美しき哉?日本語
年配の方が「最近の若者の言葉遣いは…」と嘆く話なら私にもわからないでもない。
私だって若い衆だが、あまりにも言葉が堅苦しすぎて古語を喋っていると言われてしまうので。
普通に喋っていて古語と言われると何か違和感バリバリなのですが…。
某所で使ったばかりだが、「娶る」という言葉は果たして古語に該当するのだろうか、否か。
聞き慣れないがとりあえず日本語だとわかる言葉は「古語」と見なされてしまうなら乱暴な話だ。
自分の恥を晒してもしようがないが、古文漢文は国語が得意の私には最大の鬼門だったのだ。
私が古語を操っているというのは、あまりにも清少納言などの古典作家に失礼な話ではないか。
まぁ、私もそのへんのギャルと変わりない程度のオツムと言語感覚の持ち主なのである。
当たり前っちゃ当たり前なんだが、言葉遣いに騙される(惑わされる)人のなんと多いことか…。
ただし、汚い言葉(罵倒や中傷も含む)には敏感で少し五月蝿いのかもしれない。
目上の方や初対面の人に対して適切な言葉を用いて喋れないのはかなり問題があるだろうし、
日本語という非常に美しい(※私の主観)言語をわざわざ汚い言葉遣いで汚すことはないだろう。
美しい日本語文化は親から子へ語り継ぎ、後世に残さなければいけないのではないだろうか。

しかし「正しい日本語の作法」という薀蓄にはさして興味がないし、語ろうとも思わない。
なぜなら私自身が正しい日本語を喋っているという自信がないし、正しい日本語がわからない。
コールセンターに勤務しているくせに正しい日本語がわからないという話は問題があるが、
尊敬語や謙譲語も時代によって変節しているため現在適切と思われる言葉遣いを指導される。
意思の疎通に障害がないように、今の時代に一般化している言葉を用いるのが妥当だろう。
言葉は変節するし、方言という地方独特の言葉を「正しくない日本語」とするのは乱暴すぎる。
「日本語の乱れ」は言葉の形態が肝ではなく、その言葉を発する人の心が肝ではないだろうか。
汚い心を持っていれば言葉も汚くなるし、美しい心を持っていれば自然と言葉も美しくなる。
私はそういう風に思うのだが、言語の専門家のご意見は聞いちゃいません(=調べてないよ)。
考えてみれば、我が国で初めて口語体で小説を書いた二葉亭四迷は偉かったんだなぁ。
言文一致運動は直ちには成果を現さなかったというが、現代に繋がる彼らの功績は大きい。
そうでなければ今のインターネット社会も文語体だらけで読みにくいことこの上なかっただろう。
文語など読めない無学な私は言文一致運動に携わった先人たちに感謝しなければいけない。

***

言霊信仰を馬鹿にする人がいるが、言霊を侮っちゃいけません。
例えば憎い奴に「死んでしまえ!」と言ったら、本当にその人が事故で死んでしまった。
その日からあなたは自分の言霊に憑かれて夜な夜なうなされることでしょう…キヒヒ。
自分が「死んでしまえ!」といったせいで念が通じてあの人は死んでしまったのではないか、
自分は人を死に追いやった殺人者ではないのか、と…こりゃ苦しいですが自業自得ッス、クス。
普段から、滅多矢鱈に人を呪う言葉を口にするものではありません。
その呪いはいずれ自分に跳ね返ってあなたを苦しめるでしょう。
このような説教臭さも私の文章に若さが感じられない一因なのでしょうか。

***

言葉や文章の価値は字面の作法に左右されるものではないと思うんですよ。
その言葉を発した人の心、行いが、究極的にはその言葉の価値を決めるんじゃないかな。
私たちテレコミュニケーターは様々な「心」を伝えるための言葉のテクニックは習得できるが、
多分テクニックを習得していない人でも言葉や文章には心や人間性が表れると思うんですよね。
仏頂面で不本意な謝罪をしているのか、自分の言動を悔い改めて誠心誠意謝罪しているのか、
インターネット上の文章でも、読み手には書き手の心が少なからず伝わるんじゃないかと思う。
暴言を吐いては謝罪の繰り返しで、謝罪が値崩れしている人も知っているけれど…。
なかなか謝れない人にも困ったものだが潔く謝れないとかえって怒りを買うだけなんだよな。
花岡ブログの炎上騒動を眺めていて、そんなことをつらつら思いました。
日本語の崩壊はアイドルグループのせいじゃなく美しい日本人魂が失われつつあるせいでは?
言葉は心、言霊信仰を信じる私には、字面なんかさしたる問題には思えないんですよね。
美しい日本人の心(ものすご曖昧な概念ですが)の存続…「…。」より難しい話だな。
とりあえず日教組を解体してパチンコ屋をなくしちゃうのはどうでしょう。 …安直カナ?
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-06-09 23:27 | 今日のニュース・雑考
<< NHK総合「日本の、これから」... あぼーんされたのかと思った >>