性の形、性の心
「剣と鞘」でどうもうまく文章をまとめる事が出来なかったので補足的に。

欠損、あるいは後天的な手術によって、肉体の形が本来の性と違ってくるという事はあり得ます。
でも本来男と女って全然違う形の生き物じゃない?
形が違う事ってただ見た目だけの問題じゃないと思う。
生物学的な話や「人間の進化の過程」などには疎いのですが、男女の肉体がそれぞれ異なる形をしているのは、そうなるべき理由があってそうなったんだと思う。
そして、それこそ文化的な歴史の中でそれぞれの肉体の形はそれぞれに意味を持った。
人間の「お乳」が他の動物と比べて身体の上のほうについている理由は腕で赤ん坊を抱きかかえるから…という説を聞いた事があって「なるほど」と納得したんだけれど、女性にとって自分の乳房ってもっと大事な意味を持っている。
乳房をもんだりもまれたりする事は特別な感情表現であり、誰とでもする事じゃない。
乳癌で乳房を切除した女性が、ただならぬ喪失感に嘆き悲しみ、精神にも失調を来たすという話は、経験した事のない私ですら想像すれば相当な痛みであると思う。
アジア圏内では、浮気した亭主のイチモツを、怒り狂った奥さんが、(亭主が)寝入っている隙を狙って切り取ってしまうという事件が結構多いのだそうだけれど、男性にしても自分のイチモツがなくなってしまったら、「俺は男だ」というアイデンティティーが打ちのめされるのでは?
(運良く「イチモツを切って女になりたい」人が居合わせて、「移植手術」をした例もあるそうだ)
(しかし他人のイチモツをつけるのって違和感ないのか…?)

男と女は同じ人間でありながら違う生き物です。
これは脳化現象の一種かもしれません。
しかし、違う形を持つ男と女を同一の型に嵌める事は出来ません。
男を女の型に、女を男の型に嵌める事も出来ません。
それをブレンダ少年は惨い形で実証してくれました。
稀には女性の心を持つ男性や、男性の心を持つ女性もいるでしょう。
ですが、男と女は生まれながらに違う形、違う心を持つ生き物です。
それが本来あるべき自然の姿なのです。
その自然の姿を否定するべきではないと私は思います。

まぁ、なんと言うか保守的ですよね、私も。
でも自然の摂理に反する事には無理がある。
人間は傲慢すぎるね、ちょっと。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-03-19 23:21 | 今日のニュース・雑考
<< 人権擁護法案が可決される事によ... 人権擁護法案FLASH/顛末 >>