民主党はダメだ、自民党もダメだ、麻生は最低だった
匿名掲示板においてもこのような認識が増えてきたのでしょうか。
まとめサイトの編集では後ろ二つの認識に対する異論が掲載されない傾向にあるのでもはやインターネットユーザーの総意として認められつつあるのかなという気がします。
コメント欄などで麻生最低認識に対して異論反論を述べる人はもれなくネットウヨク、あるいはネトウヨと認定されます。
民主不支持や自民支持ではなく麻生支持が嫌韓厨的なネトウヨと見なされるのだからもうこりゃダメかもしらんね、最後まで日本を捨てずに日本人であり続けることだけが自分に残された唯一の抵抗手段かもしれんねと死に逝く者の気持ちになりつつあります。
「自由と繁栄の弧」構想は日本にとってだけではなく世界的にも画期的な構想であり、実現に向けて共感を示してくれる国は多いだろうと思っていた私が間違っていたのでしょうか。
ソ連邦崩壊後、米中二極化の世界でいわゆる第三世界や旧東側陣営の経済成長の妨げとなる大きな要員はどちらかにつかねばならないこと、そしてどちらを選ぶにせよ選ばないにせよ米中の経済が自国の経済に大きな影響を及ぼすことです。
「米国が咳をすると日本が風邪をひく」という現象が日本に限らず起きてしまう。
米国との軍事的対立を前面に打ち出さなくなった強いロシアにとっては美味しい状況です。
(メドたん以降若干支持率が落ちたとはいえロシア国内でのプーチン人気は相変わらず凄くて民主的であるよりも「強いロシア」であることがロシア国民最大の願いっぽい…が、私も民主的に腐る日本よりも民主的かつ「強い日本」を望みたい)
ロシアの台頭も望ましくないと考える国が多いわけで、米中ロいずれも強権的かつ支配的だから嫌がられるのだろうと推測。
そこで「自由と繁栄の弧」構想が米中ロ支配に否定的な国々の経済活動の発展を切り拓く道として非常に有効であり理解を得られると私は踏んだのですが、肝心の日本国民が全然理解してくれなかった、否定した。
麻生さんが総理大臣になってやりたかったことは多分これなんだけど、世界大不況という非常事態を迎え撃つことがまず先決という状況だったことが災いして「麻生さんは総理の器じゃない、外相でよかった」という解釈が一般化してしまったことは非常に口惜しいことです。
外相時代の麻生さんにお会いできた際、松純先生に「麻生さんはやはり総理大臣を目指しているのですか?」と些かアホな質問をしたところ、「総理大臣にならなくては実現できない目標もある」とご回答頂けたその「目標」こそが「自由と繁栄の弧」構想の実現を指していたのではないかとのちに気付きましたが読み誤っていたら松純先生にすごく謝らなくては。
しかし麻生さんの「自由と繁栄の弧」構想は日本人に認められることなく暗愚な首相であったという認識のまま時代を経るのではないかと最近思うようになりました。
別に国政で下手打ったわけでもないんですけどね。
首相が立て続けに交代したことが非難されていますが、麻生さんに限っては失政など何もないのに降ろすべく降ろされた人であって、麻生さんに対する評価も「暗愚」であることがあらかじめ決定しており辞任後も麻生さんの名前が上がる際には熱烈な批判や誹謗中傷を呼びます。
ちなみにネトウヨは麻生さん嫌いだと思います。
麻生さんはエネルギーの新旧交代時代を経た元経営者ですから経済的実利主義者であり愛国心は当たり前に持っているだけというあまりイデオロギッシュな方ではありません。
日本の実益=国益に繋がる前提なら中国・韓国とのお付き合いも大いにありだよって人です。
だから嫌韓厨的なネトウヨ、或いは日米離反を掲げる反米厨にも支持されるわけがない。
私はイデオロギーよりも国が富むことによって国民の不満を緩和させ、平均的満足度を上げることのほうが国家の安定と成長に繋がる大事な要素だと考えていますが、そういう考え方が支持されなかった、あるいは否定された結果が麻生さんの評価に表れているのでしょう。
麻生さんはマキャベリ=役立たずの理論を展開した思想家として名を残すかもしれません。
国民が麻生さんを役立たずの無能と判断・評価したのだから異論は認められますまい。
そして私のような麻生支持者こそが麻生さんに対する不安要因であるという指摘は当たっているのかもしれません。
麻生支持辞めるか麻生支持を明言しないか、ともあれ麻生さんの名誉を少しでも挽回するためには口を噤まなくてはならないという選択を受け入れるのは身を切られるほどつらい。
しかし本当に確実に麻生さんの汚名撤回に繋がるのであれば北朝鮮に送られても構いません。
そういう熱意が危険思想だと指摘される所以ですが、麻生さんに対する不当な評価を覆すためなら社会のゴミである私なんぞ死んでもいいのです。
死んでも逆効果なのでブログ活動に留めているわけですが、それでも盲目的な狂信者ですか?
麻生支持者は麻生さんと対立する政治家や政治活動家をぶっ殺すとでも思われているのか、以前から不思議に思っていたことです。
麻生さん自身がテロリズム的行為を否定する人なのに麻生支持者が暴徒になるかしら。
んー、まあ昨年の衆院選後しばらくは効果的な抗議自殺の方策をずっと考えていましたけれど。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-08-03 23:51 | 今日のニュース・雑考
<< ひまわり 総務省…だと…? >>