温度差
昨夜から、新潟に住む親戚や知人が心配で気分が落ち着きません。
今日やっと連絡が取れた親戚は、なんと一家(一族)揃って新潟を離れて旅行中だったために、被災に遭わなかったとか。
なんとか帰宅したそうですが、そもそも新潟市だったので被害は少なかったそうです。
一応ひと安心。
しかし知人と連絡が取れない…。
と言うか連絡なんぞどうでもいいから無事でいて欲しい。

土曜日は仕事帰りに某駅で待ち合わせをして、そのまま食事、お茶などしながらずっと外にいたので、こんな大規模な震災になっていることを知ったのは夜中近くでした。
東京で1回目の揺れを感じた時には駅の地下にいたので大きな揺れは体感せず、でも「地下でパニックになったら嫌だなぁ」くらいのことしか思っていなかったし、その後は移動が多くて地震に気がつかなかった。
帰りに乗ったタクシーにテレビが付いていて、何か物々しくニュースを流し続けていたので運転手さんに「何かあったんですか?」と聞いたら「えっ!?新潟ですごい地震が起きたんですよ!!」と教えられて初めて知りました…。

夜でも明かりが煌めく繁華街の大通りを笑いさざめき時には嬌声を上げながら歩いていた人達(私もその中の1人)と、同じ時間に闇の中で恐怖を味わっていた被災地の人達。
その温度差が、何か怖かった。

今も揺れが来ました。
途方もなく怖い。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-10-25 00:30 | 今日のニュース・雑考
<< 被災者を餌にするマスコミに少々... だから左翼は… >>