野次馬根性は慎むべきですが
イラク拘束邦人は陸自出身…日本最強特殊部隊で訓練

 イラクの「アンサル・アルスンナ軍」を名乗る武装組織が同国内で日本人1人を拘束したとされる事件で、外務省は10日、英国に本拠を置く民間警備会社「ハート・セキュリティー」イラク支店のコンサルタント、斎藤昭彦さん(44)がイラクで行方不明になっていることを確認した。斎藤さんは陸上自衛隊の最強部隊や、仏の外人部隊に約20年在籍していた。犯行グループからの要求はなく、斎藤さんの安否は不明だが、重傷を負っているもようだ。
 犯行グループからの要求について、町村外相は10日午前、「現状では、そのような情報に接していない。斎藤さんの安否も不明だ」と語った。
 ハート社によると、斎藤さんは1年以上前に入社し、イラクの米軍基地に「治安責任者」として勤務していた。
 アンサル・アルスンナ軍がウェブサイトに掲載した犯行声明によれば、斎藤さんは8日午後5時半から6時半(日本時間同10時半から11時半)、首都バグダッド近くの米軍基地からグループで車に乗って移動中、バグダッド西方約180キロの町ヒートの近くで待ち伏せ攻撃を受け、激戦の末に拘束されたという。
 斎藤さんらのグループは、イラク人12人と武装した外国人5人の計17人。斎藤さん以外の全員が殺害されたとみられる。アルスンナ軍は斎藤さんのビデオ映像を近く公開するとしている。

 斎藤さんは千葉市生まれ。政府関係者によると、地元の県立高校を中退後の昭和54年、陸上自衛隊に入隊。約1年半、「国内最強」といわれる陸上自衛隊習志野第1空挺団に在籍していた。
 その後、約20年間、軍人の精鋭が結集する仏の外人部隊に所属。ただ、同部隊に在籍していたことは、家族らに伝えていなかったという。
 犯行声明に添付されたパスポートの画像によると、本籍は東京都。パスポート以外にも、米国防総省の請負業者であることを証明する書類や、イラク南部バスラの英軍基地が発行したとみられる証明書の画像なども添付されていた。 一方、ハート社は9日(現地時間)、斎藤さんら社員数人がイラクで大規模な待ち伏せ攻撃に遭い、行方不明になっていることを明らかにした。同社は事件を調査中で、事実関係が明らかになり次第、声明を発表する。アルスンナ軍はイスラム教スンニ派の武装組織で、これまでもイラクでの多くの外国人拉致事件で犯行声明を出している。

 イラクで日本人が拘束されたのは、2004年10月に同国を旅行中に拉致され、殺害された香田証生さん以来。この事件では、ビン・ラディン率いる武装組織「アル・カイーダ」のイラク責任者で、ヨルダン人テロリストのアブムサブ・ザルカウィ容疑者が指揮する「イラクの聖戦アル・カイーダ組織」が犯行を認めている。
 今回の事件に関して、バグダッドの米軍報道官は「今のところ事件に関する情報はない。もしあれば、すべて日本政府に伝える」と語った。
 ただ、イラクでは最近、大規模なテロ事件が続発、1日数十人の民間人が犠牲になっている。日本人以外の拉致事件も多発しており、今回の事件に対する治安当局者の関心は薄いという。
 本格的な捜査もまだ始まっていないとみられ、政府は今後、過去の日本人拉致事件で武装組織に影響力を見せた聖職者協会や部族長と連絡を取り、斎藤さんの救出に全力を挙げる。

[ 2005年5月10日13時0分 ]

(転載終わり)


どうやら夕刊フジのニュース?
一部抜粋にしようかと思ったのですが、恣意的な抜粋になってはイカンな、と思い全文転載。
しかしすごい文章だな、脚本家が書いた文章みたい。
大新聞様の脚本よりも意外性とドラマ性に富んでいる点で評価。

またもや邦人誘拐…今度はどこのどなたですか~?
(ボランティアや自分探しの人かな~ゲンナリ)
などと思っていたが、この斎藤さんの経歴を見て思わずエリア88の世界に頭が飛んでしまった。
私の中では名作漫画なんですよ。
現実に邦人が誘拐されたという由々しき大事にも関わらず、ドラマ性が濃すぎて現実味が…。
でも世の中には表に出ないだけでドラマ性に富んだ人生を送っている人は山ほどいるはず。
そのドラマ性が「イラクでまたもや邦人誘拐!」というセンセーショナルな形で世間の目に触れてしまったわけね。

>地元の県立高校を中退後の昭和54年、陸上自衛隊に入隊。
>約1年半、「国内最強」といわれる陸上自衛隊習志野第1空挺団に在籍していた。
>その後、約20年間、軍人の精鋭が結集する仏の外人部隊に所属。
>ただ、同部隊に在籍していたことは、家族らに伝えていなかったという。

陸自空挺団→フランス外人部隊→警備会社…。
この警備会社がまた胡散臭げですが(英国ではなく本社はキプロスという情報もあるがどっちだ)、こういう経歴の人って胡散臭くない会社には就職しないんじゃないかとフト思いました。
激戦の末に拘束…って一般人の集まりじゃなかったみたいな雰囲気の文章…。
米軍基地に「治安責任者」として勤務していたのだから一般人の集まりのわけないか。

あえて日本人を狙った理由は犯人にしかわからないが(要求もまだ不明だし)、こういう経歴の人が誘拐されてしまうと外務省としても対処に困るんじゃないだろうか。
と言うかどうやって日本国籍を維持していたのだろう?この方は。
重傷情報があるので無事とは行かないかもしれませんが、救出を願います。
言っておきますが、私は3馬鹿の時も香田さんの時も救出を願っていましたからね。
その行動に批判的だったからといって人命を軽視していると受け取られては困る。
香田さんが誘拐された時、あえて多くを語らなかった事は過去ログ嫁。

――文章途中ですが一時送信。風呂入ってきます。

帰ってキました。
しかし気温の急激な変化で風邪をひいたのか、はたまたヒノキの花粉にやられたのか(もしや花粉症デビュー?)、ここ数日くしゃみ・鼻水がすごくてどうもうまく文章を推敲できません。
気は散るしイライラするし、仕事も喋る仕事だからつらいっす…(愚痴)。

自衛隊と言えば。
高校時分、進路を考えていた頃、フト「自衛隊に入ろうかな」と思った事がありました。
国防意識などまるでなく、自己鍛錬になるのではないかという動機で…。
規則正しい生活と厳しい訓練で、ルーズでだらしない自分を改革できるのではないかと思い。
今からでも一度くらい体験してみてもいいかもしんない、自衛隊。

日本人は軍隊アレルギーがあるから、この誘拐事件、世論はどう動くのだろう。
バリバリ職業軍人ですもんね。
私は「軍人や軍隊がいる(ある)から世の中が荒れる」ではなく「荒れた世の中を鎮めるために軍人や軍隊がいる(ある)」、ひいては「軍事力は世界のバランサー」(だから崩れるとマズイ)と捉えているのだけれど、そうは思わないのが普通の一般の日本人の感覚ですからねぇ…。
でも仕事でイラクにいたのだから、自分勝手に危ない地域に出かけた人とわけが違う。
無事を祈りたいです。

人命に関わる話だというのに野次馬的な話に終始してしまって不謹慎でした。
反省します。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-05-10 23:10 | 今日のニュース・雑考
<< 推論だけで断定記事が書けるなんて素敵 なんたることか… >>