親子の在り方と人生の歩み方をごくせんで考える
ごくせんは毎回いいけれど今日の話は特にえがったです。
涙腺に来そうになったわ、ヤバイヤバイ。
親子の話に結構弱い私…。

支配的で横暴気味な竜のお父さんが「親は子供の一生に責任を持つんだ(だから私が竜の正しい人生を決めるのは当然だ)」みたいな事を言っていましたよね。
反射的に「それ違うだろ!」とツッコんだのですが、よくよく考えると親にしてみれば我が子は一生我が子のままであり、その人生に責任を感じて生きていくものかもしれない…と思い直しました。
子供には子供の人生があって、「いつまでも親が尻拭いをして責任を取ってくれるはずがない、自分の人生は自分で決めて自分で責任を取って行こう」とどこかで自覚する事によって親離れを目指し、己の人生を模索して行くものだと思いますが(そうではない子供もいるでしょうが)、親にとってはそうやって自立を目指す子供の姿でさえ「我が子の成長」として見守りながらハラハラさせられたりするものなのかもしれない。
ろくに世間も知らず、物も知らないままでそうやって自立を目指して足掻いている時って、現実の厳しさに打ちひしがれたり己の分も弁えられずにただ闇雲に強がったりと、本当に足元がおぼつかなくて傍から見たらごくせんに出てくる生徒達並にみっともない姿なんだろうと思います。
私もまだ所帯を構えていない身ですし、お前は本当に親離れして自立しているか?と問われたら「してないよなー」と思いますので。
だって今親がコロッと死んじゃったらどうしようってすごく不安だもの。
私は「そんなに窮屈ならさっさと出て行きなさい」と急かされた口ですが(別に貧乏だったからとか親子仲が悪かったからとかいうわけではない)、だからといって私がもしこの先万が一大病を患ってしまったり、はたまた犯罪事件を起こしてしまったりしたら、親はやはり我が子の事で胸を痛めたり責任を感じたりするのだろうか。
するのだろうな。
<親に心配をかけない>という立派なお題目はまず自立の第一目標として掲げられる言葉だと思うのですが、子供が自立して自分の人生を歩み始めたら親は子供の心配をしなくなる、という事態はちょっと想像してみるとあり得なさそうだわ…(私の場合)。
うわ、情けない!と思う反面、少し嬉しい気持ちが湧いた事は潔く認めましょう。
そういう事も(親が)生きているうちだけなんだしな。
でも自分の人生だから自分で決めて自分で責任を持ってまっとうしたいです。
親が大変な苦労をしながら生んで育てて私をここまで大きくしてくれた。
その恩に報いるという事は、自分の力で生きて行く術を身に付ける事だと思う。
幸いな事に私の親は「自分の人生には自分で責任を持ちなさい」という親だったので、親の意向に逆らえず親の言いなりのまま人形のような人生を歩んでしまう…という私が「これは嫌だな」と感じるような親子関係ではなくてよかった。
ま、しかしまだまだ手の平の上のサルかもしれないですけれどね!(苦笑)

私は子供を持つ気はサラサラないので(この意思は固い)、「親の心」というものを理解しないまま一生を終えてしまう事はちょっと残念でもあります。
人間の事、世の中の事で、知らないまま終わってしまう事は実にたくさんあると思いますが、そのたくさんの中のひとつ。
大事な事ではないかと思うので、知らないまま人生を終えてしまう事は少し淋しいなぁ…。
出産経験は別に要らんですが。
知らなくても残念に思わない。

私が高校の時、親に向かって本音をぶちまけられたかな…。
やっぱり話せないで悶々と内にこもっていたような気がする。
そういうお年頃なのかな、高校生って。
でも「高校生の時に知り合った友達は一生の友達」説には何となく納得できる。
これからの一生は普通に恙無く生きていればとても長いものかもしれませんが、高校の時に知り合って今でも友達でいる人、多分一生友達なんじゃないかと思います。
ドラマに真面目に感情移入するなんて(私としては)非常に恥ずかしい話ですが、今日のごくせんを見て「コイツらとんでもなくバカだけれど、一生友達として熱くてバカな付き合いをして行くんじゃないかな」と思いました。
うおお恥ずかしい~!(悶絶)

私が最近ごくせん関係で非常にショックを受けた事。
私がお気に入りの小田切竜(役名)がジャニーズ事務所所属のタレントだった事!
ごくせん公式サイトでも顔写真がありません。さすがジャニーズ。
ジャニーズと言えば滝沢秀明みたいな(今大河をやっているので名前が出てきた)「いかにも~」なビカビカの美形(美少年)タレントばかり揃えているものと思っていたから、まさかあの目つきの悪い竜がジャニタレだとは思いもよらなかった…!
(よくよく考えりゃ堂本ツヨシみたいなのもいるんだよねぇ)
ジャニタレに心動かされてしまうとは痛恨です!
前の大河で沖田総司役を演じていた人、てっきりジャニタレかと思っていたら違っていました。
「いかにもジャニーズ系」な人でもジャニーズじゃなかったりする。
今さらポテトを買うお年頃でもあるまいに。
ああ恥ずかしい。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-03-12 22:56 | 読書・漫画・TV
<< 何をしていたかと言うと どーでもいいような >>