被災者を餌にするマスコミに少々嫌気が差します
新潟中越地震(とりあえずこれが正式名称でいいのでしょうか)のため、各局特番体制で1日中被災地のニュースを流し続けているようです。
こういう時こそ報道は必要なのかもしれないけれど…
憂鬱になるので私はしばらくテレビ(震災関係のニュース)から目を離したい。
新潟の知人の無事もわかった事だし。
何と言うか…同じニュース・同じVTRばかり繰り返し流されていると、本当に今それが必要なニュースなのか?と疑問に思うのですが…。
最新の情報を流すならともかく、延々と同じVTRを使い回すのってどうなのかなー…。
カメラに映し出されている被災した方々は、そんな窮状を無断で全国ネットで流される事をどう思っているのか、それも気になります。
「見世物」「不謹慎」という言葉がどうしても頭に浮かぶ。
ともかく一刻も早いライフラインの復活と、被災された方々の安全と生活の確保を祈っています。
義援金詐欺に騙されないように、義援金は安全な経路で送りましょう。
私は今金欠なので何も出来ましぇんが…_| ̄|○|||

しかしこの時とばかりに首相のバッシングをする連中は不謹慎であると言わざるを得ないよ。
今必要な事は首相を叩く事じゃないはず(当たり前だが政権交代でもない)。
現に自衛隊は早々に救助活動に当たって奔走しているのです。
新幹線脱線についても、「安全神話の崩壊」などとセンセーショナルに煽るのはどうだろう。
時速150キロ~200キロで走行していた新幹線が脱線して死傷者が1人も出なかった事は、確かに偶然の采配にも助けられた不幸中の幸いではありますが、それだけ安全な乗り物だったという事を今回の脱線事故で驚きと共に初めて私は思い知りました。
「絶対安全」は有り得ない。だからこそ「絶対に近い安全管理」という意識が大事なのだと思う。
激しい振動の中、運転手さんが運転席から落ちないように踏ん張りながら必死にブレーキを踏んでいたという話を聞いて、「職業意識ってすごい…!」と心より感嘆しました。
脱帽です。

政治家も割に合わない職業だと思いますが、自衛隊も相当割に合わなさそう。
「あいつら国民の血税を無駄遣いしている給料泥棒だ」と実際に言う人がいました。
サマワに行って来い!もしくはお前が救助活動しろ!
イラクで怪しげなヨードを「万能薬」(胡散臭!)と称して売っていた連中については言及なし。
ろくでなしだな、としか言いようがない。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-10-25 23:42 | 今日のニュース・雑考
<< てるてる坊主 温度差 >>