「ほっ」と。キャンペーン
歴史教育の穴+国連総長は同胞の内政干渉をやめさせないのか
国際組織「日本は自国解釈のみ反映」 歴史教科書“一方的”勧告
NSN産経ニュース 2010.7.25 09:47


国際組織「児童の権利委員会」が、日本の歴史教科書について「日本の解釈のみを反映している」などと批判し、日本側に是正を勧告していたことが24日、分かった。具体的な問題点や教科書名には触れていないが、日韓が対立する歴史認識の問題をめぐって、一方的に日本に“譲歩”を求めているようにも受け取れる内容で、外務省などは勧告に困惑気味だ。

同委員会は、18歳未満の権利についての国際条約「児童の権利条約」が、締約国で履行されているか審査する組織。


6月に採択した日本に対する文書で「歴史教科書が、歴史的事件に関して日本の解釈のみを反映しているため、地域の他国の児童との相互理解を強化していないとの情報を懸念する」と批判。そのうえで、「アジア太平洋地域の歴史的事件に関して、バランスのとれた視点を反映することを確保するよう勧告する」としている。

歴史教科書は中学だけで9種類(平成22年度用)あるが、教科書名は特定せず、具体的にどういう情報を基に何を問題視しているかも明示していない。

ただ、委員会の審査段階では、日韓併合や「従軍慰安婦」という言葉の是非などについて議論を行った日韓歴史共同研究が取り上げられ、ドイツ人委員が日本側に質問したことがあった。

委員から質問を受けたという文部科学省の担当者は「教科書の記述について具体的な質問もなかったし、韓国のことを単に『コリア』と呼んでおり、北朝鮮との違いも明確ではなかった」と首をひねる。


韓国と歴史認識が異なることを理由に日本の教科書是正を勧告しているとすれば、重大な問題だ。

勧告には法的拘束力はないが、外務省の担当者は「適切に対処する、としかいえない」と困惑している。

外務省によると、同委員会委員は条約締約国の選挙で選ばれ、学識経験者や「人権の専門家」ら18人で構成されている。政府関係者によると、非政府組織(NGO)や日弁連などの見解の影響を受けることはしばしばあるという。

教科書問題に取り組む「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は「教科書をどのように書くかは、その国の教育の根幹にかかわる。不当な内政干渉で、断固拒否すべきだ」とする要請書を外務省に提出した。



国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告
聯合ニュース2010/06/16 09:13 KST


【ジュネーブ15日聯合ニュース】国連子どもの権利委員会が、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の歴史に対するバランスの取れた視点がみられないと指摘し、是正を勧告した。

15日に公開された委員会の報告書によると、先月25日から今月11日までの第54会期で、日本の「子どもの権利条約」履行状況を審議。その結果、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の他国の学生との相互理解を強化できないだけでなく、歴史的事件を日本の観点でだけ記述していることが懸念されると指摘した。そのうえで、「アジア太平洋地域の歴史的事件に対しバランスの取れた視角を示せるよう、教科書を公式に再検討することを政府に勧告する」と述べている。

また、華僑学校や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の学校など、他民族出身の子どもたちが通う学校への支援が十分ではなく、こうした学校を卒業しても大学入試に必要な資格条件が認められないことも懸念点だとした。非日本系学校への支援を拡大し、大学入試などでの差別を撤廃するよう勧告した。

さらに、開発途上国の児童の人権を優先的に考慮する政府開発援助(ODA)を拡大し、アイヌや韓国人など少数民族出身の子どもたちに対する差別をなくすことも勧告した。

同委員会の李亮喜(イ・ヤンヒ)委員長は、2004年の日本に対する総括所見で首席審議官として活動している。今回も歴史教科書と朝鮮学校差別問題を積極的に提起した。先ごろの聯合ニュース特派員の取材では、「これら問題は、人権条約履行状況を検討する際、継続して提起していく必要がある」との考えを示している。今回の報告書は、今後行われる日本に対する国連人権理事会の普遍的審査(UPR)でも活用されるだろうと述べた。



国連児童権利委、日本歴史教科書問題点を指摘
中央日報 2010.06.18 10:36


国連児童権利委員会(委員長イ・ヨンヒ成均館大学教授)が日本の歴史教科書の問題を指摘する報告書を出した。

16日(現地時間)に公開されたこの委員会の報告書は「日本の歴史教科書がアジア・太平洋地域他の国子供たちとの相互理解を増進することができないだけでなく、歴史的事件を日本の観点でばかり敍述していることを懸念する」と指摘した。
委員会はこの報告書を通じて日本政府に教科書内容の見直しを勧告した。児童権利委員会は先月 25日から今月11日まで国連本部で会議を開いた後、この報告書を作った。イ教授は委員会で日本の歴史教科書問題についてずっと提起してきた。



国連児童権利委員会委員長李亮喜(イ・ヤンヒ韓国成均館大学教授)

民主党政権が高校の授業料無償化政策を施行するにあたり、各種学校に過ぎない北朝鮮系の朝鮮学校を対象とすることを先送りすることを、決定してすぐに国連児童権利委員会が日本に対する恣意的な内政干渉をして来た事に憤りを感じると同時に不可思議な思いを抱いたのですが、この引用記事でその背景が解りました。
この報道に関して日本のマスコミのほとんどは国民に伝えることをしません。
理由は2つあります。一つは、これを報道すると国連児童権利委員会の委員長が誰かも明らかにしなくてはならず、勧告の内容もさることながら韓国人女性学者が委員長であることで、その勧告そのものに疑義を唱える国民からの反発を恐れているからです。
もう一つは、不肖敬天愛人が調べてみたら、国内の反日左翼勢力及びその配下にある左翼NPO団体等が彼らお得意の“人権問題”を盾にした牽強付会の論理を基に、すでに外務省・文部科学省の仲間達を抱きこみ、国民に知らせずにこの卑劣極まる勧告を唯々諾々と受け入れ既成事実化しようという魂胆があるようです。
中韓を中心とした特亜反日勢力と国内の左翼反日勢力が連携しているのは、今に始まった話ではありませんが、韓国は反日では右も左も無条件に一致団結しますが、韓国人の播事務局長率いる国連を私物化して、一つの委員会の長まで韓国内で親北左翼の闘士である女性学者を起用して、毀日を画策しているのです。
この国連児童権利委員会(=韓国の反日団体)の勧告に対して、日本政府は毅然とした態度で対応しなくてはなりません。


※青字引用部分は個人ブログの見解記述につき正確性を保証致しません。


児童、子供を冠する団体は詐欺師か国家解体工作員だと思っていいですね。
人権問題の専門家が日弁連ってもはや新鮮味も何もない白骨化したギャグですしー。
それにしても韓国政府ってよっぽどヒマなんですね。
過去の歴史をコリエイトするより未来の歴史をクリエイトするほうが建設的なのに、いまだ気分は朝鮮併合時代、のちの反日日本人の入れ知恵で学んだ「謝罪と賠償」がいつまでも無尽蔵にカネを得られる手段だと信じ切っている。
そんなのないよ!とさんざん言われても「私は必ず埋蔵金を見つけ出す!」と豪語したり、「ない袖も振れる!」と豪語したアホの言うこと鵜呑みにしちゃうような国民性なんでしょうか。
あと質問したドイツ人もアホタレ。
ジャーマニーがこんなに頭悪くなって韓国人の下っ端になっちゃうほど腑抜けになったとは、かつての同盟国として落ちぶれぶりに哀笑せざるを得ません。
ドイツ人の誇りなんて所詮戦争による勝利でしか得られない薄っぺらいものだったんですね。
負けてしまえば誇りなんか簡単に捨て去るゲルマン人、さらばかつての盟友。

猛暑で半死半生の日々の中、活動時間中の大半が読書に費やされています。
更新頻度が低いのも、PC立ち上げるのもめんどくさいとかモニタに向かってキーボード弾いているうちに意識朦朧というか意識混濁してくるとかそういう状態だからです。
ただ、意識が冴えてきた夜(夜中)には結構探し物しながらロムっていたりします。
んで思ったことが、日本史にせよ世界史にせよ学校教育は視野が狭いということです。
いや、視野を狭めないと覚えきれないのかもしれませんが。
しかし、日清・日中関係や朝鮮併合時代や抗日運動ばかりを独自教材を使ってまで深く掘り下げる時間があるならその分もっと有効な勉強したほうがいいのではないか?と思うのです。
文明開化以降日本史がぶつぶつ切れてわかりにくいと教え子の立場の頃から思っていたのですが、日清・日露戦争がどうして始まったのかとか、そのへんよくわかんないんですよね。
もしかして日英同盟が日露戦争に関係したのか?という疑問も湧いてきましたし。
明治以降、日本史が世界史に交わることになったため、太古の昔から落ち着いたためしのない欧州の揉め事に日本も巻き込まれざるを得なくなったのに、日本史ではあくまで「日本」にのみこだわっているからぶつ切りっぽくなり経緯が読めなくなるのかなぁという火葬も生まれます。
WW1に至る前~WW1~WW2まで通しで学ばずWW2の東アジア戦線と太平洋戦線だけ覚えても、それってWW2を学んだとも言えないような…。
そういう意味で中国や韓国に構いすぎな歴史教育が視野狭窄を引き起こしているとも。
ちなみに自国の歴史教科書は年表と場所が間違っていなければ他国にどうこう言われる筋合いのないものです。
ましてや日本は教科書が民間会社から発行されており、選択の自由があります。
選択の自由を阻止する運動も刑法に引っかからない限り罰則もなく自由です。
親日派(※併合時代に商売かなんかで日本人と関わりがあっただけとかの人も含める)の財産没収なんて非近代的なことを堂々とやらかしてる祖国を恥じ入ってから物を言え!李亮喜!

国連総長が無視するなら日本はもう国連分担金を支払わないってツイッターで飛ばすからな!

それにしても今回参院選に出馬して敗退した元杉並区長が何を言ったのか知らんですが…。
(旧日本軍と関わりを持った)「チャンドラ・ボースはインド独立に貢献していない!」なんてインド人が聞いたら「杉並区に居住する歴史学者の会」代表の中村平治宛にインド政府から正式な抗議声明文が送られてきても不思議ではない暴言を吐いているような気がする。
この人はカンボジアでベトコンを誉めちぎりベトナム軍の素晴らしさを説いちゃうタイプだ。
ポルポト政権が酷かったことは言うまでもないが、カンボジア国軍もベトナム軍もカンボジアを解放に導いた正義の味方というわけではなかったからねぇ(地雷埋めたのは米軍だけではない)。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-07-25 23:25 | 今日のニュース・雑考
<< 冷戦時代=束の間の安定+追記 食生活史/日本とトルコは本当に... >>