ファンデ探しの旅
私はあまりファンデをころころ変えてジプシーするのって好きじゃなくて、
気に入ったジャスト&スティディなファンデはリピートし続けるのですが…。
たまたま買ったラブクロのリキッドファンデが思いのほか気に入ってしまったこと
(ずーっとパウダーひと筋だったのに、リキッドも試したくなって…)
いろいろファンデを試してみたいという冒険心がムクムクと頭をもたげてきてしまったこと
などの事情がありまして、只今マイ・ブランニュー・ファンデを物色中です。

ファンデ選びで何よりも大切なことは…色選び!
もちろん毛穴隠しやカバー力、保湿力、質感(私の場合セミマット)も大事なのですが、
とにかく自分の肌に合う色を探すのに一方ならぬ苦労を味わっているのです。

コーセーや資生堂など国産ファンデはとにかく色が黒い!
いや、黄色味が強すぎて顔色が黒ずむと言うか黄ぐすみすると言うか…。
私はブルーベース(夏)肌なのですが、黄味にも赤味にも傾かないオークル肌。
で、蒼白というくらい顔面が白い(下手すれば病人と間違えられる)。
なぜか割合どこのカウンターでもBAさんは暗めの色を薦めることが多いのですが
首も白いから、暗めの色だと顔だけどす黒く沈んでしまうんです。

最初に使ったファンデは確か資生堂のプラウディアだったと思います。
それから「マットがいいなー」と言ったら奨められたエス(今あるのかな?これ)。
確かその時は資生堂ラインの中で一番明るい色(オークル00番)がエスにあったんですよね。
コーセーもなんか若年層向けのラインのファンデを使ったことがあります、印象薄いですが。
イブサンローランも質はすごく良かったのだけれど色展開が少なすぎで微妙。
購入使用したわけではないけれどシャネルはやはり美しい。

で、結局落ち着いてリピーターになったお品物は
シュウのベルベット パーフェクト アジャスティング パウダリーファンデーション764。
黄味寄り(900番台)と赤味寄り(500番台)の中間、700番台の1番明るい色。
これはラベンダー色の下地のトータルディフェンダーと合わせるとすごく良い。
カバー力は今ひとつなものの、とにかく仕上がりが綺麗、テカっても崩れても汚くならない、
ソフトフォーカスをかけたようなセミマットな桃肌になって、美人度アップ。
乾燥肌に優しくテク要らずでキレイになれちゃう素晴らしいファンデでした。
お値段はやや張りますが、もう何度リピートしたかわかりません。

昨年の初夏だったでしょうか、いい加減リキッドを使いこなせるようになりたい、
という気まぐれに近い動機でラブクローバーのマシュマロフィットファンデーションを購入。
何せチープ・プライスだったし、セミマットでテカらないという売り言葉に惹かれました。
これが大当たりで、リキッドって何てラクチンでキレイな肌になれるの!?と感激。
毛穴が消えるんですよ、セミマットでも、むきたまごのようなつるりん肌になるんですよ。
少しはテカるけれど別に汚くならないし、剥がれて色ムラになったりしない。
3色展開しかないので悩んだ末、一番明るい5031をチョイスしましたが問題なし。

改めて@コスメで評判を見てみると、概ねこの2品の評判はいいですね。
特にラブクロは安いせいもあってか、「この値段でこの品質はスゴイ!」と好評。
何も分からず初めて選んだリキッドで、随分良いお品を選んだことは幸運でした。
しかし品質の良さ・使用感を絶賛しつつも、容器に不満をお持ちの方が多い様子…
確かにラブクロの容器、めちゃカワイーんですけれど、不透明容器だと残量がわかりませんね。
少量で相当のびるんで、コストパフォーマンスも非常にいい事はわかるんですけれど。
シュウのパウダリーも、「ケースがチャチで壊れやすい!」という意見が結構…。
でも、リキッドがドバーッと出ちゃったり、1リフィル目でケースが壊れちゃうのって
失礼ですが不器用なのか使い方が悪いんじゃないかと個人的には思いますが…。
私も不慣れな最初はリキッドの量の加減がわからなくてドバーッと出しちゃったけれど
すぐに適量の加減を飲み込んだし、ケースは3回以上リピートしてから
ファンデの粉が隅に固まって汚れてきたんで新しいのを買ったくらいだよー…。

私はあまり@コスメを利用しないでカウンターアタック(カウンター突撃)が主流なので
たまにしか見ないけれど、時々悲しくなっちゃうような乱暴な文章の評価がありますね。

ところで@コスメのベルベット(略)の評価を読んでいたら、
この商品がなくなっちゃったって書いてあったけれど本当ですか?
もし本当なら今の手持ち分がなくなったら何を使えばいいの~!?
こんな優秀ファンデを廃盤にしないで欲しいです!(><)
シュウのカウンターに行って本当かどうか聞いてみなくちゃ!

はい、では気を取り直してブランニュー・ファンデの話になります。

今のところ候補に挙がっているのは以下の3点。

○ディオールのディオールスキンフルイド100番
○シャネルのプロ ルミエール10番
○スティラのイルミネーティング リキッドファンデーション10W


まず最初に思いついたのは大好きなボビィなのですが、生憎ボビィはツヤファンデしかない。
色展開は素晴らしいのになぜマットなファンデが一切ないのか…それがボビィか。Orz

リキッド系ファンデが評判のRMKは良さそうだと思いつつもなんとな~くパス(ひでえ)。

スティラではスティックファンデーションを試させて頂いたのですが、仕上がりが今ひとつ。
おまけに顔だけ暗くなるのは嫌だと言っているのに20Wを塗られて顔色今ひとつだし。

なんとなくフラリと覗いたシャネルで親切なBAさんに思わず「ファンデを…」と言ってしまい、
まだリーフレットにも載っていませんが…と奨められたのがプロ ルミエールの10番。
高い、めちゃくちゃ高いよ!(自分基準) 税込6720円!…さすがシャネル。
とにかく色が美しく、つけると顔がぱあっと明るくなるシャネルは憧れブランドですが、
メイクアップベースとなるヘビーユーズアイテムのファンデでこんな贅沢をしていいものか。
いや、一番大事なメイクアップベースだからこそいい品を選び贅沢をしたほうがいいのか。

色選びに悩んで梅ばあさんのブログのコメント欄で質問した(と言うか愚痴った?)ところ、
ディオールがよいという話じゃよ、と親切にもアドバイスを頂いたので初ディオールへ。
セミマットなリキッドファンデを…と言ったらディオールスキンフルイドをお奨めされました。
同じ量でシャネルよりも安い…!(シャネルの後では何もかも安く見える罠)
乾燥肌なので保湿も…と言ったらディオールスキンフルイドS10を紹介されましたが、高っ!
7350円…シャネルよりも高いよ、もっと手が出ないよ…。Orz

もっと安くお手軽なところで手を打てないものだろうか、と思ったところで、
スティラで気になっていたリキッドファンデの口コミを見ると、わりと良い評価が多い…。
値段はディオールスキンフルイドと大差ない(ちょっとスティラが高い)。
イルミネーティング リキッドファンデーションは容器がめっちゃカワエエ!(>w<)
何せシャネルやディオールという柄ではないし、スティラも候補に入れておきました。
スポンジもめっちゃカワエエですが、残念ながらリキッド用ではないのよね…。
色はスティックファンデの20Wでどうにも不満があったので10Wで。
お色味は決して合っていなかったというわけでもないような気がしました。

この3点、みんなリキッドなんですがポンプ式なんですよね。
ラブクロの容器は使う分には気をつければ問題ないけれど持ち歩きには不便。
もしこぼれたりしたら、液が緩い分だけ被害は甚大になるような気がするし。
ポンプ式の容器だったら使いやすいし持ち運びも気軽に出来そう。
さてはて、どれにしようかな。

ポンプ式の容器も量の調節が難しくて使いにくい!という口コミが…。
ねぇ、もうちょっと気を遣って化粧品を使いましょうよ…(TT)

世の中ぶきっちょさん、もしくは大雑把さんが案外多いのでしょうか。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-02-07 00:58 | おしゃれ大好きコスメティック
<< 目出度い!赤飯を炊け! 好感度ナンバーワン!JAPAN >>