政治に絶望する前に
あちこちで「白紙委任したことをわかっているのか?」といった論調を見かけますが…。
少なくとも私はすべてを白紙委任したつもりはない。
小泉さんにやって頂かなくては困ることがあるから自民党を勝たせようとしたのである。
郵政民営化が自民を勝利に導く象徴であるならありがたいことだが、私の本意は別にあった。

今日、自民党と首相官邸に祝辞+以下6点の要望をメールで送りました。


  1.拉致被害者問題の早期解決
  2.人権擁護法案の早期廃案
  3.外国人参政権の絶対阻止
  4.スパイ防止法の早期成立
  5.防衛庁を省に昇格させ、自衛隊を自衛軍にする
  6.国民年金も含めた年金一元化



当選したからにはこれだけのことをやって頂かなきゃ困りますな、ということ。
もちろん小泉任期だけですべてが為せるはずがない。
後継者にもその意思を継がせてください、と。
大勝利したからと言って有権者をナメてもらっちゃ困ります。

「風向き」の怖さは勝利した自民党にも身に沁みたはず。
これで国民の期待を裏切ったら一気に党自体の信用を失って自民は崖っぷちです。
民主も若手は期待できそうですしね。

望みがあるなら、ブログで憂えていても仕方ないです。
それよりも、こうやって有権者の声を届けるほうが前向きで建設的だと思うのですが。
もちろん未成年でも有権者予備軍は声を上げていいと思います。
(日本国籍を有していない人はダメですよ)

皆さんも如何ですか?
それそれの政党のHPからメールを送れるはずですよ。
本来国を動かすには長い時間がかかります。
早々に諦めていては辛抱が足りません。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-09-15 22:33 | 今日のニュース・雑考
<< 人道的に大問題発言!? 「子供のため」と言えばなんでも... >>