プロ市民の悪い癖…「俺たちが正義だ!」
随分身体もラクになって回復は近そうですが…もう少し我慢我慢。

余裕も出来たのでちょこちょこ細かいところを弄くっています。
アクセスアナライザーは邪魔なので外しました。
はてなRSSをついに作成、主にエキブロ以外のブログ更新チェックのために。
わざわざ公開リンクはしませんが、キーワードは「淡水魚」です。

人気blogランキングの投票ボタンをクリックしてくださった方ありがとうございます!
取り付けたばかりですが、今のところ順調に順位が上がっていまして、
順位表を見て(?)あちらからご来訪くださる方もチラホラ増えているので嬉しいです。
贅沢を言えば1日ワンクリック、是非お願いします<(_ _)>
いや、面白かったとか読み応えがあったなーとかそういう時だけでもいいです。

今は中核派マイブームなので是非アクセス欲しいんですよね。
今さらなんで中核派…というかもう彼らの存在は廃れちゃって過去の遺物みたいですけれど
実は中核シンパが一般市民の皮を被ってそこらを跋扈していることに驚いています。
彼らを突付くと「市民団体は思想性・政治性を持っていて当然!」
とか開き直って自己正当化しちゃうからスゴイ。
市民革命論を唱える人が現代の日本社会に棲息していたとは…。
なんで彼らって一様に「体制・公権力=悪」と決め付けているんでしょうか。
公権力の暴力性を唱えても、中核派の暴力が許されるわけじゃないんですけれど…。

憲法は国家権力を監視するためのもの、と言う人もいてスゴイです。
私は憲法って国家の理念を表すものだとずっと思っていましたが違うみたいですね。
国家権力がファシズムに暴走しないように平和憲法がある…と言われましても
なんのために民主主義に基いた公正な選挙制度があると考えていらっしゃるのでしょう。
選挙の結果が自分の思い通りにならないこと=ファシズムじゃないんですが。

まだミクは控えています。
もう少し蒸らしたほうが面白い感じなので。


◇中核派関連エントリー晒し上げ◇

杉並親の会=中核派 公安認定きました
中核派について簡単にぐーぐる/右傾化という言葉に隠れて
戦争反対と反体制は違います
中核派というカテゴリが必要なんじゃないかと思われる昨今
殺人団体が「戦争反対」を唱えるダブルスタンダード
杉並祭り(一覧)
これは果たして名誉毀損、誹謗中傷に該当するのだろうか


アンチ日教組コミュにも入っていますが、教育現場の腐敗は他人事ではなく怖いです。
中核派の暴力や数々の犯罪を「反体制のための暴力だから許される」なんて正当化しちゃって
国旗掲揚や国歌斉唱、愛国心や誇りを持つことは軍国主義的な悪いことだと子供に教え込む、
政府が悪い、政府を打倒する民衆は正しい、と教育によってマインドコントロールする、
そんな人たちが支援する教師たちが教鞭を振るっているなんて怖気が走ることですよ。

政府が悪い、それは全然構わないんですよ、民主主義社会なんだから。
幸い日本は非常に自由な国なので言論の自由も市民運動の自由もあります。
しかし自分を正当化・美化するために巨悪を仕立て上げて批判したって同意は得にくいです。
プロ市民活動が大衆に浸透しない理由は、そのへん透けて見えるからじゃないかな。

活動を批判されると「じゃあお前は何をやっているんだ!」と偉そうに言い返すのも悪い癖。
自分たちの運動だけが正しい善意に満ちた活動で、それをしない奴に批判する資格はない、
みたいな言い草ですが、何かのために尽力するということは本来威張ることじゃありません。
何かのために、誰かのために自発的に何かをやる、なんて誰でも無意識にやっていることで、
そういうことは極めてパーソナルな意識の問題であって意思表明の有無の問題じゃない。
俺たち正義漢!みたいな連帯感を持ってやる人よりそういう人のほうが多いと思う。

大きな正義や大義の前に小さな善意を見失っている人が多いね…。
彼らに偉そうに説教されても「アタシは何もしていない…」と凹むことはありません。
日々、互いの小さな善意で知らず知らず人々は支え合って社会生活を営んでいます。
そういう「自分に出来ること」を見失わないように大事にしよう。
彼らは自分の正義感や優越感、自己顕示欲を満たすために自分達の活動を誇示するのです。
こんなに社会活動している自分たちはエライ、ってね。
結局そういう自分に酔って自分を正当化しているだけ。
だから論理も簡単に破綻するんですよ。

まー、言っちゃえばバカ?

なんかダラダラ書いちゃって起承転結がないエントリになってしまった。
病中見舞いくださった方々ありがとう!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2006-01-14 00:06 | 今日のニュース・雑考
<< 弱者救済方法論 ―2つの方法論― 一時休止 >>