太郎ちゃん燃料投下!
「天皇陛下が靖国参拝なさるのが一番」…麻生外相

麻生外相は28日、名古屋市で開かれた公明党議員の会合で、靖国神社参拝について「英霊は天皇陛下のために万歳と言ったのであり、首相万歳と言った人はゼロだ。天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」と述べ、天皇陛下の靖国神社参拝を実現することが望ましいとの考えを示した。

そのうえで、「参拝できなくなったのは、(三木首相が1975年に私人を強調して参拝したことに伴う)公人、私人の話だ。解決の答えはいくつか出てくる」と語った。

首相の参拝に関しては、「外国から言われて決めるのは絶対通ることではない」とし、「靖国問題が終わったら、日中間の問題がすべて解決するわけではない。隣の国なのだから、ある程度緊張感を持ってやっていく以外に方法はない」と述べた。

(2006年1月28日23時46分 読売新聞)



いやー正直どうコメントしていいのかわかりません。
正論すぎて今まで誰も言わなかったのだろうか?

皇室問題に関しては「女系はやっぱダメでしょ小泉さん」程度の認識しかありませんし、
靖国参拝についても「中韓の内政干渉うるせぇんだよ!それを真に受けて頷く奴もバカか?
第一宗教行為じゃない慰霊祭なんてあるか!アホンダラ!」程度の強い主張はあっても
靖国参拝自体を神格化するほど靖国神社に思い入れはないものですから…。
(こんな私だから自分が右翼だという自覚や自負が持てないのです)

確かに英霊たちは「天皇陛下万歳!」と言って亡くなられたのですから
跡を継がれた天皇陛下が参拝をするのが慰霊としては一番妥当ですよね。
(「お母さん!」と言って亡くなられた方々も、天皇陛下あって死地に赴かれたのですから)
首相には一人の日本人として、宰相として、先人たちの慰霊のために参拝して頂きたいですが
それは後世に生まれた私の価値観に基く意思であって英霊たちの意思ではない。
さてはて、これはどういう目が出るか、楽しみな発言。

靖国参拝に関して「英霊という呼び方がよくない」という意見を見かけたが
英霊と呼んだからといって再び戦争が起きるわけでもないし…何にでもケチつけるんだな。

この発言の意図は読めないし、どういう水を呼ぶかもわからないが
太郎ちゃんが日本人の心を持った日本人だということがよくわかる発言だ。
こういう心と知性を兼ね備えた人が政治家であってくれて私は嬉しい。


>隣の国なのだから、ある程度緊張感を持ってやっていく以外に方法はない

男女間もそうですが、弛緩しきった関係はお互いにマイナスということで。
イーブンではない関係は国際社会では不健全ですよ。

◇追記◇

見落としていたけれど公明党議会の会合でって…麻生最強伝説またここに。
外相就任してから最強伝説を次々積み上げております、太郎ちゃま。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-01-29 01:07 | ローゼン閣下
<< ローゼン閣下こと麻生太郎ちゃま... 多分、この冬は最後/痩せたら何... >>