、憲法解釈の変更などで行使を認めることに前向きな考えを示した。

麻生氏は「インド洋で米国の鑑船がテロに襲われたら、自衛鑑は襲った人に反撃できないのは、おかしい。自分が襲われたら助けてもらうのに、同盟国の船は勝手にやって(との姿勢)で国際社会に通用するか」と述べ、現在の政府の憲法解釈に疑問を呈した。

北方領土問題に関しては、「(日露)双方が痛み分けにならないと(解決は)難しい。最後は政治決断だ」と述べ、一定の妥協が必要だとの認識を示した。

靖国神社のあり方では、神社を非宗教法人とする必要性を改めて指摘したうえ、「(首相になったら)この問題の解決に全力を挙げる。誰でも(参拝に)行けるようにするのが政治の仕事だ」と強調した。

総裁選で安倍官房長官が優位な情勢については、「派閥次元で(情勢が)安倍晋三に決まり、勝ち目がないからと皆が降りたら、自民党は終わりだ。誰かが戦わなくてはいけない。(自分にも)勝機は十分にある。中央の票より地方の票(が期待できる)だろう」と語った。

(2006年8月24日21時6分 読売新聞)



国家の存亡と憲法九条を秤にかけて、憲法九条のほうが重いという人はやっぱりカルトだよな。
国がなくなったら憲法だって意味がないのに、「国滅びて憲法あり」って…そりゃーないでしょ。
「九条の精神は国家が滅びようとも生き続ける…!」と言われても誰も真似しないよ、そんなの。

スペリオールに「時期総理大臣は誰がいい?」という読者投票の結果が載っていました。
1位はもちろん安倍ちゃん、2位小沢(ビックリ!)、3位福田、4位タロサ、5位慎太郎閣下…
以下10位まで、番外に続きますが、特筆すべきは番外にもガッキーの名前がなかったこと!
仮にも総裁選に出馬するという人が番外にも名前が挙がらないってどういうことよ…ガッキー。
私も最近まで「谷垣?誰ソレ」状態だったので人様のことは言えませんが。
知名度の低さが致命的と言われるタロサですが、そんなに低くもないのかもしれない…。


a0027061_22372733.jpg
























「負けるつもりで選挙に出る人はいません」カッコよすぎ…o(´∀`*o)
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-08-25 22:32 | ローゼン閣下
<< 世界のベストセラーとは? 見るべきは虫ではなく家主 >>