読書の秋は本格推理とミステリーホラーを(ちょっと色気も)
風邪を召しまして候。
熱があって少々頭痛も感じますが何より腹具合が悪い。
昨晩妙にお腹のあたりがムカムカして変だなぁと思っていたら、腹に来たらしい。
ただでさえデフォルトで1日最低3回は排便する快腸娘の私なので、こんな時は大変です。
今日が休みの日でよかった。
変な(世間一般の会社とズレた)週休2日制だと曜日感覚が狂いますのう。
でも私は世間一般の人々がお休みの時に働いて、皆さんが働いている時にゆったり休むのが好きなので、これはこれで悪くない。

こんな体調なのに明日・明後日は地獄の残業予定日です。
定時出勤の希望シフトを一度は受理しておきながら、「ごめん!息吹さん、6日・7日さ、やっぱり○時までやってくれないかな?」とすがるような目で脅迫する素晴らしい会社(と言うか上司)。
おうとも稼ぐさ。同情よりもカネが欲しいお年頃ですから。
(いい加減古いネタだがつい使ってしまう)

秋の夜長はどう過ごしますか?というお題のトラックバックテーマがあったと思いますが、私は平凡ながらやはり読書でしょうか。
ファン待望の(私はすでに切望、いや渇望の域でしたよ…)綾辻行人の館シリーズ最新作を買ったのですが、これがすごい厚さでさらに上下巻2冊に分かれているのです。
定価は各1,000円。新書なのに…トホホな値段。
でも結末を読むためにそこまで至る過程を読むようなものだからね、綾辻さんの本は。
頑張って一気読みしたいと思います。
(大体熱中して一気読みになっちゃうのだ)
あと今邑彩の「よもつひらさか」も買ったまま未読だったので、それも読みたいです。
文庫版が出たので買った竹本健治の「匣の中の失楽」も再読したい。
ミステリばかりだと疲れるので美容本や平安時代の男女考察本なども読みたいと思っています。
買っても読む機会を逸して“積ん読”のままになっている本がワンサカとあるので、本を読みたい時にわざわざ買いに行く必要がないのは楽かもしれない。
軽く何か読みたい時は下山手ドレスが定番なんですけれどね(笑)。

でも今晩は湯船によく浸かって温まって早く寝よう。
風邪に負けている暇はないのよ~。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-10-05 16:12 | 読書・漫画・TV
<< 警戒警報! Abahouse Devine... >>