模範囚/ある意味携帯が命綱
よく刑務所を出所した人が再び犯罪行為で逮捕されてニュースになると、決まり文句のように「模範囚だった」という言葉を聞きますが…。
刑務所の中で反模範的な行為ってあまりできないんじゃないだろうか?
暴れるとか看守の言う事を聞かないとか作業態度が不真面目だとか、その程度の反模範的な行為しかできないのではないかと思われるのですが。
刑務所の中でつつがなく過ごしている限り、誰でも彼でも模範囚って事にならない?
堀の中に入った知り合いがいないので、刑務所暮らしと言ったら妹尾河童さんの「河童が覗いたニッポン」に記されているくらいの事しか知りませんが。
昨日のネタを引きずってアレなんですが、スーフリの和田被告って執行猶予つきで4年だっけ?
(ごめんなさい、後でちゃんと調べます)
殺人犯や強姦魔はもう無期懲役で恩赦もなしって事でいいじゃないのよー。
アメリカは先進国だから見習え、とばかりに何でもかんでもアメリカの真似事を日本に持ち込む事には異論がありますが、アメリカの懲役何百年っていいよね。
罪状を合算して年数を出して行くとそうなるのだとか。
そんなに懲役できませんね、普通の人は。
二十歳で成人とすると…せいぜい百年くらいでこの世からオサラバで懲役も免除。
ちゃんと懲役してないじゃん!という事はさておき、凶悪犯罪事件の被告なんてもう無期懲役・恩赦なしでいいと私は思う。
一生堀の中で模範囚として暮らせば?
凶悪犯の再犯ニュースを見るにつけ、模範囚という言葉の無意味さを感じる。
この世には冤罪事件や複雑な事情の殺人犯行も多々あるだろう。
(最近では介護殺人のニュースを見るとやるせない気持ちになる)
服役中の囚人のご家族の心境だって、想像を絶するものと思われる。
しかし「刑務所の中では模範囚だったけれど外に出したら凶暴な犯罪者に逆戻り」というパターンが頻発しては、一生堀の中で暮らせ!とも言いたくなるのである。

死刑に関しては、私自身どちら(廃止論者とも賛成論者)とも言えない。
しかしシャバに出てこられると迷惑な人は出てこなくていい。
「被告は反省しており罪の意識がある」という言葉に「ウソこけ!」と思った事が何度もあるし、ウソじゃなくても減刑の理由にはならないと思う。
やった事はやった事、です。
時々世間の注目を浴びた凶悪犯罪者と「結婚したい!」と言い出す女性が出てくるのもよくわかりませんけれどねー。
前科(しかも殺人とかの凶悪罪状)持ちの夫なんて私はイヤです。


何となく思った事を徒然と記しているだけなんだけれど、これって日記と呼べるんでしょうか。
日々雑感…にしては内容が堅い…ような気がする。
日記的な事を書くと、なんか今日はハラが痛い。
悪いものでも食べたかな。お昼のヤキソバ?

ワタクシ仕事上の連絡はすべて携帯経由なのですが、こんな時間に会社から電話がかかってきたのでマジびっくりしました。
「時計を見ていなかったんですが、こんな時間にすみません」って常識の範疇外ですよ、アナタ。
どうでもいいような連絡事項だったので、余計に「明日にすればいいじゃん!」という話。
携帯依存症ではありませんが、携帯がないと仕事には差し支えますねー。私の場合。
都会で働く女にとって携帯は命綱。
まさにその通り!な今の私です。
しかし街中で携帯の呼び出し音が鳴るのは本当に嫌ですねぇ。
「街中で携帯電話」という非常識な人になっちゃうじゃないの。
私もかける時には気をつけないといけませんね。

以上日記でした。

◇追記◇
失礼しました。和田被告は懲役14年でした。
でも短いぜ!百年でもまだ足りないぜ!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-12-08 23:22 | 今日のニュース・雑考
<< チャンピオンシップ2004・決... 「名門大学」「スポーツマン」 >>