政治的圧力がブログ上で実力行使された件について
昨夜取り上げた夕張市議のくまがい桂子先生のエントリーですが、大幅に改編がされ、個人名や住所・電話・FAX番号は伏せられ、メルアドのみの記載に書き換えられていました。
(お陰で安心してリンクも貼れるようになった)
とりあえずよかった。

ええとですね、くまがい先生は、「つくる会」の新しい歴史教科書の採択阻止運動に快く応じない熊本の人吉・球磨採択地区の教育委員会に働きかけるために、「全国の皆様へ人吉球磨地域の教育委員会へ要請をお願いする」という名目で、人吉球磨地域の教育委員会の方々(役員さんでしょうか)の氏名・住所・電話番号・FAX番号をエントリー中に列挙・掲載していたのです。

同エントリー中で、くまがい先生は自民党の息がかかった採択派を指し

>彼らは教育委員会や、現場の教師に直接圧力をかける荒っぽいやり方で、
>「つくる会」教科書の採択を強行しようとしてます

と記述されておられますが、現場の教育委員会の人々の個人情報を不特定多数の人間の目に留まるネット上に晒し挙げて、脅迫電話(FAX)やイタズラ電話(FAX)し放題、押しかけて嫌がらせをする事も可能、便乗愉快犯も誘発するような危険な方法で、人吉球磨地域の教育委員会の方々が「つくる会」の歴史教科書の採択阻止運動に賛同せざるを得ないように、実力行使の荒っぽいやり方で相手を屈服させようとしたわけです。
採択阻止運動は大いに結構ですが、市議ともあろう方が、このような卑劣かつ外道的な方法で、政治的な弾圧運動を行うとは本当にびっくりです。
要約しちゃうと、「賛同しないならネット上に個人情報バラすぞ!ウラァ!」
これが脅迫行為でないなら何だと言うのだろう。
政治的圧力って本当に怖いですね!
(それ以前に手段としてどうなの)

>人吉球磨地域で政権与党からの違法な政治介入が行われている

これって事実なんでしょうか。
もし本当に政権与党により違法な政治介入行為が行われているとしたら、由々しき事態です。
日本国憲法に照らし合わせて司法の下、該当政治家を厳罰に処すべきですね。


個人情報の保護(一応都民なので…)

【個人情報の保護と安全関連リンク集】
プライバシー、情報漏洩、警察の犯歴漏洩、書類偽造など



◇追記◇
某スレによれば自宅ではなく役場(事務所)の住所や電話番号だったらしい。
法に抵触していなくてよかったですね、くまがい先生。
全然よくないけれど。
政治運動のモラルとしてどうなの?って話だから。

◇追記◇
haruhicoさんのブログで背景がわかったのだ。
だからさ、市民の皆さんはその教科書をちゃんと読んだ上で反対しているのかと…。
具体的にどこがどう子供に良くないのか、マインドコントロール効果があるのか教えてくれ。
日教組の自虐史観・マインドコントロールのほうが害悪ではありませんか?
郷土を愛し、先祖を敬うという事もできないような教育は果たして正しいのか。
そのような教育を受けた子供が日本の未来を担えるのか、甚だ不安です。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-16 14:49 | 今日のニュース・雑考
<< コメント欄閉鎖→記事削除…その... 触法以前のモラルの問題 >>